×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ドバババババババ バ バ バ ォ ウ ! ! !

撃つ!撃つ!撃つ!!
オッペンハイムが撃つ!ニセ妖爪鬼が撃つ!!

アサルトライフルを撃つ!!連弾銃を速射に連射だ!!
狙いは!ギガント肩上の黒衣の男!!“耐撃の百文字”をだッ!!!


ドドババ バ バ バ バ ! ! !


放たれる鉛の雨(シャワー)の中・・。

ギガントは・・。先端が砕け散った右の腕を横にし、銃弾を受けた!!
受ける。即ちは耐撃ッ!!耐撃をし!耐撃し!!耐撃の果てに必殺のプロレス殺法を繰り出すッ!!

ペースは攻めている『オッペンハイム』に無い!

ペースは!攻撃を受けてる『耐撃の百文字』にあるッ!!

だがそれは、これまでの攻防に置いて「百も承知!」
それでも撃つ!だからこそ撃つ!!

撃つ。それが有効な攻撃手段である限り、今撃たずに何とする?

だから撃て!これでもかと撃て!!

無論、無策に撃つ訳ではない・・・!!

受ければ受ける程、その破壊力を増す機体『ギガント28号』・・!!

対抗する手段はただ一つ。『更なる攻撃』で持って“ 打 ち 倒 す 事 ” ッ ! !

そ れ の み で あ る ッ ! !

 ッ

 ッ

オッペンハイム!!

「集中攻撃だ!」

ドバババババババ バ バ バ ォ ウ ! ! !

 そ

 し

 て


ガシッ!!

オマケのロビーが足となりてあの男も!!

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

 ッ

 ッ

オーデッド!!

「下半身を失った銃指威だが、ロビーの羅甲パワードが銃指威を担ぐ事にて、再び戦線に舞い戻った・・・!!」

「そして、見やれこの人差し指がッ!!」

 ッ

 ッ

 !

「オゥオゥオゥオ ゥ オ ゥ オ ゥ ッ ッ ! !」

「オォォオオ オ オ  デ ッ ッ ド ッ ! リ ィ ボ ル バ ァァアアア ア ア ーー ー ッッ ! ! ! 」




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





・・・・




○クロガネの賛歌 毘沙門外伝 ー 黒衣の粛清者 B ー



 第 3 話 「 一 人 ぼ っ ち の ニ セ 妖 爪 鬼 ・ ・ ッ ! ! 」





・・・・






撃つ!撃つ!撃つ!!
ギガント28号は再び銃弾の雨を浴びる事になる!

それは『アサルトライフル!』

それは『オーデッド・リボルバー!』

それは『暗宿(ダークラフレシア)!!』

  そ

  し

  て

  !


ズッッッッグオワァァァァアアアアアアアア ア ア ア ア ア ! ! !


「 チ ェ ス ト ー ! 」

  ッ

  ッ

  !


ドッッッッグシャァァ ァ ァ ァ


      アア アアアアアアアアア ア ア ア ア ア ア ア ! ! !


剛鉄鎚(ハンマー)でブッ叩く! 『 ギ ガ ス ラ ッ プ 』ッ ッ ! !

  ベ

  コ

  ゥ

  !

その一撃で!

ギガントの胸部が凹むッ!!

  だ

  が

  ッ

その一撃を皮きりにッ!

ギガント28号の“大逆襲”が始まったァー!!

  ッ

  ッ

  !

百文字!!

「レスラーへの賛歌 その16ッ!!」

「ワシは捧ぐるッ!

『破壊王』と呼ばれた、爆殺シューターへと、

 こ の 『 水 面 蹴 り 』を ォ ー ッ ッ ! ! ! 」


・『水面蹴り(すいめん・げり)』


 身体を沈み込ませ地を這うように、回転しながら相手に脚払いをかける。
 相手が技を仕掛けてきたのをかわして、カウンターで見舞うことも多く、
“破壊王”『橋本真也』は、この技でたびたび形勢を逆転してきた。

  ッ

  ッ

  !

ズンッ!! (ギガントは身を沈ませるッ!!)

ズズン!! (そして次の“刹那”)


グルルルルルルルルルルルルルウルルッ


           ルアアアアアアアアア ア ア ア アア ア ア ア ! ! ! !


地を這う様に体を回転ッ!!脚払いを仕掛けた!!

形式こそ脚払いではあるが!その図体が故にッ!!

下半身丸ごと狩り取るッ!!

『 大 鋼 棒 』となりゆるゥゥゥゥウウウウウウウウ!!!

  ッ

  ッ

  !

正に剛直大遠心ッ!!

さしものこれにはッ!!

高装甲を誇る『羅甲パワード・H(ホプロマシ)』もッ!!!


グワッシャァァァアアアアアアアアア


           アアアアアアアアアア ア ア ア アア ア ア ア ! ! ! !

  ・

  ・


  ・


ヘラ・・ッ!!

「・・無念だわ・・・・。」

哀れ下半身を蹴り砕かれ!その衝撃でヘラは気を失うッ!!

そして攻撃は其処で終わらず・・ッ!!

  ッ


  ッ


ロビーッ!!

「ひょえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」

オーデッドッ!!

「おんんんのれぇぇぇえええええええええええええええええええええええええ!!!」

  ッ


  ッ


ギョン!ギョン!ギョン!ギョン!ギョン!ギョン!ギョン! (砕け散った『羅甲パワード・H(ホプロマシ)』の下半身の破片!!)


ギョン!ギョン!ギョン!ギョン!ギョン!ギョン!ギョン! (強固なるパラメタルの砲弾が2機に襲いかかるッッ!!!)

  ッ


  ッ


 ドヴァヴァヴァヴァヴァッヴァヴァヴァッヴァヴァヴァ


                   ヴァヴァヴァヴァヴァヴァヴァヴァォォォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!

  ・

  ・


  ・

ロビー・・ッ!!

「たしゅけて〜〜〜・・・・。」

オーデッド・・ッ!!

「口惜しやぞぉぉお お お お ・・ ・ ッ ッ ! ! 」

メタルの散弾を機体一杯に浴びた2機・・。

オーデッドとロビーはそのまま気を失った。

  ッ


  ッ


脅威なるはギガント28号・・!一撃にて3機を撃破するッッ!!

しかし、その豪力の一撃が故、防御が甘くなり・・・。

ア セ ト は そ れ を 見 逃 さ な か っ た ッ ! !

  ッ


  ッ


ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド

アセト・・!!

「・・黄泉の国へ行きますか?」


ギュオン・・!ギュオン・・!ギュオン・・!ギュオン・・!

ギュオン・・!ギュオン・・!ギュオン・・!ギュオン・・!


暗宿(ビット)が上空四方から・・・!!

ギガント肩上の『耐撃の百文字』に狙いを定める!!


アセト!!

「・・正面はお任せ致しますよ。オッペンハイム様。」

オッペンハイム!!

「様付けは止めなさい。だがようやく決定的な好機(チャンス)がやってきたぜ。」

アセト!!

「・・逆境○!この一斉攻撃で!!」

オッペンハイム!!

「 傭 兵 魂 ッ ! ! 」


ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!

ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!

ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!

ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!

  ッ


  ッ


  !

発射された!『ニセ妖爪鬼』から!『羅甲パワード・SS(シャープシュター)』から!!

『アサルトライフル』が!『暗宿(ビット)』が!!『耐撃の百文字』目掛けて!


 四 方 に 八 方 ッ ! ! !

 縦 横 無 尽 に ィ ー ! ! !


  ッ


  ッ


  !


さしものこれには、耐撃の百文字と言えど・・・!!

「ぐぅ・・・!!」

呻き声をあげ・・・!!!

ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!ドバ!ビギュ!

  被

  弾

  を

  し

  た

  !


ドォカァァァアアアアア


     アア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ン ! ! !


  モク

     モク


   モク


    モク


   モク


    モク


噴煙が上がる!勝負は決したか!!?


    否


    ァ


    !


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

それは・・・『ギガント肩回りの球体』であった。

直径4mの鋼鉄球を両の手にして担ぎあげる!!

膝は片膝を着く。そうする事によって、被弾面を少なくする。

前方はギガントの両腕だ。ニセ妖爪鬼の攻撃を腕でシャットアウト。

そして「暗宿(ビット)」攻撃を・・・!!

百文字は『 鋼 鉄 球 』で 防 ぎ き っ た ! !

  ッ


  ッ


百文字ィー!!

「ではワシの反撃であるな!!」

「ギガントォオオオオオオオオオオ!!!」


ギガントォー!!

「グ”ギ”ャ”ォ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”!!!」

    ッ


    ッ


  ー ダ ン ッ !

  助走ッ!

  ー グ ゥ ・・ ・ ン ッ !

  跳躍ッ! 加るるにッ!!


  ー ズ バ ァ ァアアアーー ン ン ッ ッ ! !

  横転にて、捻りを加えるッ!



   ゴ ッ ッ ッ  バァ アアア アア ア ア



             アアア アア ア ア  ア ア ア ン ン ン ! ! ! ! !




「再び受けよ!レスラーへの賛歌その1ッ!!『 大 車 輪 キ ッ ク 』 で あ る ッ ッ ッ ! ! ! 」

            ッ

            ッ

            !

オッペンハイムがすぐさま“水圧渦銃”パッチャーマグナムを撃つッ!!

「バキバキ Beatin Heart!!」


  ブシュオアアアアアアアアア


           アアアアアアアアアアアアアア!!!


水圧でギガントの勢いを“緩める事”にて!!大車輪キックの破壊力を『和らげる』ッ!!

           し

           か

           し

           !


      ゴ”ッ ッ ギ  ィ”ャ” ヤ”ゥオ ゥオ ゥ オ




                ゥ”オ”ゥ” オゥ オ ゥ”  オ” ゥ” オ ゥ オ ゥ” オ” ゥ” オ ゥ オ





        ゥ”ド”ゥ”オゥオオ”ォ”ォ”ォドドド ォ ォ ォ オ オ ドド ォ ド ア ァァァァ”ア”ア”ア”ア”ア”





                 ア”ァ”ァ”ァ”ァアアアァァァァ”ァ”ァ”アアアア ア ア ア ア ア” ア” ア” ア”ーーー ー ッ ッ ! ! !

                   ッ

                   ッ

                   !


違い過ぎた!余りにも違い過ぎた!それは『羅甲パワード・SS(シャープシューター)』の耐久力ッ!!


先に大車輪キックを受けた『羅甲パワード・H(ホプロマシ)』ととは耐久力が違い過ぎたのだッ!!故にッ!!


    ビキ・・・!ビキビキ!!ビキ!! ゴシャァァァアアアアアアアアアアアアア!!!


        鈍い音を立て、機体がヒビを割り!そのまま力無く!!

              「・・無念です・・・・。」

            バタァァァアアアアアアアアアアアン!!


              倒 れ 伏 し た ! !

                   ッ

                   ッ

                   !


         残るは一機!オッペンハイム駆るニセ妖爪鬼のみ!!

                   そ

                   の

                   瞬

                   間

                   で

                   あ

                   っ

                   た

                   !


          ダンッ!!  (大地を蹴り、宙飛ぶニセ妖爪鬼ッ!!)


          ヴォシャー!!(連動して地に向かいッ!!)


          シャァアア!!(“水圧渦銃”パッチャーマグナムを撃つッ!)

             ッ

             ッ

             !


      オッペンハイムッ!!

      「推定滞空距離『50m』だ。」


      「真正面から“気化冷凍ガン”を食らえ!!」


      耐撃の百文字!!

      「ギガント!右腕を盾として使うのだ!!」


      ギガント28号

      「グ”ギ”ャ”ォ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”!!!」

        ・

        ・


        ・

気化冷凍ガンの狙いは、耐撃の百文字!

その狙いを右の腕にて防ぐはギガント28号!!

     今

     ッ

     !


  カチン

      コチン

  カチン

      コチン
  カチン

      コチン
  カチン

      コチン
  カチン

      コチン
  カチン

      コチン
  カチン

      コチン
  カチン


カキン!コキン!カチン!コチン!!

ピッキィ〜〜〜〜〜ンン!!!

凍りつくは右の腕ッ!!

     ッ

     ッ

オッペンハイム!!

「ほれ。届けモノだ。」


ニセ妖爪鬼は更に、

アサルトライフルをギガントの右腕目掛け投げ付ける!!

     そ

     し

     て

     !

オッペンハイム!!

「ソイツをコイツ(ビームバズーカ)で撃ち抜けばヒビ位入るだろう!!」

「 狙 い は 外 さ ね ェ ・ ・ ! ! 」

     照

     準

     S

     E

     T

     !


「 捕 ら え た ぜ ・ ・ ! ! 」

          ッ

          ッ

          !


      ド”ォ オ ォ  オ”ォ” オ”ォオ ォオ ォ オ




                ォ”オ”ォ” オォ オ ォ”  オ” ォ” オ ォ オ ォ” オ” ォ” オ ォ オ





        ォ”オ”カ”カカカカ”カ”カ”ァアァア ァ ァ ァ ア ア アア ア ア ア ァァァァ”ア”ア”ア”ア”ア”





                 ア”ァ”ァ”ァ”ァアアアァァァァ”ァ”ァ”アアアア ア ア ア ン ン” ン” ン” ン”ーーー ー ッ ッ ! ! !

                   ッ

                   ッ

                   !


        ダメージは積み重ねられていたッ!!


        無数の『オーデッド・リボルバー』を被弾し!

        右手を『ギガ・スラップ』で粉砕されたのその右腕は!!

       「アサルトライフル」一丁を爆薬とした『ビームバズーカ』の熱撃に耐えうる事は出来ずッ!!


                結


                果


                !


ゴヴァァァァアアアアアアアアアア ア ア アア ア ア ア ア ア ア  ア ア ア ア ア ア ア ア  ン  ン ン ! ! ! !


ギ ガ ン ト の 右 上 腕 部 が 砕 け 散 っ た ァ ー ! !





ーーーーーー





 ・・・続く。