×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




記憶(おぼ)えている、百文字(ハンドレッド)・・・?



もう40年も昔の事。
日本国。初めて地下プロレスのリングに降り立った貴方を迎えるのは、薄ら笑みを浮かべる対戦相手。


『マスク・ド・サンキスト』


彼は、ルール無用の残虐ファイターと呼ばれる『 覆面レスラー 』であった。




・・・・




○クロガネの賛歌・第3章 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー



 「 記憶(おぼ)えている、百文字(ハンドレッド)・・・? 」






・・・・





「オーレンジ。 オーレンジ。」



マスク・ド・サンキストは、脈絡も無く、1単語を呟くと。

続け様に、百文字に話しかけてきた。




「ボクがね。」


「謎の覆面レスラー『 マスク・ド・サンキスト 』 と言う、

 とてもスティッフ(直訳は「堅い」。転じて「妥協の無い」を意味する)な『 地下プロレスラー 』だよ。」



「得意の残虐ファイトでね。」

「君の様な新人(グリーンボーイ)をね。」




    「 『 ブッコロ死 』 をするのが、お仕事なんだ。」




    ・・・ ニ マ ♪ (マスク・ド・サンキストは、微笑みながら、話しかけている。)




「ジ・ハンドレッドと言うそうだね。」




    ・・・ クィ 。 (マスク・ド・サンキストは、アゴで、観客達を指し示す。)




観客達は、皆、奇声を挙げている。



「「「キル・ザ・ハンド(レッド)!」」」


「「「キル・ザ・ハンド(レッド)!」」」


「「「キル・ザ・ハンド(レッド)!」」」


「「「キル・ザ・ハンド(レッド)!」」」




    ・・・ ニ マ ァ〜〜ンン ♪ (マスク・ド・サンキストは、満面の笑みを浮かべながら、百文字に語りかける。)




「まるでね♪」

「『100%果汁のオレンジジュース』のような、濃厚な叫び声だろう♪♪」




    ・・・ キ ス ト ♪  キ ス ト ♪  キィィ〜〜 〜 〜 ス ト ♪ ♪  (マスク・ド・サンキストは、笑い声を挙げる。)




「皆、ボクの残虐ファイトでね!」


「君が『 煮込み過ぎたオーレンジ 』のように、


『 見 る も 無 残 な 姿 』 になる事を望んでいるのだよ!!」




    ・・・ キィィス キスキス  サ  ン  キ  ス  ト ッッッ ! ! ! (マスク・ド・サンキストは、馬鹿笑いを続けている!!)




「解るよね!」

「ジ・ハンドレッドくん!!」


「君はね! ボクに『殺される運命』なんだよ!!」




    「 ビ ッ ク リ す る く ら い に 、 果 実 的 ( フルーティー )に さ っっっ !!!! 」





「言い残す事がね!」

「あるンだったらね!!」


「聞いて置いてあげちゃうよよよよぉぉ〜 〜 〜 ん ん ん ! ! ! ! ! 」




    「 ジ !  ハ ン ド レ ッ ド く く く く ぅぅぅぅうううううう〜〜〜〜〜〜ん ん んん ! ! ! ! 」






「。」


百文字は答えない。




    ・・・ ピ タ ッ ! ! ( マスク・ド・サンキストは、その笑い声を止めたっっ!! )





ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ




「君ってね・・・。」

「とっても渋いオーレンジの様みたいだね。」




「ボクの心は今ね・・・。」


「オレンジを濃縮還元する時のように『 一度、絞りきってしまいたい気分 』になってしまったようだよ。」




「この絞りきってしまいたい気持ちをね・・・。」


「君と言う渋い果実(ボディ)に、ブツけきった後・・・。」


「『水分を加えて(飲んで)』・・・。」


「濃縮還元が完了し、100%果汁のオレンジジュースになった時のような・・・。」


「『サワヤカ酸味』の、『 フルーティーな気持ち 』になりたいと思っているよ・・・。」





    ギ ィ ッ ! ! (マスク・ド・サンキストの、両眼尻がつり上がるっっ!!)





「ゴングを待とうか。ジ・ハンドレッドくん。」




「もうすぐ君は、ボクに『ブッコロ死』される・・・!!」





そう言うと、マスク・ド・サンキストは。




   ゴク。 ゴク。 ゴク。 (コーナポストに置いてある、『100%果汁のオレンジジュース』を、飲み干して。)




シィン・・・・。(静かにゴングが鳴るのを待った。)





そして、程無くして。






  カァァ ァ ァ ア ア ア ア ア ア アア ア ア ン ン ン ンン ! ! ! ! ! ! ( ゴングが打ち鳴らされた!!! )





・・・・




いきなりだ!


いきなりの事であった!!



マスク・ド・サンキストの口から『何か』が迸(ほとばし)る!!




   ブッッシャァァアアアアアアアアアアアアアアアア!!!! ( オレンジ色の液体ッ! 『100%果汁のオレンジジュース』だッッ!! )




マスク・ド・サンキストが、死合前に飲んでいたモノだ!

マスク・ド・サンキストは、オレンジジュースを飲み干したと見せかけて、全てを飲み込まずに口の中に残しておいたのだ!!



  ソイツを、口中から、百文字の顔目掛けて噴射をするッッッ!!!!



言うまでも無く『 オレンジジュースは、 酸 性 の 液 体 ッ ! !  』


一粒でも眼球内に入り込めばッ!

染みては、荒れ狂う、酸の所業ッッ!!



 『 瞼(まぶた) は 、 固くも  閉 じ ら れ る ゥゥゥーー ー ー ッッッ ! ! ! 』





(キィィス キスキス  サ  ン  キ  ス  ト ッッッ ! ! !)



(ゴングが鳴り響くと同時に、この奇襲攻撃ッッ!!)




(これから君はねッ!)


(丸ごとミキサーに掛けられるオーレンジが、容器の中の刃によってねッ!!)

(粉砕して混ぜる時に発生する『 けたたましい 混合重音(ミクシーサウンズ) 』のような、酷い声をだねッッ!!)



(吠えてねッ!)

(叫んでねッ!)


(泣きベソをかきながら、この『マスク・ド・サンキスト』の恐ろしさを『 思い知って行く事 』になるンだよよよぉぉぉぉおん!!!)





    ( ジ !  ハ ン ド レ ッ ド く く く く ぅぅぅぅうううううう〜〜〜〜〜〜ん ん んん ! ! ! ! )




(『ブッコロ死』を、させちゃうからねねねねぇぇぇぇえええええんん!!)


(こぉぉぉぉれが、ルール無用の残虐ファイトがウリのぉぉぉおおおおッッ!!)




(謎の覆面レスラーッ! スティッフの『 マ ス ク ・ ド ・ サ ン キ ス ト 』の荒技の数々ぅぅぅうう う う う ううう ! ! ! ! )





                      「  う ッ ッ ! ! ! ?  」





これが、マスク・ド・サンキストの最後の一声となった。





・・・・




ブッッシャァァアアアアアアアアアアアアアアアア!!!! ( オレンジジュースが、噴き出されるよりも速くッッ!! )




  ド ッ ッ ゥゥ ゥ ウウ ウ ン ッ ッ ! ! ! ( 高くも跳ぶは、ジ・ハンドレッドッッ!!! )






   ー グ ゥ ・・ ・ ン ッ !

     空中で横転ッ! 加るるにッ!!



  ー ズ バ ァ ァアアアーー ン ン ッ ッ ! !

    捻り、それ即ち、『 踵 、 廻 脚 (えんきゃく) 』と化すッッッ!!!!!







「 『  レ ス ラ ー へ の 賛 歌  そ の  1  ッ ッ ッ ! ! !  』  」




「『 前田独特の軌道を描くッ! ニ ィ イイ ル  ・ キ ッ ク ゥ ー ッ ! !




     大  車  輪  キ  ッ  ク  で  あ  る  ッ  ッ  ッ  !  !  !  !  』 」





   ゴ ッ ッ ッ  バァ アアア アア ア ア ア ア(レスラーへの賛歌その1ッ! 必殺の『 大車輪キック 』をォーッッ!! )





     ー「 当 た り 前 田 の ォ ー ッ ! ! 」





         アアア ア ア ン ア ァ ァ ア ア ア ア ア ( 得意満面の『マスク・ド・サンキスト』の前頭部、目掛けてッッ!!! )





「 『  ク  ラ  ッ  カ  ァ  アアア ア ア ア ア ア ア ア ア ー ー ーーー ッッ ッ ! ! !  』





             ア ア ン ア ァ ァ ア ア ン ッ ッ ッ ! ! !( 叩 き 落 と し た ァ ァ ア ア ーーー ! ! )




 ・

 ・

 ・



 ゴ ッ  ッ ッッッ  ( 鈍くも。 )


 ・

 ・


 ズッッ ォ オ オ オオ オオオ・・・・・・ ッッッ!!! ( 重 音 鳴り響く 。 )





鈍器を。

額の上部に、殴り打ち据えたかのような。



    『 頭 蓋 骨 の 陥 没 。 』




マスク・ド・サンキストは即死した。


マスク・ド・サンキストが・・。

残虐ファイトとして、どのような手口を考えていたか解らないが・・。


そのほとんどを出させずにして・・。



 『 百 文 字 は、 勝 っ て の け た の で あ る ッッ !!! 』





  ー マスク・ド・サンキスト 男 年齢(謎の覆面レスラーの為、不詳。)

    必殺技 対戦相手を『ブッコロ死』



           ・・・ ・ ・ ・ ・ 『  死 亡 。 』





・・・・




観客達は皆、驚愕をした。

呆れかえる程の強い、その男(ジ・ハンドレッド)に・・・!



そして。

程無くして。




 ウォォォォオオオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オオ オ オオ オ オオオ オ オ オオオ オ オ  オ オ オ ! ! ! ! !




大歓声が巻き起こるッ!!!




「「「 ジッ! ハンドッ! レッドッッ!!! 」」」


「「「 ジッ! ハンドッ! レッドッッ!!! 」」」


「「「 ジッ! ハンドッ! レッドッッ!!! 」」」


「「「 ジッ! ハンドッ! レッドッッ!!! 」」」
「「「 ジッ! ハンドッ! レッドッッ!!! 」」」
「「「 ジッ! ハンドッ! レッドッッ!!! 」」」

「「「 ジッ! ハンドッ! レッドッッ!!! 」」」
「「「 ジッ! ハンドッ! レッドッッ!!! 」」」

「「「 ジッ! ハンドッ! レッドッッ!!! 」」」




 カァン カァン カァン カァン カァン カァァ ァ ア ア ア ア ア ア ア ン ン ン ! ! ! ( 死合終了を知らせる、ゴングが、鳴り響き・・・。)





スゥ・・ッ(百文字は悠然と、リングを降りる。)





 ト・・ッ(緩やかな速度で、闊歩をする。)


 ト・・ッ(百文字こと、ジ・ハンドレッドに・・。)




ワァァア ア ア ア ア ア ア ! ! ! (観客達は群がっていく。)




「ハンドレッド最強ォォォオオオオオオオオオオオオ!!!」


  ペタ。(百文字の体に、万札を貼り付ける。)


「プロレス最強ォー! 久っっさびっっさに、オーソドックスなプロレス殺法を見たぜぇー!!」


  ペタ。(他の観客も、百文字の体に、万札を貼り付ける。)


「藤波に大車輪キックをブチかました、前田日明みてぇーだったぜぇー!!」


  ト・・・ッ(そんな事など、もろともせずに。)


「キックの千手観音ってかぁー? 次は、キャプチュードやってくれよ!キャプチュード!!」


  ト・・・ッ(闊歩をするは、百文字 豪介。)




 ト・・・ッ(そして、その向う先には。)




浅黒い肌をしている・・。

『 黒髪の女性 』が一人佇む・・。




黒髪の女性が、百文字に語りかける。



「上出来よ、ハンドレッド。」




百文字は・・・。


「。」


答えない。






「行くわよ、ハンドレッド。」


「この世は残酷かも知れない。」


「けれども。暗闇の荒野に進むべき道を切り開いていく『覚悟』を持つなら・・・。」


「いつの日か。辿りつける『真実』へと向かっていけるのかも知れない。」




そして二人は、共に会場を後にした。





・・・・




記憶(おぼ)えている、百文字(ハンドレッド)・・・?



私達には『夢』があった。




記憶(おぼ)えている・・、百文字(ハンドレッド)・・・?



それを掴む為には『お金』が必要だった。




今となっては、もうどうでも良い事かも知れない。

けれども、あの時。
私達は毎日が我武者羅(がむしゃら)だった。



 ・・・自由を手にする、 た だ そ の 為 に ・・・・・ ! ! !




永遠とも思える、年月を積み重ね・・・。



20数年前のあの日。





『 大蛇 毒砲 (おろち どっぽ) 』との、 『 Fist or Twist  ( 拳 か、関節技 か・・?)  』





記憶(おぼ)えているかしら。百文字(ハンドレッド)・・・?



虎すらも素手で屠りさる世紀の空手家。




記憶(おぼ)えている・・、百文字(ハンドレッド)・・・?



『肉体の外部と内部の同時破壊』を特徴とする『 大蛇流 』の継承者・・・。




     『  人 喰 い 大 蛇  の  大 蛇  毒 砲  ・・・・ っ 。 』





知っているかしら。百文字(ハンドレッド)・・・?


その娘は、相手を見下してかかると言う、悪癖があるモノも・・。


『空手界の最終兵器』『空手を終わらせた女』等、数々の異名を持つ天才として、空手界に名を馳せているそうよ。




 


『 空手を終わらせた女 ・ 大蛇 勝美  』






そして、20数年前のあの時。

地下プロレス界に『絶対王者あり』と耳にした、『大蛇毒砲』は、貴方に死合を挑んできた。



柳生月心斎の立ち会いの元。

闇夜の中、毒砲と、血で血で洗う血戦を繰り広げる貴方。




私はじっと待ち続けた。


誰に言われた訳でもない。
誰に頼まれた訳でもない。



「敗北が許されないのは、私とて同(おんな)じ事。」

「貴方が死す時は、この私も死す時よ。」



「この私に腹を掻っ捌く真似をさせたら、死んでも恨んで嫌味を言い続けてやるわ。 百文字(ハンドレッド)。」




私は、じっと待ち続けた・・・。



永遠とも思える・・・。


静寂の瞬間(とき)を・・・。


幾度も幾度も、繰り返しながら・・・・。


私は、じっと待ち続けた・・・。




   ・・・・・(待ち続けるは、一室。)


   ギィ・・・(開かれるは、その扉。)





帰還をした貴方は、鮮血に塗れていた。


貴方は、毒砲の右目を抉(えぐ)り潰すと同時に、脳に損傷を与えた。

毒砲は、必殺の六波返し(ろっぱがえし)にて、百文字の頭蓋骨の縫合を外した。


共に脳が損傷(こわ)れ・・・。

ただ肉体(にく)のみが、敵者を欲し。

餓えた狼の如く、互いを壊し合った。



   ・・・だが、勝負は付かなかった。



しかし、こうして『私』のトコロへと帰ってきた。

そこに言葉は要らなかった。




 パチ・・。  パチ・・。  パチ・・。  パチ・・・。 (生ぬるい速度で、行われる手拍子。)




「クックックッ・・・・。」

抑揚が無く、気味の悪い、薄ら笑みの声が響き渡る・・。



 ・・・・ッ!! (私は、視線をドアに向けた。)




ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド




「『人喰い大蛇』と戦い、生きて帰って来れるとはな。」


「だが、その傷。」

「もう元のような動きは出来まい。」



「大蛇のように『帰れる場所』が無い君達にとって、『それが何を意味するか』解らぬ訳ではあるまいね?」




レディは返答(こた)える。


「その通りだわ。」

「のっぴきがならない位に、耳が痛いお話。」


「けれどね。」

「『無礼』と言う行為に、値するんじゃあなくて?」


「人様の部屋に、ノックもせずに入り込むだなんてね・・・。」






    ー 悪魔の頭脳を持つ科学者・・・。



     『 D r . 劉  』 ・・ ・ ・ ・  っ !








『 悪魔の頭脳を持つ科学者 ・ Dr.劉  』


 



ーーーーーー





 ・・・続く。