×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




間髪を入れない、淀みの無い動作で。


 ズシィ・・! (デスロイドは歩く!)


 ズシィ・・! (デスロイドは歩く!!)


 ズシィ・・! (デスロイドは歩を進める!!)



先の激戦。
企業戦機・ダグラスとの戦闘を、微塵も感じさせない、その『 無機質な前進 』。


身長2m。
体重250kg

黒く光るその顔。

射抜くと光るはその眼差し。


殺戮を旨とする『ゴーレム』は・・・。

機械的にも、歩を進め。


QX団が本部。電力が消失した基地内に。

その暗闇の中へと、入り込み・・・。

『兵器の人間』は、その身を『 機械人間(サイボーグ)の只中 』へと赴かせる。




そして・・・。

その全てを視認する男、『 教授(EEE=エロイ・エチャノバ・アイザック) 』 。


絶えたは望み。打ちひしがれるは、狂気の現実。

嗚呼、憐れなり、彼は今こう『絶望』をしている。



(知りたくは無かった。)


(知りたくも無かった。)


(一生知らずに済めば幸せだった。)


(恐ろしい・・。)


(己(オレ)は、恐ろしい。)


(何が恐ろしいかって、柔装甲(マハン)さん。)


(何を恐れているかって、企業戦機(ダクラス)さん。)


(一つは・・・。)


(その科学力です・・ッ。)



・『 電 磁 フ ィ ー ル ド 』


 人間大の科学(サイズ)で、

 科学(バリアー)を発生出来る『 科 学 技 術 』など、 聞 い た 事 も な い 。


 その科学力を戦闘に応用する、侵入者(=デスロイド)の科学(タクティクス)もさる者ではあるが・・・ッ。


 企業戦機(ダクラス)さんの戦法は『 何一つ間違いは無かったッ!! 』


 あんな反撃など『 読 め る 訳 が 無 い ッ ッ ! ! ! 』



 未知なる者との戦闘ッ!

 その事柄にして、既に『後手ッ!』

 だのに『 未知なる科学 』とも『 相対しなければならない 』などッッ!!

 どうしようもない位に『 戦力差は絶望じゃあないですか! 柔装甲(マハン)さん!! 』




(どうしようもない位の戦力差ッ!!)


(それは、ただ歩を進める侵入者(=デスロイド)からも伺い知れる事ですッッ!!)



・『 歩 行 速 度 』


 時速4kmの保持ッ!

 真っ暗闇と化した、基地内の歩行にも関わらず、その速度を保持している言う事ッッ!!!

 科学(アンサー)は一つですよッッ!!!


 侵 入 者 ( = デ ス ロ イ ド )は ッ !  暗 闇 を 苦 と し な い の で す ッ ! !


 まるで『 闇 夜 』を『 行 』く『衆(モノ)』だッッ!!



 そして、その裏付けがッ!

 今、己(オレ)の科学(シナプス・アイ)に投影され続けている、この科学(ムーヴメント)にあるッッ!!!



ズシィ・・! (時速4kmの保持しッ!)


ズシィ・・! (暗闇を闊歩する侵入者ッッ!!)



その前方に、倒れては伏す・・・ッ!


QX団サイボーグ・『闘売女(バトルビッチ)・ズレアバーシャ』の肢体をォ・・・ッッ!!



スッ・・・。 (大股を広げる事によりッ!)


ズ・・シィ! (闘売女(ズレアバーシャ)を避けッッ!!)


ズシィ・・! (そして、何事も無かったかのようにッ!)


ズシィ・・! (再び、その歩を進めているッッ!!)



 これは『闘売女(ズレアバーシャ)の肢体(からだ)』を 視 認 しなければ出来ない 行 動 で す ッッ ! ! !



(そして、この行動はッ!)


(この己(オレ)、教授(EEE)にッ!!)


(確実にも訪れる『 死 の 恐 怖 』を刻み込む事になったのですッッ!!)



( 何 故 な ら 、 そ れ は ・ ・ ・ ッ ! ! ! )




・『 進 行 方 向 』


 左にッ! 右にッ!!

 迷宮にも似る、この基地内部の通路を、左に右にも曲がるのはッッ!!


 一直線に己達(オレたち)の居る、この『部屋』へとッ!!


 向 か っ て い る 事 を 意 味 し ま す ッ ッ ッ ! ! ! !



 嗚呼、あの迷い易いッ!!


 科学(オールヌード)の銀装隠密(オレグレイ)さんが、一人泣きべそ掻いて迷子になった、あの十字路まで、知っているかのようにッッ!!!


 否(いいや)ッ!

 侵入者は『知っているのだろうッッ!!』


 己(オレ)の科学(リースニング=推理)は確信に変わったッッ!!


 電力の消失ッ!そして同時機と思われる、この『侵入者の襲撃』はッッ!!


『 動 け る 者 、 全 て を 排 除 し ッ ッ ! ! 』


『 動 け な く な っ た サ イ ボ ー グ を 確 保 す る 為 に あ る ッ ッ ! ! 』


 目的は『戦力の増強!!』


 侵入者はQX団が誇るサイボーグ軍団を『己の手駒』にする為に、此処へとこの場へ 攻 め 込 ん で き た ん だ ッ ッ ! ! ! 



 そして動ける者、全てを排除をすると言う事・・・ッ!


 それは・・・ッッ!!

 己(オレ)が、科学(超マンチキン)に最後の最後まで逃げまわり、「ココまで逃げればもう安心だ」言ったトコロで・・・ッ!


 瞬間ズバッと殺すまでッ!


『己(オレ)を追い続ける事を 意 味 し て い る ・・・・ ッ ッ ッ ! ! ! ! 』




  (駄目だ。) (無理。) (絶望。)  (死ぬゥ。)


  (どうしてこんな!?) (嫌だ!) (受け入れられないッ!!)


 (ありえない!) (ありえない!!) (ありえない!!)



教授(EEE)は頭を抱え。

ガタガタと震え、こう呟く。


「無理だッ。」

「無理だッ。」

「無理だッ。」

「無理だッ。」



自失。そして茫然。



(耐えられなかったッ!)


(そう叫ばずには居られなかったッッ!!)


(憤りすら感じられる、魔妖香酋長(プカハンタ)と邪曲家(ダークフーゴー)の視線を覚えようとも・・・ッッ!!!)


(己(オレ)は、獲り殺されそうな恐怖に、その身を任す事しか出来なくなくしまったのですッ!!)




「無理だッ!」

「無理だッ!」

「無理だッ!」


「無理だッ!!」




  ー そして。

  ー その刹那。


  ー 己(オレ)は鷲掴みをされ、そのまま握り潰されるかのような、


  『 鈍過ぎる 衝 撃 』 を こ の 身 に 憶 え た ・・・ ッ ッ ! ! !



          ッ!


               ッ!

          ッ!


               ッ!

          ッ!


               ッ!

          ッ!


               ッ!




「 『 己(オォォォオオオ オ オ オオ オ レ ) の 、



    大ぁぁぁああ あ あ い 事(じ)な 、




    科 学 ( タ マ ) が ぁ ぁ ぁ あ あ あ あ あ あ あ ああああああああああ あ あ あ あ ! ! ! ! ? ?  』 」




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





・・・・




○クロガネの賛歌・第3章


 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー  激 闘 ! サ イ ボ ー グ 編



  第19話「 愛 と 憎 。 」





・・・・







己(オレ)は、そう「叫び声」を『科学(シャウト)』したッッ!!!


父さん!


母さん!!


妹の(CDE=クーデレ・ドエロス・アイザック)!!



と言うか、エロイとか、ドエロスとか、人の名前を何だと思っているんだよ、いや、問題は其処じゃあない!!


父さんと母さんの愛の育みに使用されたと考えられ、おそらくそれは事実であると『認識をする 科学(デリケート・オプション)にッ!!』


鳥肌を覚え、身の捩れを感じる、鈍くて重い『確固たる信念は肉親の情に勝るッ!』と言わんばかりの『 確かな痛み 』となって、己(オレ)の科学(ボディ)を侵略ッ!!


もしや『喪失したんじゃないのか?』と思えるぐらいの、身の毛のよだつ科学(ペイン)が続いているッッ!!


否(いいや)!? 本当に喪失したのか!!?


己(オレ)は幾度となく続く、この止まる事無い衝撃を堪(こら)え、

科学(ダブル・ハンド)にて、『 ソ レ 』の 確 認 し た ッ ッ ! ! !





だ・大丈夫だッ!!




「 『 己(オレ)の科学(タマ)は、二つある!! 』 」




しかし、確認をしたからと言って何か改善かあるかと言えば、『 全くもって、そんな事は無いッ!! 』




「 『 そして己(オレ)の科学(タマ)は、とても大きくなる!!! 』 」




と。


『錯覚』してしまうかのような、『 激しい苦痛ッ! 苦々しい激痛ッッ!! 』



痛いってモンじゃない!

痛いってモンじゃない!


痛いってモンじゃない!!



薄れそうにして、はっきりとした意識の中ッ!!


己(オレ)は、魔妖香酋長(プカハンタ)の怪笑を耳にする・・・・ッッ!!!



「ヒヒヒヒヒケケケケケケケッッ!!!」


魔妖香酋長(プカハンタ)は続けるッ!


「絶望しよったな、教授(EEE)! 諦めよったな、教授(エロイ・エチャノバ・アイザック)!!」


「先にお主の唇を奪った『口移し(マウス・トゥー・マウス)』による毒霧の噴射はぁああ〜〜〜ッ!!

『一種のステロイド』を投与する事により、お主のサイボーグ能力である『 視力を強化したッッ!! 』 」


「それは『現状』をより知る為。

 それは門番であった『柔装甲(マハン=ガン)』の身に、何が起こったか知る為にあるからじゃあぁぁああ〜〜〜〜ッッ!!」



己(オレ)は、科学(ダブル・ハンド)で科学(デリケート・オプション)を押さえ続けたまま、魔妖香酋長(プカハンタ)の声に耳を傾けるッ!!


魔妖香酋長(プカハンタ)は、こう続けるッッ!!!



「だが、しかしよのぉ、教授(EEE)!!

 この魔妖香酋長(プカハンタ)は、懸念しておったのじゃ〜ッ!

 それはお主への『 疑 い 』 。


 お主が余りの恐怖により、戦闘を放棄するのではないかと言う『 疑 心 』を抱いておったのじゃてぃ・・・ッ!!」


「それはのぉおお〜〜、教授(EEE)・・・!!

 それはお主が『坊や』であるからじゃ。それはお主の『頭が良過ぎる』からじゃ。」


「坊やであるが故の『耐性の低さ』。

 それは人が初めて『成熟した異性の性器』を目にした時、その『ありえないグロテスクさ』に対して 驚 愕 を覚えてしまう事に似る。」


「『こんなハズじゃなかった!』

 『もっとファンタジーに満ちたモノが其処にあるハズだ!!』


 『受け入れがた難いぞ、この現実ぅ〜〜〜!!!』」



「そう・・・。

 人は『輝かしい未来が、其処に無かった事を 目 に し た 時 ・・・ ッ ! ! 』 」



「 『  絶 望 を 感 じ て し ま う  生 き 物 な の じ ゃ 。  』  」




「・・・どんなに辛い事柄であろうとも、『現実を受け入れる事』で道が開けると言うのにな。」


「どんなに立場が悪かろうと『受け入れぬ限り』は、前へと進み『 打 開 す る 事 』が出来ぬと言うのにな!!」



「そして、悪い事にお主は、頭が『 良 過 ぎ る の じ ゃ 』 。 」



  ー 瞬時に

  ー 策と保険を思いついて

  ー それを実行出来る内は

  ー 余裕で居られる。



  ー だが

  ー 万策が尽きてしまったと感じたその時。

  ー お主は『簡単に諦めてしまう』のじゃよ。


  ー それも、いとも容易くな。

  ー それは、無意識に近いレヴェルのお話。


  ー 如何に『楽に諦められるか?』を考える為


    お主は容易く『 諦 め て し ま う 』 の じ ゃ 。




そして魔妖香酋長(プカハンタ)は、こう言い放つッッ!!!



「サイボーグ能力とはッ!

『空気を吸って吐くことのように!』『HBの鉛筆をベキッ!とへし折る事と同じようにッ!!』」



「 『  出 来 て 当 然 と 思 う 事 じ ゃ あ ッ ッ ! ! ! 』 」



「銀装隠密(オレグレイ)のように『無意識の意識』で『 己の肌を、人に見せたくは無い 』と思うのなら、まだしもッッ!!」


「教授(EEE)ッ!

 お主の能力は『使う事の意識をし!』


 そして、使い続ける事により疲弊をすると言う『体調や精神のコンディション』により、効果・効能に『 差異が出る 能 力 じ ゃ あ ! ! 』 」



「故に、先の『口移し(マウス・トゥー・マウス)』の際、

『 遅 行 性 の 毒 霧 』もまた 噴 出 し て お い た 。 」



  ー パニック症状に陥る事により、

   『脳波の乱れ』。『過呼吸』。過度の声帯使用に伴う『心拍数の上昇』。


  ー それら全てを発動条件とした、この魔妖香酋長(プカハンタ)が誇る『オリジナル・ポイズン』。




「 名付けて『 別 苦 ( ベ ッ ク ) 』 。


  この毒に犯された者は、その時・・・ッッ!!



  最も犯される事を拒んでいる、その箇所(サンクチュアリ)に身悶えする程の『 激 痛 』が 発 生 す る ・ ・・ ! ! 」




魔妖香酋長(プカハンタ)は、教授(EEE)をマジマジと見つめ『こう言う。』



「そうか教授(EEE)・・。

 お主は、足の親指と親指の間にある『 そ の 場 所 』が・・・!


 其処が一番、『 痛 め つ け ら れ た く な い 』と考えていたのだな、この『 エ ロ ス 』め ッ ! ! 」 



  ー エロイですッ!

  ー 教授(EEE)は、そう言う事を望んだ。


  ー だが教授(EEE)は、激しくも襲い来るその鈍痛に、


    返 事 す る 事 す ら、 ま ま な ら な い ッ ッ ! ! !



「何の為に、こんな事をしたと思うか教授(EEE)?」


「それは、この魔妖香酋長(プカハンタ)、『 第 2 の 策 』 の 為 ッ 。 」



「 『 さ す れ ば 邪 曲 家 ( ダ ー ク フ ー ゴ ー ) ッ ッ ! ! ! 』 」




・・・ッ。 (邪曲家(フーゴー)は、魔妖香酋長(プカハンタ)を見やる。)



「さて、邪曲家(ダークフーゴー)。」


「お主、この『役立たずとなった教授(EEE)』を ど う 使 う ・・ ・ ? 」


「煮るも良し、焼くも良し・・・。」


「お主の『好き』にするが良い。」


邪曲家(フーゴー)は答える。


「フム・・・。

『おーおー好き勝手言いなさる』と聞いておれば、何が『第2の策』か検討も付かぬ話であるな。」


「女狐老婆の魔妖香酋長(プカハンタ)め!


 貴様の手の平かと考える事、不愉快一つも憶えよう事柄ではあるが、

 この被りキャラの不甲斐なさには、小生もまたアジタート(苛立って)していたトコロである・・・!!」



邪曲家(フーゴー)は、教授(EEE)を睨み付ける!



「被りキャラめが!

 小生はペルデンドシ(失望)である!!

 幾度となく、共に死線を潜り抜けてきた貴様が『こんな程度』で音を上げるとはな!!」


「良いか被りキャラめよ!!

 貴様はQX団が誇るサイボーグ1の『破壊能力』を持つ『 小 生 の 超 実 戦 オ ー ケ ス ト ラ 』を潜り抜けてきた男であるッッ!!!」


「『狂想曲・水の剣士』を潜り抜けてきた貴様が!

 『非想曲・鼠捕りの末路』を聴き抜けてた貴様が!!


 『立ち向かう事』を良しともせず!


  ただただ股間を握りしめ『戦いたく無いでござる』とでも言いたげに、その場から『 動く事すら出来ぬとはなッッ!!! 』 」



教授(EEE)は、ただただその言葉を受け止める。


返す言葉もない。返す事すら出来ない。


ゴクリと、唾を飲み込むは教授(EEE)。


 ー こうなってしまったら、後の祭り。

 ー 女々しい男の『情けない言い訳』に、聞こえよう話ではあるが・・・。


 ー SMと言う交流(コミュニケーション)が、根底に『 決して自分を見捨てる事は無い 』と言う、

   S(サディズム)の攻撃性を肯定する『 濃 密 根 深 い 信 頼 関 係 』によってなされる、『 お遊戯(プレイ) 』である事に似て・・・。


 ー 己(オレ)は、たった一つ彼を信頼している、『淡い科学(マゾヒズム)にも似た感情』を抱いていた。



    ( それは潜り抜けてきた 『 邪 曲 』 の 数 。 )


    ( それは聴き抜けてきた 『 組 曲 』 の 数 で あ る 。 )



    ( 所構わず破壊をする。見境なく破壊をする。


      そんな彼、邪曲家(ダークフーゴー)と行動を共にし、たった一つ彼を信頼している 濃 密 根 深 い『 そ の 事 実 。 』 )



    ( そ れ は 、 破 壊 を 伴 う『 孤 高 の 音 色 』 を 。


      潜 り は 抜 け 、聴 き て は 惚 れ て き た 『 こ の 現 実 』他 な ら な い 。 )



    ( 己(オレ)は・・・。


      その事柄を『 侮 辱 』 し た 。 )



    ( 恐れる事で『侮辱』した。 絶望する事で『侮辱』をしてしまった。 )



    ( 踏みにじってならない、デリケートな科学(テリトリー)をである・・・。 )



    ( だが。


      この体は、未だ消ええぬ『恐怖』が突き抜け・・・。


      そして、己(オレ)を蝕(むしば)む、この科学(プロブレム)は・・。


      まるで別生物のように、痛みを発し。


      A LOVEる事よろしく、猛け狂っては 激 痛 を 走 ら せ て い た ・ ・ ・ 。 )




そんな教授(EEE)の様を見て。


邪曲家(ダークフーゴー)は焼け溶ける鋼鉄にも似た、溶解質な白光を伴う熱っぽい『 ブ チ 切 れ 憤 怒 』をその身に宿らせた。



   ( 聴衆や批評家の安っぽい風評に惑わせれない、『真の組曲』を創り上げる為・・・。


     小生は『オーストリア軍』を通じ、この『QX団』へと身を投じる事にした。  )



   ( それは、この身を『サイボーグ化』するその為に。

     その事柄により、真なるはその『音色』。『己の体を通して出る、 怪 音 波 』を手に入れる為にあった。 )



   ( その怪音波は『戦場』によってのみ『 奏 で ら れ る 事 』を旨とした! )


   ( 何故なら『戦場』こそが、最も『 人の本質が曝け出される場所 』であり!


     その場で創り上げられる『邪曲』こそが『 真の組曲 』である!! そう思えたからだ!!! )


   ( だが・・・。 )



邪曲家(フーゴー)はこう言う。


「創り上げられる邪曲が『苛烈』であればある程に。」


「織りなされる音色が『重奏』であればある程に。」


「絶対なるは『破壊』を伴い。」


「誰の耳にも『留まる事』は無かった。」



ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ



   ー だからこそ、己(オレ)は聴き抜けられた、その事柄を『 頼 』と信じた。


   ー だからこそ、小生は弾き続けられた、その事柄に『 信 』を頼った。



   ー 己(オレ)は、そんな『 頼 』を、恐怖で踏み躙(にじ)り。


   ー 貴様は、そんな『 信 』を、不甲斐なくも 無 に 帰 し た 。




そして、邪曲家(ダークフーゴー)は。

その切れっぷりにて、『 堪忍袋の緒 』を『 千切った・・・!! 』



 プッッチ”ィ”〜〜〜〜ン” ! ” ! ” ! ”



「切れた。」


「小生の中の『何かが切れた』。」



「被りキャラめよ・・・ォ ッ ! ! 」



「 『 小ォォォォオオオ オ オ オ オ 生 ェ い は ァァ ァ ア ア ア アアアアア ア ア ア ア ア  ! ! ! ! !  』 」



「 『 貴ィィィィイイイ イ イ イ イ 様 ァ ま を ォォ ォ オ オ オ オオオオオ オ オ オ オ オ  ! ! ! ! !  』 」



    ー 邪曲家(ダークフーゴー)が、怒りに任せ!


    ー 魔妖香酋長(プカハンタ)が、妖笑を浮かばせ!!


    ー 教授(EEE)が、覚悟を決めた『 そ の 時 ! ! ! 』





                     ・


                       ・
                   ・


                      ・


                    ・



                     ・



                     ・



                     ッ



                     ッ



                     !





           ガ”ッッッシ”ィ”〜”〜 〜 ーーー ー  ー ー ッ ッ ッ ! ! ! !




「  『   何 が あ ろ う と も 、 守 り 切 っ て や る !


       有 ぁ ぁ あ り 難 く 思え ぇ ー い !


       被 ぁ ぁ ぁ あ あ あ あ ぶ り キ ャ ラ め よ ォォ オ オ オ オオ オ ― ― ― ッ ッ ! ! ! !  』  」




          ー『抱擁(だ)いた!』


            父親が幼子を抱き締めるかのような『優しい抱擁(ハグ)!!』


            険しくも独善たる、その男が『守る』と口にした!


            そして『切る』と、そ う 告 げ た の で あ る ! !




          ー 教授(EEE)は・・・。


            呆気とられる。


            ポカーンとする。


            それに伴い・・。


            あれだけ激しかった痛みも・・・。


            徐々に。


            徐々に薄らいで行く。




            とか、思っているとぉーーーッッ!!!!




  ・・ ・ ス コ ー ン ! !



 小気味良く、拳骨(げつこつ)が振り降ろされた、頭上殴打(HEAD・HIT)!!



 そして、邪曲家(ダークフーゴー)はこう続けて、言い放つぞぉおおおおーーーーッッ!!!



「何ぁぁぁあにを、しておる、


 こぉぉおおおおおの、被ッッぶりキャラめがァァアアアアアアア―――ッッッ!!!!!」


「良いぃぃいいいいいか、よっっっく聞けぇぇぇえええええええい―――ッッッ!!!!!」



「QX団が誇るサイボーグ1の『破壊能力』を持つゥゥゥゥウウウウウウウウ―――ッッッ!!!」


「『 邪曲家(エビルソングライター)・ダークフーゴー 』こと、


 『 小生(しょぉぉおおおせい) 』が警護に当たっていると言う最も!最も!!最も!!大きな警護的利点をォォォォオオオオオ―――ッッッ!!!」



「『 今 ぞ 、 聴 か せ よ う オ ー ケ ス ト ラ ッ !


   聴 客 一 人 ッ !


   即 ち 貴 様 だ マァ ァ ァ ア ア アア ヌ ケ ィィィ イ イ イ イ イ イイ イ ―――ッッ ッ ! ! ! 』 」



もう。


「は・はい!

 邪曲家(フーゴー)さん!!」



痛みも無ければ、恐怖も無い!!



「『 行くぞ、被りキャラめが!!


   小生が囮となるッ!小生が陽動するッ!!


   所構わず破壊をし、その際、貴様が『道連れ』になろうとも、小生は組曲を奏でる事を止めはしないッ!!



   ならば、被りキャラめよ!!

   必死こいて回避をせよ! 聴いていたけりゃ、回避をせよ!!


   そ し て 、 耳(み)ィィイイ み” に す る の で あ ぁ ぁ あ あ あ る ―― ― ッ ッ ッ ! ! ! !


   オ  ー  ス  ト  リ  ア  の  作  曲  力  は  世  界  一  イイィィ ィ ィィ ィ ―― ― ッ ッ ッ ! ! ! 』 」




「『 はい! 邪曲家(フーゴー)さんッ!!


   何度も言うようですが、己(オレ)の科学(ディフェンス)は完璧ですッッ!!


   特殊視力を使い、敵の科学(ウィークポイント)を発見しますッ!

   次第、忍び寄るように高速接近しますッ!!


   そして、両腕から放つ『振動衝撃波』によって、一撃で倒してみせましょうッッ!!


   改めて言いましょうッ!


   己 ( オ レ )の 科 学 ( シ ナ プ ス ・ ア イ )は 完 璧 で す よ 、 邪 曲 家 ( フ ー ゴ ー )さ ん ! ! 』 」



そして!

邪曲家(フーゴー)は号令を掛ける!!



「 ス ピ リ ト ー ゾ ! コ ン ・ フ オ ー コ ! !  ( 気合いを入れよ、烈火の如くッッ!! ) 」


  コン・ブリィィィオ(活気に燃えて)、 Q ゥ ゥ ゥ ゥ  X  ゥ ー ッ ッ ! ! ( QXを謳い挙げるのだッッ!! ) 」




    バ ” ッ ” ッ ” ! !


      ー 二人、右の手を、

        高々と上げ、こう言い放つっ!!




「「 『  全  て  は  ッ  !  !



      Q  X  団  の  名  に  下  に  ッ  ッ  !  !  !  』 」」




二人は、立ちて向かった!


二人は、立ちて向かった!!



二人は、こう理解をしている!!


それは、決して!

どうあがいても、決して!!


『勝ち目など、一つもない!!』


『死と敗北のみを結果とす、無残極まり無い 戦 い で あ る 事 』 を ! !



だが、二人は立ちて向かう事を選んだのである!!




   ー 無駄な失敗や!

   ー 駄目な結果が!!


   ー ありえない位続く、そう、その時!!!



   ー 人はクソ面白しくて、仕方無くなって来る事を 知 る か ら で あ る ! !


   ー そ う す る っ き ゃ あ 無 い 事 と !


   ー 気 付 き !


   ー ひ た 向 き ! 


     突 き 進 む か ら で あ ぁぁあ ああ あ あ あ  る っ っ ! ! !




だから、二人は向かうのである!!


例え行き着くその先が『地獄の一丁目』であろうとも!!



二人は、立ちて向かうのである!


二人は、立ちて向かうのである!!



そして・・・。


そんな二人を見送った、魔妖香酋長(プカハンタ)は・・・!



ゴッックゥーウウ!! ( 己の毒を服毒し!!)

ィィィィィイイイ!! ( 自身の聴力、強化を行う!!)



そして、彼女はこう呟く。



「聞こえているね、銀装隠密(メタルハイド)。」


「いいや、聞こえているハズだよ、銀装隠密(オレグレイ・カレロフ)。」


「先にお主に、吸引させた毒霧は『クロロホルム』じゃあない。」


「体の自由を奪っただけ。

 だから意識はあるじゃあ〜〜〜。


 そうだねぃ、透明マッパの銀装隠密(オレグレイ・カレロフ)よぉおお〜〜〜。」



・・・・。


銀装隠密(オレグレイ)の。


返事は・・・無い。



「キヘヘヘヘヘ!

 答えられる訳も無しかぇのぉぉおおお〜〜〜!!」



「だがのぉ、銀装隠密(オレグレイ)。

 これは事実じゃてぃ。これは現実として、起こった事じゃてぇ。」


「そう。


『お主の愛しい教授(EEE)』は。


 透明マッパの『お主』なんかにゃあ 目 に も く れ ず に ・ ・ ! !


 カッチョイイ、ナイスミドルの『邪曲家(ダークフーゴー)』と共に戦う事を 選 らん だ の じ ゃ あ 〜〜 〜 〜 ! ! ! 」



「二人は決して!


 二人は決して『 生 き て は 、 帰 る ま い ! ! 』 」



そして魔妖香酋長(プカハンタ)は、こう言い嬲(なぶ)る!!



「フヘラフヘラキヘ、銀装隠密(オレグレイ)ィィイイイ〜〜 〜 〜 〜〜 ! ! ! 」



「そうじゃ、銀装隠密(オレグレイ)〜〜〜!!


 この魔妖香酋長・プカハンタが、今から、その有様を『 実 況 中 継 』してやろうと、そう言っておるのじゃあああ〜〜〜〜!!」



「心して耳にするのじゃ、銀装隠密(メタルハイド)!!


 愛しい教授(EEE)が、どんな様して死んでいくのか!!!



「心して耳にするのじゃ、銀装隠密(オレグレイ・カレロフ)!!


 何も出来ないお前とは違って! どう邪曲家(フーゴー)が、カッチョ良く戦ってくるのかをぉ〜〜〜!!!」



「心して耳にするのじゃ!」


「心して耳にするのじゃ!!」



「透明マッパの キ モ ! キ モ ! ! キモ ォ ォ オ オ オ オ オ オ イ ! ! ! !


 銀装隠密(メタルハイド)のオレグレイ・カレロフ、心して耳にするのじゃあ、



 フヘラフヘ ラ ヒ ケ ェ エエエエエ エ エ エエ エ エ エ エ ーー ー ー ー ッ ッ ! ! ! 」




怪笑ッ!

嘲笑(あざわら)うは、奇笑ッ!!


魔妖香酋長(プカハンタ)の嬲り声、響き渡るその中に・・・!!



銀装隠密(オレグレイ)の。


・・・・。


返事は・・・無い。




そして、この毒舌嬲りこそ。


魔妖香酋長、『第2の策』。


『第2の策』にして。


『 最 後 の 策 』。



それは・・!!


『 銀装隠密(メタルハイド)の 真 な る 覚 醒 ・・・ ッ ッ ! ! ! 』



無意識の意識にて、全身を透明同化出来る男・銀装隠密(オレグレイ・カレロフ)が


『 意 識 的 に 、 能 力 を 扱えるようになる そ の 時 ! ! 』


銀装隠密(メタルハイド)は、QX団最強のサイボーグとなる事を『 彼 女 は 知 っ て い る 。 』


愛しき男の死では足りない。


もっと。


彼の根底にある劣等感を、侮辱し、真の怒りを引き出すその時。


彼は『本当の力』に目覚める事が 出 来 る だ ろ う 。



そして、その時。


彼女は『自分がどうなるか?』と言う事を理解している。


怒りに狂った銀装隠密(オレグレイ)は、容赦も無くに。


『 自分を捻り殺すであろう、その事を理解している・・・!! 』



だが。


『 そ れ で も 構 わ な か っ た 。 』



滅びゆく一族の運命を、更にも惨めなモノとされ。

たったと一人残される。

その要因となってしまった『あの日の事。』



『 白いタキシードのキザ男 ・・・ ! !  』



過ちは二度と繰り返さない。


この世で最も惨めな事は『大切な何かを、踏み躙られる事である・・・!!』



『 全てはQX団の名に下に! 』



彼女にとって・・・。


その言葉は、何よりも『 重 い 』。







ーーーーーー





 ・・・続く。