×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




それは40年と数年昔のお話。
北海道は大雪山にて山に籠り・・鍛練に打ち込んでいる親子が居ました。

親の名は『巴二十八(ともえ にじゅうはち)』、子の名は『百文字 豪介(ひゃくもんじ ごうすけ)』。
名が示す通り、血の繋がりは無い2人。本当の親子では無い2人だけれど・・・。

本当の親子の様に、気兼ねなく。本当の親子の様に厳しくも温かな家庭を築いていました。


そんな2人が山籠り。理由は一つ『強くなりたいから』。それは親の願いでもあり。また子の願いでもありました。
子はメキメキと強くなっていきました。そんなある日の事でした。

それはもう何も教える事は無い。下山をし、お前が信じる道を進むのだ。と、父が勧めたあの日あの時。
片眉を剃り上げた若者が二人の前に現れます。その男の名は『大蛇毒砲』。

大蛇毒砲はこう言う。

「『柔道界のドカ男』が此処に居るって聞いてよぅ。」


巴二十八が答える。

「へへ。おいらと勝負って訳かい、片眉のあんちゃん!」


大蛇毒砲は嬉々として。

「話が早くて嬉しいねぇ〜。なぁおい。楽しく、闘(ヤ)ろうぜ!!」


結果……。

巴二十八は死にました。享年60歳。尋常なるは死合の結果でありました。

子は激怒します。今ぞ仇討ちッ!しかし・・恐るべしは大蛇が瞳。
何者をも射抜くその瞳にて、その子は。百文字は射抜かれました。

そして気が付いたら・・・。『百文字は“土下座”をしていたのです。』


憎い仇はこう言い放つ。


「故郷(くに)に、帰(けぇ)んな。」


「お前ぇさん、『こっちの世界』じゃあ生きちゃいけねぇぜ。」


そう言い残すと、仇はその場を去っていきました。


結果、百文字は傷一つ負わずに済みました。

しかし、それは・・・。

自分が持ってる失ってはならない、『 大 切 な 何 か 』と引き替えに。

百文字は、失意の中。あてもなく山中を彷徨い続けました。



  そんなある日。



  百文字は、出会うのです。


  そう。

  それは・・・。


  その『出会い』こそが・・・!






・・・・







滅び行く、母星(ほし)を後にして。

それから・・・。
どの位の時が経ったのであろう・・・?

流れ着いた星の名は。



  ーー ー 『 地 球 』 。




母星(ほし)とよく似た、青くて美しい地球(ほし)だった。

緑溢るる青い地球(ほし)。
けれど。それは、決して自分にとって優しい地球(ほし)では無かった。


遅れた文明。同種すら差別をし合うその社会。
どちらも自分にとって、厳しい環境であると言わざる得なかった。

そんな自分を救ってくれたのが・・・。


『 百文字(ハンドレッド)であった。 』


モノを言わぬ。
感情すら無いと思われる、鈍感な彼(ハンドレッド)であったが・・・。

必死に自分から学ぼうとする彼(ハンドレッド)を見ていると・・。
己が不幸を、嘆き悲しみ。何もせず生きていく事が、『 罪 悪 』であると思えてならなかった。

だから私は・・・。
この地球で『生きて行く』と決めたのだ。

姿も。形も。寿命すらも違う人間。

けれど、私は・・・。


『 生 き て 行 く 』と決めたのだ。


そして私達には夢があった。


それは『子を育む事』。しかし悲しきは別種族。どうやっても懐妊する事が出来なかった。

そんなある日の事。1人の老人と邂逅する事となる。

その老人の名は・・・『柳生月心斎』。






・・・・







それは奇妙な老人であった。
158cm。47kg。寝むそうな顔に、語尾は『よん』付け。

何処からどう見ても、強そうに見えないのに・・・。
針で突き刺すような研磨をされたオーラを持った老人。

その老人こそが『柳生月心斎』。日本防衛軍空軍長官。
月心斎は雅号であり、本名は「十蔵」と言うとの事。

今日この日。百文字こと、ジ・ハンドレッドとレディ・ミィラは柳生宅に来訪をしていた。

現状の報告と。遂に『赤胴鈴之進(あかどう すずのしん)』と戦う日が来た事を告げる為に。

柳生月心斎が話かける。

「いよいよ、鈴之進ちゃんとの死合のようだねん。」


ハンドレッドが答える。

「ああ。柳生の爺さんから見れば裏切り者を始末する事になる。」


柳生。

「それはちょっと違うよん。ワシが頼んだのは『鈴之進ちゃんの息子が脳死』になる前だからね。」

「鈴之進ちゃんは息子に自分の修行に付き合わせて、結果、脳死の重傷負わせてしまったのよん。」

「それを苦に武人よりも、1人の親として正しい選択を選んだんだろうね。」

「文句はあれど責める気はないよん。」


ハンドレッド。

「その親としての責務もワシが奪う事になるな。」


柳生。

「百ちゃんが勝てたらだけどね。鈴之進ちゃんは強いよん。」


ハンドレッド。

「慢心するつもりは無い。だが我々の。」


レディ・ミィラ。

「そう。私達の夢の為には・・・。」


柳生。

「乗り越えなければならぬ道・・か。良いね、若いって言う事わ。」


ハンドレッド。

「若さを隠遁生活で曇らせる事無く、例え暗闇の暗黒道だとて、進むべき道を勧めてくれた柳生の爺さんのおかげです。」


レディ。

「宇宙船を修復させ、他種族間の性交を可能とする星を見つけ出す事。」


柳生。

「だが、その道には罪が伴う。もっとも、そんな道を勧めたワシが一番の悪党かも知れないねん。」


ハンドレッド。

「柳生の爺さん。ワシ等は我武者羅に突き進むのみだ。ワシ等はどちらも引く事の出来ぬ性分。」

「柳生の爺さんが勧めずとも何時か・・・、似たような道を選んで居たであろう。」


レディ。

「そして大恩ある、お爺の役に。日本防衛軍に蔓延る影を消し落とすが出来るなら・・・。それはせめてモノ救い。そう思っているわ。」


柳生。

「ふぉっふぉっふぉ。おだてても何も出ないよん?」


ハンドレッド。

「ではそろそろ。死合があります故。」

レディ。

「行きましょうか、この外道。私達が望む『夢』の為に。」


そうして、2人は去って行った。





     ・

     ・

     ・

     ・

     ・




柳生は呟く。

「鈴之進ちゃん・・・。因果なモノだね。」

「君もあの夫婦も誰よりも『子を愛するが故』に外道を歩まなくてはならない。」

「どちらも死んで欲しくないね。ワシは哀しいよ。長く生き続けると言う事は『幾多の哀しみ』を見届ける事に似る。」

「だがワシはまだ死ねぬよ。終わらぬ紛争。幾度となく若き血が流れ続ける中、おちおち死んでなんて居られんからのぅ。」

「どれ、一眠りでもするかの。」


ゴロン。

拳聖(柳生)はゴロリと横になった。






・・・・







「勝てるんだろうな。勝てるんだろうな、赤胴鈴之進(あかどう すずのしん)ッ!!」

そう言うは現チャンプのブラックゴールド。本名は「蔵金 馬黒(くらがね ばぐろ)」。
汚職の疑惑が常に付きまとう『国会議員』であり。事実汚職塗れの『秘密結社ブラッククロスの“幹部”』である。
大きな体をブルブルと震わせながら、ブラックゴールドは赤胴鈴之進にそう問うた。

「ご心配召されるな、ブラックゴールド殿。」

「剣を持っては日本一。そして銃刀法の中生き抜いた・・・。」
「“赤胴流”が必殺技ッ!『赤胴真空切り』を冴えをご覧いただきましょうぞッ!!」


無精ひげに無精ハゲ。ちょんまげを結った独特の髪型。
太い眉、暗黒世界に似つかわない、キラリと光る大きな瞳。

当年45歳。身長170cm80kgの小柄のマッチョ。赤胴姿のその男。

赤胴鈴之進はそう答えた。


ブラックゴールドが歓喜する。

「そうか!そうか〜!そうだよな!そうだよな!な!な!な!!」


赤胴鈴之進は淡々と。

「委細合切任せる事よろしきかと。」


ブラックゴールドは嬉々として。

「そ・そうこなくっちゃあいけないぜぇ〜クヒヒ!!」

「鈴之進。息子の事は任せておけ!必ず目を覚ます!!」

「医学の粋を結集させて、必ず甦らせてやる!!」


赤胴鈴之進は万感込めて。

「有難き幸せ・・!拙者、その言葉万感の思いにて噛みしめ“勝利への活路”を見出してみせましょうぞ!!」

「では、行って参りますッ!!」





     ・

     ・

     ・

     ・

     ・




1人残ったブラックゴールドがこう呟く。

「クヒ!クヒヒ!!ああは言ってるが・・・。」

「良くて五分だな。技では勝ろうが、体格差があり過ぎる。」


更に呟く。

「柔よく剛を制すとは良く言ったモノだ。『出来ねぇから“幻想”持つ』んだよ・・なぁ?」

「鈴之進の鋭利な爪の手刀から放たれる『10cm先の物を刻みつける“真空切り”』。聞こえは良い、実際強い。」

「だがよぉ〜う、やっぱ体格差があり過ぎるぜぇ〜え。オマケにハンドレッドは、木偶の棒じゃあないんだぜぇ〜ええ?」


そして怯えながら・・・。

「・・・ああ、怖い。恐ろしい。恐怖を覚える。」

「あんな!あんな化け物どうやって倒すんだよぉぉぉおおおおお!!クヒィ!!無理!絶対!無理だぁぁぁぁぁぁ!!」

「クゥゥゥゥゥヒィィィィィィイイイイイイ! イ ・ イ ・ イ ・ イ ィ ィ  ィ ィィ ィ  ィ ! ! ! ! 」


奇声を挙げたその“刹那”ッ!!


ドゴォ!ドゴォ!ドゴォ! (叩く叩く叩く!!)

ドォゴ!ドォゴ!ドォゴ! (床を床を床を!!)

ゴバァ!ゴバァ!ゴバァ! (崩れる崩れる崩れる!!)

ゴォバ!ゴォバ!ゴォバ! (床が床が床が床がァーッ!!)


異常なまでの恐怖。恐怖から生まれる破壊力。

そして、彼の力とは・・・。


こ ん な モ ノ で は 無 か っ た ッ ! !






・・・・







まばゆい照明と血香るマット。ワイヤーロープに囲まれた『四角いジャングル』。
そう。これが今夜も。そう。これが今日も『敗者の墓場』となる『地下プロレスのリング』であるッ!!

ジ・ハンドレッド!赤胴鈴之進!!共に入場完了ッ!!


   ッ


   ッ


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


赤胴鈴之進、こう言い放つッ!!

「拙者、赤胴流継承者『赤胴鈴之進』なるもので候(そうろう)」

「百なる人、今日(こんにち)この場で、死する者なりッ!!」


ジ・ハンドレッド、こうと答えるッ!!

「フッフフ。柔らのような体術と。」

「抜剣が如き『赤胴真空切り』を得意とすると聞くが・・・。」

「ワシもまた『プロレスリングの申し子』。そうそうと倒せるモノではない。」

「あべこべに死するは赤胴鈴之進・・・!貴様の方であるッッ!!!」


再び赤胴鈴之進、こう言い放つッ!!

「残念だが拙者には死ねぬ訳がある!『力付く』でも“生”は譲れんな!!」

ならば、ジ・ハンドレッド、こうと答えるッ!!

「奇遇だな。ワシ等も“そうである”ッ!!」


    程


    無


    く



  カァァ ァ ァ ア ア ア ア ア ア アア ア ア ン ン ン ンン ! ! ! ! ! ! ( ゴングが打ち鳴らされたぁぁああああ!!! )







・・・・




○超鋼戦機カラクリオー外伝

 クロガネの賛歌・番外 ー 響 鐘 ゥ ! 地 下 プ ロ レ ス 編 ! !  ー



 「 赤 胴 真 空 切 り ッ ! ! 







・・・・







両者共、手を開いたまま。腕をやや前に突き出し。そして静止画像の如く止まっていた。

両者、共に見えるのだ。無数の突きと、無数の掴みが・・・。

何処をどうすれば良いのか・・?最善の一手は何か?


「「「殺せぇー!殺せぇー!!」」」「「「ハンドレッド!その老いぼれを、身に付けている赤胴見てぇに血塗れにしてくれぇーー!!」」」

 「「「待ちに待ったこのカード!燃えるゥ〜!!」」」「「「今の時代はハンドレッド!古武術使いなんか目じゃないね!!」」」

「「「仮に負けても出血多量とかそーゆう話なるモンな!どっちに転んでも美味しいぃー!!」」」「「「早く動けよ。さぁッッ!!」」」


   ッ


   ッ



30秒が経過をし・・・。


ジリ・・・ッ! (ハンドレッドがにじり寄る。)


スゥ・・・ッ! (鈴之進が後方へ下がる。)


ジリ・・・ッ! (ハンドレッドがにじり寄る。)


スゥ・・・ッ! (鈴之進が後方へ下がる。)


故に距離は縮まない。

鈴之進!

「(凄まじきは圧力なり。)」

「(しかし、その懐に飛び込まねば、勝利は遠くになりにけり!)」


ハンドレッド!

「(歩みの軽い男であるな。)」

「(ならば、こうする・・・!!)」


其処でハンドレットは寄る方向を変えた。


真正面ではなく・・・。『コーナーポストに追い詰める様に!』


ジリ・・・ッ! ジリ・・・ッ! ジリ・・・ッ! ジリ・・・ッ! (追い詰めるハンドレッド。)


スゥ・・・ッ! スゥ・・・ッ! スゥ・・・ッ! スゥ・・・ッ! (追い詰められる赤胴鈴之進。)


ピタッ!(遂に追い詰めたハンドレッド!! 遂に追い詰められた鈴之進!!)


   ッ


   ッ


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


鈴之進!!

「(来るが良し。こうとなれば、手段は狭められる。読みとる事難しきに非ずッ!!)」

「(拳ならば手首を!頭突きならば目玉を!蹴りならばアキレス腱を『真空切る』ッ!!)


ハンドレッド!!

「(真空切りで狙われてならぬのは『鍛えようがない急所、及び腱』である。)」

「(岩をも切り裂くと言われる『赤胴真空切り』ならば容易にそれらを切り裂くであろう。)」


「(故に答えは一つであるッッ!!!)」


   ッ


   ッ


ズッッ ッ オ オオ オ ォ ォ ォ ォォ ォ ォ ォ ォ オオ オ オ オ オ オ 〜〜〜 〜 〜 〜 〜 ッ ッ ! ! ! 


膝蹴りであったッ!ジ・ハンドレッドのッ!!

40cm差がある両者!体格に勝るハンドレッドの膝蹴りはッ!

只、膝を上げるだけで『鈴之進の顔面』を捉えたッ!!

後方はコーナーポストであるッ!まともに受ければ『重の傷』は必死ッ!!

どうする赤胴鈴之進ッッ!!


   ッ


   ッ


ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド


  それは、予想外の動きであったッ!!


  ズォオ オ オ オ !(赤胴鈴之進は手を使ったのだッ!!)


  ブ ラ ァ 〜 ン !(その手でもって、膝蹴りに“ぶら下がる”ッッ!!)


「拙者こう見えても“大道芸”が得意で候(そうろぅ)ーッ!!」


ハンドレッド!!


「ならば“大道芸”を続けてもらうとしようッ!」


「『ヌゥうゥぉおおおぉぉォおおおおオ雄(オ) ーーーー ー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! 』 」



  グォオオオ!! (後方だァーッ!!)

  ォォォオオ!! (後方宙返りだァー!!)

  ォォォォォ!! (ただぶら下がっただけの鈴之進!!)

  オオオオオオ!!(そのまま後方にふっ飛ばされるゥーッ!!)


   ッ


   ッ


鈴之進!!

「赤胴流月面宙返りをお見せするで候(そうろう)!!」

「拙者ッ!身軽なる事『猿の如し』ィーッ!!」



  ギャルルル!! (ムーンサルト!!)

  ギャルルル!! (ムーンサルトォ!!)

  ギャルルル!! (ムーンサルトをしたァー!!)


  ギッシュン!! (着地それと共にッ!!)


  ドッキューン!!(良く弾む地下プロリングの特性を利用し、百文字に特攻ッ!!)


鈴之進!!

「今こそ赤胴流が“最終奥義”ッ!!」

「剣を持ったら日本一だッ!銃刀法施行されしこの世の中で“赤胴流を存続させる”にはッ!!」

「己が“爪”を刃と化しッ!薙ぎ払いの要領で『“真空の刃”』を創り出す事にあったッ!!」


「名付けき事『 赤 胴 真 空 切 り 』ッ! その首貰った、 百 な る 人 よ ォォォオオ オ オ オ オ オ オ ! ! ! 」


   ッ


   ッ


ハンドレッド!!

「首か、ならば試すが良いッ!!」

「我が師にして、我が父『巴二十八』に徹底的に鍛えに抜かれた『人間橋(ブリッジ)』の数々ッ!!」

「その修練により、培われた『鋼鉄が如き、我が首筋(しゅきん)』ッ!!」


「『ヌゥうゥぉおおおぉぉォおおおおオ雄(オ) ーーーー ー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! 』 」


   ッ


   ッ


  シ ュ パ ァ ア ア ン ! ! (切れたッ!!)


  ザ・・・ッ クリィ・・・・ッッ!! (真空切りが入ったッ!!)


  ブシュァアア!ボトボトボトボト・・。(鮮血が飛び散る中ッ!!)


  ゾクゥ・・ッ!!    (『赤胴鈴之進』は“戦慄”を覚えるッ!!)


   ッ


   ッ


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


  ガシィ!! (ベアハッグッ!)


  ガチィ!! (掴まれたッ!赤胴鈴之進がッ!!)


  ガキィ!! (その首“筋肉の鎧”にて出血こそ派手だが『 軽 傷 』で済んだのだッ!)


  ギチィ!! (連戦連勝の怪物ッ!無敗の『 ジ・ハンドレッド 』が攻めに転ずるゥーッ!!)


ジ・ハンドレッドォー!!

「レスラーへの賛歌 その14ッ!!」

「ワシは捧ぐるッ!

『人間発電所』と呼ばれた、ブルーノ・サンマルチノへと、

 こ の 『 B E A R  H U G 』を ォ ー ッ ッ ! ! ! 」


・『BEAR・HUG(ベア・ハッグ)』


 立位対面からのクリンチ状態より、両腕で相手の胴回りを抱き込み、
 絞り込むように締め付ける事で、相手の背骨から肋骨にかけてを圧迫する。

 その際に相手を持ち上げる事で、相手体重が加わり、より強いダメージとなる。

 ただし相手との体格差によっては、これが困難な場合もある。
 また締め付けだけで相手にダメージを与えるには、強い腕力が必要であり、
 相手を持ち上げる際にも、足腰の安定も重要となる。

 つまり、体格差、筋力差があればある程・・・ッ! 効 果 は 絶 大 ッ ! !


  ッ


  ッ


鈴之進!!

「グム!グムムム!!!?」

じたばたと足掻く赤胴鈴之進ッ!!

体格差は明らかであり!最早これは・・・!!

背骨を折られるのを待つばかり・・・ッ!!


  否

  ァ

  !


ブシャァァァアアアアアアアアアアア!!! (瞬間ッ!切れたァー!!)


 ー ジ・ハンドレッドの額が確かにも切れたッ!!


ギュォオオオオオオ!! (その隙、鈴之進見逃さず、見事にベアハッグを脱出ッ!!)

鈴之進!!

「真空切りを行う為、拙者の爪は日本刀の如き鋭さを持つッ!!」

「目を狙ったが回避するとは中々のツワモノよのぅ、百なる人よ・・・!!」


ハンドレッド!!

「貴様程の男が『見苦しい』と思ったからだ赤胴。」

「じたばたと足掻くにしては、余りに不器用だったのでな。」


鈴之進!!

「ホッホッホ。拙者大道芸は行えれど、芸の無い人間でな。」

「だからこうして『武芸』で稼いでいる。」


ハンドレッド!!

「フッフフ。ワシもまた芸の無い人間でな。」

「こうやって『プロレスリング』でしか伸し上がれない男である。」


鈴之進!!

「似た者同士ッ!」


ハンドレッド!!

「故に殺し合うッ!!」


鈴之進!!

「では再びッ!!」


ハンドレッド!!

「参るぞ、赤胴鈴之進!!」


ダッギュォオオオオオオオオオーーーーーーッッ!! (突進したァー!ハンドレッドの“突進”ッ!!)


 ー 鈴之進の背骨のダメージ軽く無しと見取りッ!!

 ー 現状『真空切り』は繰り出せないと踏んだからであるッ!!


   事


   実

   !


鈴之進!!

「(今の拙者に出来得る事は、この爪の刃にて急所を狙う事のみ。)」

「(ならば、この瞬間に『全てを賭けようッ!』)」

「(狙いは目。武道を信じよ。悟られず。読まれずに。平常心にて・・・ッ!!)」


「 何 ィ ッ ッ ! ! 」


その時、赤胴鈴之進が見たモノとはッ!!?






・・・・






それは。異形の戦闘術であった。
正にプロレスが故の攻撃方法と言えた。

突進して。ジャンプをする。

そのまま落下し、落下速度も加味した一撃を放つ。

其処までは良い。其処までは良くある話だ。

だが、顔面の前に『腕を“十字”。「X」に組むだなんて・・・!!』

これにより顔面の急所漏れなく固められたッ!

それもジ・ハンドレッドの丸太の様な腕(かいな)でだッ!!

これでは手の出し用が無いッッ!!


 ー そう!これぞ!!

   これぞ、レスラーへの賛歌 15ッ!!


 ー『千の顔を持つ男』と呼ばれるミル・マスカラスに捧げるッ!


  フ ラ イ ン グ ・ ク ロ ス ・ チ ョ ッ プ で あ ぁ ぁ ぁ ぁぁ ぁる る ! ! !



  ドッッッッ!!!


      ギュァァァァァアアアアアア


             ァァァァァアアアアアアアアアンン!!!



  ズドォォォォオオオオオオオウ!!! (仰向けに倒さるるは赤胴鈴之進。)


    ダァッ! (間髪いれずッ!!)


    ガチィ! (組みつきッ!!)


    グギィリ!(そして“首”をへし折った!!)


     ー それは余りにも無慈悲で。


       余りにも残酷な“現実”・・・。


       そうだ“現実”を突き付けた。


       何故なら勝敗を分けたのはやはり『体格差』であるからだ。


     ー 膝蹴り。ベアハッグ。フライングクロスチョップ。


       これらすべて『体格差』により、有利に繋がり。


      『体格差』により“勝利”を収めた“結果”へと結び付いたからである・・・。


     ー 最後に・・・。


       最後に“赤胴鈴之進”はこう呟いた。


      「進一・・・。音を挙げるお前を。無理に稽古に付き合わせてスマヌなァ・・・。」


      「進一を脳死(殺した)のは拙者だ。拙者は子殺しの罪を背負って・・・。」


      「拙・・者は・・・。地・・獄へ・・と・・・・。」



      「・・・・・・・・・・・・。」


       そして“赤胴鈴之進”は死に絶えた・・・。




            ・

            ・

            ・

            ・

            ・




  ー 赤胴鈴之進 男 年齢 45歳

    必殺技 赤胴流最終奥義・赤胴真空切り



           ・・・ ・ ・ ・ ・ 『  死 亡 。 』






・・・・







“赤胴鈴之進”の『控室』にて。

その様を見て居た『ブラックゴールド』は。

トチ狂ったように、嗤い転がっていた。


「クヒヒヒヒヒヒ!クァーハッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」

「負けた!負けたぞ!話にもならねぇーや、クヒヒ!クヒヒヒヒィィィイイイーーーッッ!!」


クヒヒ!   (嗤う!)

クヒイ!!  (嗤う!!)

クヒヒヒィ!!(嗤い転がるッ!!)


P@ (ブラックゴールドは携帯を取り出し。)


トゥルルルル!トゥルルルルルルルルル!!(電話をかける。)


プツ。(相手が出たようだ。)


ブラックゴールドがこう言う。

「おう、俺だ!赤胴の息子を臓器売買に流すんだ!!」

「親1人に子1人・・。親が死んで、子が脳死とか“お家断絶”じゃ〜ん!」

「骨の皮まで剥いで、売れるモンは全部売っちまいな!」

「適当に死因でっち上げてよぉ〜。一儲けしようぜって言ってるんだ、クッハッハッハッハァ〜♪」


異常!狂気!人でなし!!


プツ。(ブラックゴールドはそう伝えると電話を切る。)


そして、こう呟く。


「ああ・・・怖い。だがァ〜愉快だ!」

「怖くて!愉快だ!!愉快で!怖い!!」

「クァッハッハッハ!!クィヒッヒッヒッヒ!!」


ギョロォ!! (ギョロ目を剥いて、こう言い放つ。)


「クヒィー!もう駄目ェ〜。チョメチョメ、俺ちゃんイっちゃいましたァ〜!!」


「何かもどうでも良い!これからあんなのとヤるんだから・・・なッ!!俺ェエ様ァァァアアア〜〜〜〜〜ッ!!」


  ッ


  ッ


「もう止まらないッス!もう止められないッス!! マジ見せてあげますよ、マジッスよ俺ェ〜!!」


「俺が地下プロチャンプ! 俺が噂の“ブラックゴールド様”だァ〜ッ!!」


「クヒ♪クヒヒン♪♪ こぉ〜の俺、地下プロレスチャンプの“ブラックゴールド”様がッ!」


「『 ジ ・ ハ ン ド レ ッ ド 』ッ !  テ メ ェ を ・ ・ ・ “ ブ ッ 殺 す ” ッ ! ! 」



ギョロロォ!! (目線を鋼鉄製の扉へと向けッ!)


「偉そうに突っ立つな、扉風情がァー!!」


「カチンとキタ!俺を閉じ込めるな扉ァァァァアアアアアー!!!!」


「ダァァァァアアアアッシャァァァァァアアアアアアアアアアアーーーーーーッッ!!!」


ドッッグゥォオオオオオオオオオオオオオ!!! (ショルダータックルで“破壊”するゥー!!)

  ッ

  ッ

ガラァン!ゴトォン!! (弾き壊された扉が、鈍くも高鳴る)

  ッ

  ッ

運悪く目撃した清掃員が・・・!!

  ッ

  ッ

「〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!!?」(声にもならない悲鳴を挙げる。)

  ッ

  ッ

キョロォ〜? (ブラックゴールドがその様を見やる。)

  ッ

  ッ

「ん?君、清掃員かぁ〜い?」

「丁度良いトコロに来た。あのドアは君が壊した事にしてくれたまえ。」

  ッ

  ッ

「地下プロレスの暗黙の了解だ。『俺は“狂人”』なんでね。」

「だから称賛こそすれど、俺が泣こうが喚こうが『無視(シカト)』か『肩代わり』をブッコくのが懸命だって事さぁ〜!!」

  ッ

  ッ

「だから解るね?あれは君が壊した事にすれば良い。そうして地下プロは回っていられるんだ。チャンピオンとの口約束だゾ♪」

  ッ

  ッ


清掃員!!

「(コクコクコクコクコクコクコクコクコク!!)」(応えるように、高速で頷く!!)

ブラックゴールド!

「おいおい、愛想ってモンが無ぇな〜? こーゆう時は『返事』だろぉーう??」

清掃員!!

「ハ!ハヒィィ〜〜〜〜!!!」

  ッ

  ッ

ニコォン〜! (清らかな笑顔を浮かべる、ブラックゴールド)


「良い〜子だ!良いぃぃ〜〜子だァアア〜〜〜!!」


ナデナデナデェ〜ン (怯える清掃員の。)

ナデナデナデェ〜ン (頭を撫で子撫で子して。)

  ッ

  ッ

ゴッッキィィィィ!!(そして、そのまま首をへし折った。)

  ッ

  ッ


「クイヒイッヒッヒッヒッヒ!クィヒッヒッヒッヒッヒッヒッヒ!!」

  ッ

  ッ

P@ (ブラックゴールドは携帯を取り出し。)


トゥルルルル!トゥルルルルルルルルル!!(また電話をかける。)


「俺だよ。俺!俺俺詐欺ッスよ、俺〜!!」

「清掃員(奴隷)1人ブッ殺ちまった!後は頼むぜェ〜?」


プツ。 (電話を切り)


ブラックゴールドはこう嗤い放つッ!!

  ッ

  ッ

「クヒヒヒヒヒヒ!クァーハッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」

「やるぞ!やったる!ジ・ハンドレェ〜ッド♪ クヒヒ!クヒヒヒヒィィィイイイーーーッッ!!」

  ッ

  ッ


「『 ク ゥ イ ッ ヒ ッ ヒ ッ ヒ ッ ヒ ハ ハ ハ ァ ァ ァ ア ア ア ア ア ア ア ア ! ! ! 』 」


狂人にして地下プロチャンプ!

ブラックゴールドの恐ろしさは・・・!!



こ ん な モ ノ で は 無 い ッ ! !






ーーーーーー





 ・・・続く。