×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






・・・・




○クロガネの賛歌・第3章 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー



 第 9 話  「  愛 も 。 希 望 も 。 倫 理 も 。 律 法 も 。  」






・・・・




「クックックックックックックックック・・・・・ッ。」



Dr.劉は、込み上げる。
Dr.劉は、笑いが止まらぬ。


ボロボロの雑巾のように無残に横たわる・・・。

百文字(ジ・ハンドレッド)を、見据えてか?



それもある。



私の科学力が生み出した『メタリック・サンキスト』は、

地下プロレスの絶対王者『ジ・ハンドレッド』を、『 ブ ッ コ ロ 死 』した。



無敗の王者を凌駕をする。

悪魔の頭脳が織り成す、悪魔の科学力・・・・ッ。



この世のありあらゆるモノよりも。

私の科学力の方が、力が優れている。



これは、当然であり。

当然の結果が、今、こうして、私の目の前に出たのである。



『 ジ・ハンドレッドを、ブッコロ死した事 。 』



だから、それもある。

それもあるが・・・。



 『 も う 一 つ 。 』



Dr.劉は、メタリック・サンキストに目を移す。







「 『 キィィィス キ ス キ ス ッ ! ! ! !  』 」 




「 『 サ  ン  キ  ス  ト ォ ォ ォ オ オ オ オ オ オ オオオオオオオーーーーー ッッッ ! ! ! !  』  」





 高笑いするは、メタリック!


 果実的(フルーティー)な瞬間を満喫する、サンキスト!!




その高笑いを眺めて、Dr.劉は・・・。



「クックックックック・・・ッ!」



Dr.劉は含み笑った・・!




「クックックッ!」


「良い子だ。」


「私の言う通りに、ブッコロ死を果たし。」


「そして。次の私の命令が下されるまで、余計な事を行わない。」



Dr.劉は、冷笑を浮かべている・・ッ!



「絶対王者を打ち倒す・・ッ!」


「絶対科学を操れる者は・・ッ!!」



「『この私、Dr.劉、ただ一人だ・・・・ッッッ!!!』」



その口端(くちはし)が・・ッ!


歪み。


そして・・・。



曲鋭(とが)る ッ ッ ! !





「『 ク ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ! ! ! 』 」




Dr.劉は、高笑うッッ!!




「『 フ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ! ! ! 』 」




爆笑(わら)うッ!




「『 ク ッ ク ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ! ! ! 』 」




怪笑(わら)うッ!




「『 ク ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ! ! ! 』 」




嘲笑(わら)いッ!




「『 ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ ! ! ! 』 」




冷笑(わら)ってッッ!!





そしてッ!


毅然(きぜん)と佇(たたず)むッ!


レディ・ミィラに『 こ う 言 い 放 っ た ッ ッ ! ! 』





「見たまえ、レディッ!」



「これが『結果』だッッ!!」



「この世の何よりも勝るモノッッ!!」



「愛でも無いッ!希望でも無いッ!倫理でも無いッ!律法でも無いッ!」



「全ては、この『科学力だッッ!!』」



「織り成されるは、『殺人兵器だッッ!!』」



「それは悪魔の頭脳を持つ、『 科 学 者 ッ ッ ! ! 』 」




「 『 この Dr.劉 の偉大なる成果こそ、今、お前の目前で繰り広げられた、こ の 結 果 だ ッ ッ ッ ! ! ! ! 』 」





そうしてDr.劉はッ!


もう一度レディに、『こう言い放つッッ!!』





「もう一度、問おうッ!レディ・ミィラよッッ!!」



「 『 私だけの助手(モノ)』に なるのだ ッッ!!! 」



「 その才をッ! 愛だとか、情などと言った『 下らぬクソカスのようなモノ 』で、浪費するモノではないッッ!! 」



「 全ては今ッ! お前の目前で繰り広げられた、この結果こそが、真 実 だ ッ ッ ! ! ! 」



「 よもやッ! 『理想』と『現実』の違いを推し量れぬほど、『 愚鈍(おろか)な者 』で は あ る ま い ッ ッ ! !  」





   「 『 こ れ が 、  最  後  の  問 い 掛 け( チ ャ ン ス )  だ   ッ ッ  !  !  』  」




   「 『 答 え ぬ か 、 レ デ ィ ・ ミ ィ ラ  よ ォ ォ オ オ オオ ーーーーー ッ ッ ! ! ! 』 」






 ーーーーー レディは返答(こた)えるッ!!






「私の返答(こた)えは、変わらない。」


「百文字(ハンドレッド)が死ぬ時は、この私も死す時よ。」



「この『絆』は、決して私達を『 引 き 裂 け さ せ な い 。 』」




 ーーーーー レディは、返答(つづけ)る・・・・ッッ。




「聞きなさい。Dr.劉。」




「人は。」


「『やり遂げなければならない事』があるよりも・・。」





  ー「 『 今、自分に一体 何 が 出来るのか? 』と言う時にこそ・・・。 」



  ー「 『 強 く 成 長 で き る の よ ・・・ ッ ! ! 』 」





 ーーーーー そしてレディは、劉に返答(こたえ)る・・・ッッ!!!





「気遣いは無用。Dr.劉。」




「我、思うが故に今日を生きてく。」


「我、在るが故に今日も生きてく。」



「深玄(しんげん)たるは、『信拠(しんきょ)の只中(ただなか)。』」




「今、一体、自分に何が出来て・・・ッ。」



「今、一体、自分は何が出来るのか・・・ッ。」




「選択(えら)び・・・ッ。」



「淘汰(とうた)し・・・ッ。」



「そして・・・ッ。」




「 採択(えら)び続けた 自分(けっか)が、此処に在るから、


  今 こ う し て 、 言 い 放 つ の よ ・・・ッッ!! 』 」





     「  私 達 は 『 敗 北 ( や ぶ れ ) な い  。  』  」



   「 『  勝 負 は 、 こ れ か ら よ 、 D r . 劉  ッ ッ ! ! !  』  」







・・・・・。



・・・・・。(沈黙。)



・・・・・。(沈黙。)




・・・・・。(そして・・・。)






  スサァァ・・・・・。(急激に冷めていくこの実感。)





Dr.劉は落胆している。




(何と愚かな・・・。)




それは、失望?




(何と目の暗く。)




それとも、期待外れ?




(何と・・・。)




(『盲目』であるのだ・・ッ。)




いずれにしろ、現実が見えぬ返答(こた)えだ。



元来・・。



私は人を信用する性格じゃあなかった。




日本地下プロレス協会を傘下に置く、我等が組織。


国際秘密結社・・・。




この『 ブラッククロス 』へと所属(はい)り・・・。




私は。



その事柄が、何の間違いも無かった事を悟った。





幾度と無く、人間の修羅場を見た。



生命(いのち)を助けてやるから、恋人の女を撃ち殺せと言われて、

その好きな女を撃ち殺した男を、私は目の前で見た。


数人を密室に閉じ込め。

その中に、ひとかけらのチョコレートを投げ入れた時の話もしようか。


聖人君子よろしくに、「私は、お腹が一杯だ。このチョコレートは要らない。」と言える人間など一人も居なかった。


怒号。狂声。肉を殴り抜ける音。頭を壁へと叩きつける音。

阿鼻叫喚(あびきょうかん)の狂った音色が、響き渡るだけだった。



弱い人間を投げ入れれば、男女区別する事無く、凌辱(りょうじょく)をする・・・・。



それが人間の本質であり。

それが生き物の本能であるからだ。






たまに・・・。


その例から、外れる人間も居る。



それは、この愚者(レディ)と同(おんな)じ・・・。



   『 妄 信 』をする者である。



   『 何かに盲目である者である。 』




実に愚かな生き物だ。


自分が特別な存在で・・・。


何時も何かに助けて貰えると信仰して止まない、下らぬクソカスどもだ。




所詮この世は、『カルネアデスの板』だ。



一隻の船が難破をし、乗組員は全員海に投げ出される。

一人の男が命からがら、一片の板切れにすがりつく。


するとそこへもう一人。
同じ板につかまろうとする者が現れた。

しかし、二人がつかまれば板そのものが沈んでしまうと考えた男は・・・・。



  『 後から来た者を、突き飛ばす。 』


  『 そ し て 水 死 を さ せ て し ま う の が 、 人 間 な の だ  。 』





信じられる者は・・ッ。


己一人・・ッ。



そして・・・ッ。


それは、悪魔の頭脳が織り成す・・・ッッ。



 『 悪 魔 の 科 学 』 の み  ッ ッ ! !





ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ





Dr.劉は・・・ッ。


冷たくも、沈んだ『眼光』を放ち・・ッッ。




(さようならだ。)


(レディ・ミィラよ。)



(せめて、その頭脳だけは、傷付けずに置いてやろう。)




 ・・・ッ。(そうして、劉は口を開く。)


 ・・・。(『 殺 害 命 令 』 。)


 ・・・。(『殺せ』と命ずるだけで、それが叶う。 神をも超えた、その 特 権 。 )




   ・・・・・・ッッ!!!(それを今、発そう。)





   ッッッッッッッッ!!!!!(そして、そ の 刹 那 ッ ッ ! ! ! )






    ズ・・・・ッ(百文字は・・・ッ。)


    ズズ・・・ズッ(ゆらりと立ち上がる・・・ッ)


      ズ・・ズズズ・・・ズッッ(今、この時・・ッ。今、この瞬間を・・・ッッ。)




   ズ ズ ッッ  ズ ッ ッ ! ! ! ( 何 が 出 来 る か ? と、 自 己(おのれ) に、問きて ・・・・ ッ ッ ! ! ! ) 






・・・ッッ!!


・・ッ!!(Dr.劉は。)



  ッ ! ! ? ( 絶 句 を し た 。 )




(信じられぬッ!?)


(何故、立ち上がれるッッ!!?)



(そんなにも、『愛』が大切かッ!!?)


(そんなにも、『情』がお前を奮い立たせるのか!!?)




  ギリッ!! (Dr.劉はッ!)


  ギリリリッッ!!! (歯噛みするッ!!)





認めぬッ!


認めぬッ!!


認めぬッッ!!


認めぬゥ〜ッッ!!!





 ー 活火山の如くに噴煙し、溶岩(マグマ)が噴き上がるような、煉獄(れんごく)染みた『 憤 怒 の 情 感  ッッッ!!! 』 ー





 愛 も ッ !


 希 望 も ッ !


 倫 理 も ッ !


 律 法 も ッ ! ! 




全 て を 超 越 し た 、 神 以 上 の 存 在 に な る と 決 め た 、 こ の 私 だ ッ ッ ! !





 超えるのだ ・・・ ッ !



 『 人 』 を ・・・ ッ ッ ! !



 超えるのだ ・・・ ッ ! !




 『 神 』 を ォ ォ オ オ オ ・・・ ッ ッ ! ! !





ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド







  ギ ン ッ ッ ッ ! ! ! ! ( Dr.劉は、百文字を、睨(ね) み つ け る ッ ッ ! ! ! )






「『 ジ ・ ハ ン ド レ ッ ド ッ ッ ! ! 』」




「 お 前 を 生 か す と 言 う 事 は ッ ッ ! ! 」



「 私 の こ れ ま で の 研 究 を 、 否 定 す る 事 と な る ッ ッ ! ! ! 」





  「 『 お 前 は 、 こ の 世 に 、 存 在 し て は な ら な い  人  間  な の だ ッ ッ ッ ! ! ! 』 」





そして、Dr.劉は『 命 令 を 下 し た ッ ッ ! ! ! 』





「 『  殺 せ ッ ! 』 」


「 『  メ タ リ ッ ク ・ サ ン キ ス ト ッ ッ ! ! 』 」




     「 『  ジ ッ ! !   ハ ン ド レ ッ ド を ッ ッ ッ ! ! ! 』 」




  「 『  抹  殺  (  エ リ ミ ネ ー ト  ) す る の だ ぁ ぁ ぁ ぁ あ あ あ あ あ あ あ あ あ ! ! ! ! ! 』 」





Dr.劉が、『 抹 殺 命 令 ッ ッ ! ! ! 』


応答(こた)える者は、も ち ろ ん ア イ ツ  ッ  ッ  !  !



 『 故 マスク・ド・サンキスト 』の デ ー タ を 埋 め 込 ん だ ッ ! !



 『 ア ン ド ロ イ ド 』が、そ の 機 械 人 形 ッ ッ ! ! !




 そ の 名 も ッ ッ ッ ! ! ! !




「 『 メ ェ ェ ェ ェ ェエ  エ エエエ タ リ ッ ク ゥ ウウウウーーーー ッッッッ ! ! ! ! 』 」




「 『 サ ァ ァ ァ ン ッ ! キ ィ ィ ィ イ イイス ッッ !!



    ト ォ ォ ォ ォ ォ ォ ォ オ オオオオオオオ オ オ オ オ オ ーーーーーー ッ ッ ッ ッ ! ! ! ! 』 」  






キィィスキスキス サ ン キ ス ト ッ ッ ! !


アイツは、『機械人形』よッッ!!


 アンドロイドが、『 メタリック・サンキスト 』がァァァアアーーーーッッ!!!!


 命令に応答(こた)えてッ! 百文字を『抹殺(エリネート)』し始めたぞぉぉぉおおおおおおおーーーーーッッッ!!!!






   ズンッッ!!(倒立ッッ!!!)



   ズズンッッ!!(頭部を軸するッッ!!!)



   ズッズゥゥウウウ〜〜〜ンンンッッッ!!!! (そうッ! この『 体 勢 』は ッ ッ ! ! )






「 『  メ イ ア ・ ル ー ア ・ ジ ・ サ ン キ ス ト ・ オ ー レ ン ジ ッ ッ ッ ! ! ! ! 』 」



( 100果汁のオレンジジュースを作るが如くの、ミキサー的な、メタリック・サンキストの オ ー レ ン ジ な キ ッ ク ッッッ ! ! )






(最もッ!)


(最も、果実的(フルーティー)な瞬間を教えてあげるよッ!)



(絞りにねッ!絞りきったねッ!! シオシオのナスビみたいになった、オーレンジをだねッッ!!!)




 ( 最後の一絞りをして、最後の一滴が『ピチャリ』と落ちたその一雫を、『 お 口 で 、 キ ャ ッ チ し て ッッッ !!!! 』 )




 ( おジュクおジュクと、唾液とブレンドした液体を、『 お舌で、嬲(なぶ)り、甚振(いたぶ)って あげちゃう そ の 瞬 間 こ そ が ッッ!! 』 )




( 最ォーッともッ! さわやか酸味でッ!! 『 とっても 果実的(フルーティー) 』 な 瞬 間 なんだよよよよぉ ぉ お お んんッッ ッ !!!! )






     ギィッ ッ ッ・・・・ ラァァァ ァ ア ア アアア!!!!(メタリック・サンキストは、百文字をガン見するッッ!!!)





「ソウッッ!!」



「ソレハ、残虐ファイト ノ 果テ ニ ッ ッ ! ! ! 」




「 『 ピクリ トモ 動 カ ナ ク ナ ッ タ 、 対 戦 相 手 ニ モ  似  テ  ・・・・  ッッッ ! ! ! 』 」





  そして、メタリック・サンキストはッッ!!


  倒立状態の己の頭部を軸にしッ! さながら独楽(こま)のようなッ!


  竜巻ッ! 巻き起こるが如くの激烈な回転(スピン)を 実 行 す る ッ ッ ! !






ギュルルルルルウ ォォ オ オ オ オ オ オ オオオオオオオオ!!!!! (  大回転ェェェェエエエンンーーー ッ ッ ! ! )






「 君 ガ ァ ァ ア ア ア ア ア ア ーーーー ッ ! 」



 回転ンンーーーッッ!!



「 死 ヌ マ デ ェ ェ エ エ エ エ エ ーーーーー ッ ッ ! ! ! 」



 回転ェェェンンンンーーーッッ!!



「 『  ブ  ッ  コ   ロ   死   』 ヲ 、 止 メ ナ イ ィ ィ イ イ イ ーーーーー ッ ッ ッ ! ! ! !  」 




 さながら、巨大な『 ミ キ サ ー 』 だぁ ぁ ぁ あ あ あ あ あ あ あああああーーーー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! !









     ギ ィ ィ ャ ヤ ヤ ルル ルルル ルル ル ル





                ルルル ルル ル ル  ル ォ オ オ オ オ オ オ オ






         オ オ オ オ ギャンギャ ン ギ ャ ン ギ ャン ル ルル ル ル ルルルル






                 ルゥゥゥゥルルルルゥゥルルゥォォオオオオ オ オ オ オ オ オ オオオオ オ ッ ッ ! ! ! !







「 『  メ イ ア ・ ル ー ア ・ ジ ・ サ ン キ ス ト ・ オ ー レ ン ジ ィィ ィ イ イ イ ッ ッ ッ ! ! ! ! 』 」



( 100果汁のオレンジジュースを作るが如くの、ミキサー的な、メタリック・サンキストの オ ー レ ン ジ な キ ィ ィ イ イ ク ッッッ ! ! )




   ・
   ・
   ・

   ・

   ・





・・・・





百文字は、見据える。


先に喰らった・・・。


『メイア・ルーア・ジ・サンキスト・オーレンジ』の廻蹴撃は、全身に鈍くも残る『 鈍 痛 』 。



痛みは、感覚を狂わし。


何をするにしても、その精度は、ガタガタに落ちるだろう。



そして。


今から繰り出す『この賛歌』は・・・。





 『 既に、大蛇毒砲に、破られた、賛 歌 で あ る ッ 。 』





     ー 条 件 は、 最 悪 だ ッ 。 ー





先の死闘で破られた技に、縋(すが)りつかねばならない『 不 安 定 』。


確かな精度で、その技を行えない『 不 確 定 』。



そして・・・。


迫りくる・・・ッ。




  『 巨 大 ミ キ サ ー の 如 き 、 メ タ リ ッ ク ・ サ ン キ ス ト  ・ ・ ・ ッ ッ ッ ! ! ! ! 』





ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド




条件は、最悪だ。


正に、一縷(いちる)の望みに、全てを託す事となる。




だが・・・・ッ!




「レスラーへの賛歌・・・・ッ!」



「その・・・ッッ!!」




 百 文 字 は 、 己 を 振 り 絞 る ッ ッ ! ! !





 「 『  2 8  ー ー ー ーーー ッッッ ッ ッ ッ ッ  ! ! ! !  』 」  





 己は、このメタリック・サンキストと死合いッ!


 己は、この鈍痛の中、立ち上がりッッ!!



 そして・・・ッ!


 今 の 今 ・・・ ッ ッ ! ! !




    『 今 、 自 分( お の れ )に 、 一 体  何 が 出 来 ッ ! 』


    『 今 、 自 分( お の れ )に 、 一 体  何 が 出 来 る か と ッ ッ ! ! ! 』




  『  淘  汰 (  え  ら  ) び  続  け  た   自  分 (  け  っ  か  ) が 、



 今  此  処  に  在  る  が  故 、 こ  う  し  て  採  択 ( 賛  歌 ) し  放  つ  の  だ  ッ  ッ  !  !  』






受 け て 見 よ ・・・ ッ ッ ! ! !



メ タ リ ッ ク ・ サ ン キ ス ト よ ッ ッ ッ ! ! !




   『  レ ス ラ ー へ の 賛 歌   そ の  2 8  ・ ・ ・  ッ ッ ッ ! ! ! 』




    そ の 名 も ッ ッ ッ ! ! !





「  『  ハ  ン  ド  レ  ッ  ド  ・  タ  イ  フ  ー  ン   ッ  ッ  ッ  ! ! ! !  』  」




   ・
   ・
   ・

   ・

   ・




 ゴ ォ ォ キ ャ ァ ァァ アア ア アア アア ア ア ア ア ア ア アア ア ア ア ア ア ア ン  ンン ン ン ッ ッ ッ ッ ! ! !






ーーーーーー


 ・・・続く。