×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






それは繊細な音色であった。
それは事細かな調べであった。


レゼルヴェ国内・・・。
とある軍事施設の・・・。



   ー その一室




ピシィ・・・ッ!




金属音が静かに響く・・・。
それは『刃物』が、ひび割れた音。



東洋のセキ、西洋のゾーリンゲン。
刃物の街と誉れ高い『岐阜県・関市』の刀匠が鍛えし・・・。



   この『匕首(小刀)』。




20数年前のあの日・・・。



『柳生月心斎』の立ち会いの元、行われた・・・。



『 日本防衛軍空軍長官 ・ 柳生 月心斎  』


 





『 大蛇 毒砲 (おろち どっぽ) 』との、 『 Fist or Twist  ( 拳 か、関節技 か・・?)  』






『 大蛇流空手継承者 ・ 大蛇 毒砲  』


 





あの日も、今日(こんにち)のような闇夜であった。
あの日も、『レディ』は、待ち続けていた。


誰に言われた訳でもない。
誰に頼まれた訳でもない。



「敗北が許されないのは、私とて同(おんな)じ事。」

「貴方が死す時は、この私も死す時よ。」



レディは、正座をする。
レディは、神妙に目前を見据える・・・。



「この私に腹を掻っ捌く真似をさせたら、死んでも恨んで嫌味を言い続けてやるわ。 百文字(ハンドレッド)。」



レディは、そう呟くと・・・。


レディは、じっと待ち続けた・・・。



永遠とも思える・・・。


静寂の瞬間(とき)を・・・。


幾度も幾度も、繰り返しながら・・・・。


レディは、じっと待ち続けた・・・。




   ・・・・・(待ち続けるは、一室。)


   ギィ・・・(開かれるは、その扉。)





帰還をした巨身は、鮮血に塗れていた。


百文字は、毒砲の右目を抉(えぐ)り潰すと同時に、脳に損傷を与えた。

毒砲は、必殺の六波返し(ろっぱがえし)にて、百文字の頭蓋骨の縫合を外した。


共に脳が損傷(こわ)れ・・・。

ただ肉体(にく)のみが、敵者を欲し。

餓えた狼の如く、互いを壊し合った。



   ・・・だが、勝負は付かなかった。



しかし、こうして『愛する者』の元へと帰ってきた。

そこに言葉は要らなかった。



それだけで、十分であったのだから・・・。



あの日、あの時と同(おんな)じ様に・・・。

悲壮な決意で、待つはレディ・・・。



レディは、ひび割れた『匕首(小刀)』を見つめる。



   ス・・・ッ(レディは、静かに立ち上がると・・・。)


   タッ!(そのまま部屋を出て、駆け出したっ。)



タッ! タッ! タッ! タッ! タッ! タッ! (向う、その先は・・・。)




・『 QX団製多目的ヘリコプター  ・  ド ニ ゼ ッ テ ィ G T − 1 8  』



 レゼルヴェ国が一日革命『コマンタレヴ・ラプソディ』等で、レディが搭乗をした『レディ・ミィラの愛用ヘリ』である。

 一見、非武装の一般ヘリコプターだが、高性能の内蔵機器が搭載されたその性能は『多目的ヘリコプター』の名に相応しい。




   トッ!(レディは、ドニゼッティGT−18に飛び乗ると・・・)





 バルルルルルルルルル ル ル ル ル ル ル ル ゥルルル ゥゥ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウーーーーーーー!!!





 闇の夜空へ、消えていった・・・。







・・・・




○クロガネの賛歌・第3章 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー



 第5話「 暗 中 、 死 す る は 、 黒 衣 か 青 (せい) か ?  」






・・・・




 ゴ ” ッ ” ッ ” ヴ ” ァ ” ァ ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ン ” ン ” ン ” ン ” ! ” ! ”





真 っ 向 ッ !


真 正 面 ッ ! !


真 衝 突 ッ ! ! !





四次元の大拳撃とッ!!


超音震の斬手撃ッッ!!



大圧力と超振動・・・ッ!!



破壊のベクトルは大きく異なるが・・・・ッッ!!




 そ の 大 威 力 ッ !  双  璧  同  等  ( そ う へ き  ど う と ) ッ ッ ! !




対(つい)為す、壊力(かいりょく)、引かず譲らずッッ!!


衝突対峙しッ!! 万力(ばんりょく)が、圧(へ)し合うッッ!!!




耐撃の百文字・・・ッ!


そして、鷲鼻のバトゥロッッ!!




 共に・・・ッ!!


 その驚異を悟り合い・・・ッ!!



 そ し て 、 互 い に 理 解 を し た ・ ・ ・ ッ ッ ! !





 決 戦 (しょうぶ) は ッ !   こ の 一 撃 に て ッ ッ ! !




  勝  者  敗  者  を  分  か  ち  て  、  決  す  る  ッ ッ ッ ! ! ! !






・・・・




 ゾクリーーーーッ!



 戦慄が疾(はし)るッ!




 ゾクリーーーーッ!



 戦慄が背を疾(はし)るッ!




 ゾクリーーーーッ!



 甘い戦慄が、背を疾(はし)り抜けるッ!




 ゾクリーーーーッ!



 背のうぶ毛が、ゾワゾワと立ち上がり・・・ッ!




 ゾクリーーーーッ!



 甘い戦慄が、背を疾(はし)り抜けるッ!






 ゾクリーーーーッ!

 ゾクリーーーーッ!

 ゾクリーーーーッ!

 ゾクリーーーーッ!



 幾度もッ!幾度もッ!幾度もッ!幾度もッ!




 ゾクリーーーーッ!



 疾(はし)っては抜ける『甘美な戦慄』ッッ!!






 ピシィーーーーッ!!


 互いの皮膚がひび割れてッ!



 ジョボゥーーーーッ!!


 互いの体液(油)が、滲(にじ)み漏れッ!



 ゴッ! ゴッ! ゴッ! ゴッ! ゴッ!


 超技が圧(へ)し合う、鈍音(どんおん)が響いてッ!



 ズッッッッォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!


 衝突が『衝撃波』を生み出す最中(さなか)と言うのにッッ!!








 ゾ ク リ ーー ー ー ッッ!!!



 両者の甘い戦慄は、止まる事を知らなかったッッ!!





「 「 『 『 ちぇりぃぃいいいぁぁぁあああ あ あ あ あ ああああ ーーーー ー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! 』 』 」 」



 両者は呼応しッ! 叫んで吠えたッッ!!






・・・・





 麻痺をしているのだろうか・・・?


 両者の感覚は・・?



 否(いいや)ーーーー。



 そうでは無い。


 この高密度の空間・・・っ。


 麻痺した感覚で、乗り切れるヤワな空間じゃない・・っ。


 乗り越えていける、ナマっちょろい空間じゃあない・・っ。




   ーーーー  そ れ は 、 高  揚  を 、 し  て  い  る  の  だ  っ  っ  。




 溶岩(マグマ)の如き、粘着(ぬば)って、燃焼(もえ)る、『 強靭(つよ)い モ ノ 』が、こんこんと溢れ出てくるっっ。




 それは、肉体に属する力なのであろうか・・?


 それとも、精神に属する力なのであろうか・・?


 その両方(どちら)とでも、いうべきであるのだろうか・・?





   ーーーー  形容する事すら、ままならないっ。 『 強靭(つよ)い  チ カ ラ  』が、迸(ほとばし)っているッッ!!!





 この高密度の空間ッ!!


 今、溢れ出ているモノッ!

 今、迸(ほとばし)っているモノッ!



 今、張り詰めているモノを、失った者から、この空間から『脱落』をしていくッッ!!


 今、滾(たぎ)らせているモノを、消失した方から、この空間から『消えて』ゆくのだッッッ!!!






・・・・





恐るべき斬手撃だ、耐撃のっ!


畏るべき大拳撃だ、鷲鼻のッ!




だがな、耐撃の百文字っ!


だが、鷲鼻のバトゥロッ!




私は壱歩たりとて、貴殿に譲るつもりはないっ!


ワシは壱歩たりとも、貴様から引くつもりはないッ!




貴殿もそうであろう、耐撃の百文字っ!


貴様もそうであろう、鷲鼻のバトゥロッ!




なぁ、耐撃の・・・っ!


なぁ、鷲鼻の・・・ッ!




憎しみをバネにするのなら、するが良い・・・っ!


哀しみをバネにするのなら、するがいい・・・ッ!




恨みをバネにするのなら、するが良い・・・っ!!


嘆きをバネにするのなら、するがいい・・・ッ!!






   ーーーー  今 ッ !  こ の 瞬 間 (とき) ッ ッ ! !




      燃 や せ る モ ノ が  ッ ッ ! !   ど れ だ け あ る か だ  ッ ッ ッ  ! ! ! !  ーーーー







「 「 『 『 さ ぁ っ ッ !  い よ い よ 決 戦  !   幕 っ ッ ! !  下  ろ  す  時  っっッッ !!!! 』 』 」 」







 ゴッ!


 超技が圧(へ)し合う。



 ゴッ! ゴッ!


 その鈍音(どんおん)。



 グゴ・・・ッッ!!!


 鈍音(おと)が変化(か)わった。





「死ぬ気か、耐撃の・・・ッッ!!」

バトゥロが呻くっ!


「貴様は、相違(ちが)うのか・・・? 鷲鼻のバトゥロッッ!!!」

百文字が吐き捨てるッッ!!




ィィィィ ィ ィ ィ イ イ イ(百文字が『 サイボーグ能力ッ! 』)




  イ イ イ イ イ イ イ イ イ(『 超聴力 』の源ッ! 超振動を伴う『 超 ッ ! 音 ッッ !!  波 ッッッ !!! 』)






ビッッッシィィィィィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!! ( 百文字から、破滅の音 が す る ッッ!!! )





強靭な体躯を誇るッ! 『耐撃の百文字」と言えどもッッ!!


更なる超音波を発生させッ! 過度の『超振動』を受け続ければ・・・ッ!



   崩れ落ちる事ッ! これ 必 然 ッ ッ ! !



百文字が咆哮(ほえ)るッッ!!!



「ワシは何としても貴様を倒しッ!」


「不倶戴天はアムステラッ!」



「そしてドクトル・ベイベーを『 討 ち 滅 ぼ し て く れ る ぞ ッ !  鷲 鼻 の バ ト ゥ ロ  ッ ッ ッ ッ ッ ! ! ! 』 」





ビキィ! ビキィ! ビキィ!(徐々に・・・ッ!)


ビキィ! ビキィ! ビキィ!(それでも確実にッッ!!)


ビキィ! ビキィ! ビキィ!(崩れ落ちてゆく『 耐撃の百文字 』 ッッ !!! )



バトゥロが咆哮(こたえ)るッッ!!!



「ならば、耐撃の・・・っ!」


「私も己の身を顧みず・・・っ。超加速を行うとしよう・・・・っっ!!」



「 『 加 速 装 ォ ォ オオ オ 置 ッ ッ ! ! ! ! !  』  」






 ーーードォ ン ! !



  ーーそれは・・・っ!

  ーーー正に、錯交した時機(タイミング)であったっっ!!







   グ ッ ッ ッ  ツツ ツツツ ツツ ツ ツ




             ギャア アア ア ア  ア ア ア ー ー ー ァ ァ ァ ァ ァ





     ァンアンアンアンアンァンアン ァ ン ァ ン ァ ンア ン ア ン アンァンアンアンァ





              ゴッッッッガァァアアァァァァアアアア ア ア ア ア ア ア ア アーーー ー ッ ッ ! ! ! !







轟音鳴り響くっ!!


両者、共に、吹きて、飛ばされるっっ!!!




「ぬかった・・・ッ!」

百文字は認めた。


「体駆内に超音波を発している以上・・ッ! 超聴力は死んでいたのだ・・・ッッ!!」

己のミスを。




「下げる頭(こうべ)は、幾らでもあるが・・・っ!」

バトゥロは認めている。


「果たして貴公に許してもらえるか・・っっ!!」

己の過(あやま)ちを。






ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ






さも天空から、振り降ろされたかの如くの・・・。




 ーーー  大  鈍  器  ッッ !!!!!




全長45m。


体重460t。



三日の後。


その深夜。



マドモワゼル平原にて、23の刻(23時)ギガントを待ち受けると果たし状に記述(しる)された・・・っっ!!!




   失 わ れ た 命 の 尊 厳 を 守 る 者 ッッッ !!!!!





ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド





「無粋は承知している・・っ。」



「だがっ!」



「俺には、お前に与えなければならない『 報 い 』があるっっ!!!!」



「Mr.ハンドレッド っっ !!!! 」


「お前の相手は・・・っっ!!」



「この俺と、そして、この『 ク ル イ ・ ケ ン ・ キ ャ ク 』 だ っ っ っ ! ! ! !  」




 クルイ・ケン・キャクがその拳ッッ!!!

 大地に叩きつけッ! 両者を吹き飛ばしたッッ!!!




 そして、その操者こそ・・・ッッ!!





        ーーー 「名無しの新兵(ルーキー)」 ーーー





「勝負は三日の後だ、ハンドレッドっ!!」


「白か黒か・・っ! マドモワゼル平原にて、ハッキリとつけてやるっっ!!」




クルイ・ケン・キャクは、転がっている『鷲鼻のバトゥロ』を拾い上げると・・・・。





  ズッッドォォオオ オ オ オ ー ー ー ゥ ゥゥゥ ! ! ! (跳躍っ! 轟音と共に、去りて消えた・・・・っっ。)





・・・・





暗闇。



そして。


耳が痛い程の・・・。




   『  静 寂  』




このまま、闇に溶けて。


何もかも無くなってしまいそうな、この『暗黒』。




あのまま続行(つづ)けていれば、どうなっていたのであろうか・・・?


否(いいや)。


もし。であるとか・・・。


もしもと言った事を・・・。


論じたトコロで、何の意味など無い。




  百文字は、動けない。



  油(ガソリン)が滲み流れ・・・。



  光を失った眼光、か細く・・・。



  ただ・・・。横たわって・・・。



  ピクリたりとて・・・。



  動く事など出来やしない・・・。




聞きたくもない、金切り声が脳に響く。




(チミは、知っていたハズでちゅ・・・。)




(人は、『やり遂げなければならない事』があるよりも・・。)


(『 今、自分に一体 何 が 出来るのか? 』と言う時にこちょ・・・。)



(『 強 く 成 長 で き る の で ち ゅ ・・・ 。 』)




金切り声は続ける。




(君は、勝負を急いだ。)


(そう。『やり遂げなければならない事』がある為に。)



(徐々に。それでも確実にその体駆が崩れ落ちていた君は・・・。)



(バトゥロの更なる超加速に。 『 耐えうる事が出来なかったでちょう・・・。 』 )





そして金切り声は、答えを言い放つ。





(君は・・・。)




( 敗北したのでちゅよ、 ハ ン ド レ ッ ド  ・ ・ ・・ ッッッ ! ! ! ! )





百文字は答えない。


百文字は・・・。



動けない。






ーーーーーー





 ・・・続く。