×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! (細かい跳躍を繰り返す・・・。)



ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! (機械音・・・。)



  ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! (その音の主、『鷲鼻のバトゥロ』。)





 ー とても・・・。とても『青い男』であった。



先が鋭く。下に曲がった鼻を持ち。
青い外套を身に纏(まと)い。

静謐(せいひつ)を覚える、顔立ちをし。
年月(としつき)を感じる、皺(しわ)が刻み込まれ。

整った頭髪と。整った顎髭(あごひげ)と。

髪が青くて。顎髭(あごひげ)も青くて。

眉も青い。




 ー アップライトスタイル



体を真直ぐにし、拳を構える戦闘スタイルを取り・・・。




目前の黒服の男。



『耐撃の百文字』と相見(あいまみ)える。






・・・・






 グ ・・・ッッ!! (百文字が・・・!)


  グッ グググ グ・・・ッッ!! (両の腕を広げるッッ!!!)





 ー それは、黒づくめの男であった。



スーツだって黒いし・・・。
靴も黒い。帽子も黒い。手袋も黒い。

色素の薄い肌が、その黒を際立たせ。
黒づくめのその姿が、岩を人型にくり抜いたようなその巨体と顔に映える。

鷹(たか)や鷲(わし)を連想させる猛禽類のような目を持ち。


『油臭(ガソリンしゅう)』と『機械音』がするその男。




 ー ストロングスタイル



日本国不世出の大プロレスラー・『猪木寛至(本名)』が提唱した『実力主義のその信念』に基づいて・・・。




目前の青服の男。



『鷲鼻のバトゥロ』を、睨(ね)みつける。






・・・・



生(い)きている・・ッ。
生存(い)きていると・・ッ。


そう信じ疑う余地すら無かったぞ、鷲鼻の・・ッッ。


貴様ほどの男が、あの痴れ者(ドクトル・ベイベー)の動乱の最中(さなか)ッ!
組織用無し(シークレットペニス)の令の中、死に絶えるハズが無いとな・・・ッッ!!



  『  鷲 鼻 の バ ト ゥ ロ ・ ・ ・ ッ ッ ッ  ! ! !  』



この度の(立体)映像騒ぎッ!
さも、あの痴れ者(ドクトル・ベイベー)の仕業(イタズラ)の如く振舞っておったがッッ!!


あの青文字ッ!

忌々しきはその響き『シークレットペニス』と言い放つのではなくッッ!!
貴様が承(うけたまわ)ったであろう『ギガント破壊指令』と言い放ったその事柄が全てがッッ!!!




  『 ドクトル・ベイベーの命を受けッ! 』



  『 尊 敬 の 念 を持ちて ッ !


    遂行をしている 貴様の仕業 であると 窺(うかが)い知れたぞ ッ ッ ! !  』





貴様が何を想いッ!

如何なる動機(りゆう)で、あの痴れ者(ドクトル・ベイベー)に付き従うかは知らぬッ!!



だがな、鷲鼻のッッ!!



『 生まれた日は違えどもッ! 』


『 共にQX団の名の下に、数々の悪事に手を染めて来た、互い互いであるッッ!! 』



ならば、鷲鼻のッッ!!




『 仇為す事、美徳とすッ!


  反 逆 的、尊 厳( デ ィ ガ ナ チ ィ )の 名 に 置 い て ッッッッ ! ! !  』





『 滅し、失われるまで、荒れ狂う事のみが、 相 応 し い  ッッッ ! ! ! ! !  』






・・・・




そうだ、耐撃の・・・っ!


願わくは闘争っ。誇り高き決着っ。
然れども、その誇り『流血にて残酷っっ!!』


退廃的にて・・・っ。破滅的な『その思考っっ!!』



  『 其処に・・・っ!! 』


  『 美しいモノなど、何も無い・・・っっ!! 』



だがな、耐撃のっ!

例え其処に、美しいモノが何も無くともっ!!
私は尊敬の念を持って、この決着を『 捧げようっっ!!! 』



一人は、貴殿の為っ。

二人は、あのお方の為っ。



そして・・・。



    『 もう一人・・・ッッ!!! 』





 ギシュ!! ギシュ!! ギシュ!! ギシュ!! (跳躍の間隔が・・・ッ!)



 ギュ!! ギュ!! ギュ!! ギュ!! ギュ!! ギュ!! ( 狭 ま る ッ ッ ! ! )




そうっ。
その『もう一人っっ!!』



 その『もう一人とは・・・っっっ!!!!』





 ーーー 『 俺 は 、 強  く  生  き  る  ン だ っっっ !!!! 』 「名無しの新兵(ルーキー)」 ーーー





貴公(その、もう一人)の為ならばっ!


この鷲鼻のバトゥロ、粉微塵になろうとも悔いは無いっっ!!




 ーーーそして、鷲鼻のバトゥロはっ。




「 『 加 速 装 ォ ォ オオ オ 置 ッ ッ ! ! ! ! !  』  」




 ーーー『カチリ』と物音一つを立ててっ。



  ーー己に奥歯に内蔵されているっ。

  ーーー『加速装置』の起動ボタン(スイッチ)を、舌で押したっ。




「 『  四 次 元  ビ  ジ  ョ  ン  ッ ッ ッ ッ  ! ! ! ! ! !  』 」




 ーーードォ ン ! !



  ーー鷲鼻のバトゥロがっ!

  ーーー加速領域(常人超えた速度感覚)に達するっっ!!




ー 故にバトゥロの『その視界』は・・っっ!!





キィーン キィーン キィーン

「『止まって見えるな、耐撃のっ!!』」




キィーン キィーン キィーン

「鍛練重ねし『 四次元ボクシング 』っっ!!!」




キィーン キィーン キィーン キィーン キィーン キィーン キィーン

「『 畏 怖 』、値するか否か、味わって頂こうぞ、耐撃の百文字ぃぃいいーー っっっ ! ! ! ! 」





 ー ヒュン


風切る音がしたっ。



 ー ヒュン
 ー ヒュン
 ー ヒュン
 ー ヒュン


幾重にも、それが重なり響くっ。



 ー ヒュン

   幾重にもっ


 ー ヒュン

   幾重にもっ


 ー ヒュン

   幾重にもっ

 ー ヒュン

   幾重にもっ!

 ー ヒュン

   幾重にもっ!!

 ー ヒュン

   幾重にもっ!!!



   ・
   ・
   ・

   ・

   ・


重なり合ったその音々(おとおと)は。

あたかも、もう一つの『次元』であるかのように、其処に存在をしていた。


そう。



まるで『 四 次 元 』のように・・・ッッ!!!





・・・・




○クロガネの賛歌・第3章 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー




 第2話「 四 次 元 ボ ク シ ン グ 」






・・・・




・『 四 次 元 ・ 拳  闘  術 ( よ じ げ ん ・ ボ ク シ ン グ ) 』



 QX団製サイボーグ・鷲鼻のバトゥロが編み出した、独自の戦闘スタイルッ!

 内蔵された『加速装置』を起動させ、高速移動を繰り返し『風切り音』が幾重に重なり合うその様を、
 我々が住むこの世界『三次元』の枠を飛び越えたもう一つの次元ッ!



『 四 次 元 』と例えられる、『 ボ ク シ ン グ 殺 法 』 で あ る ッ ッ ! !



 超高速で行われる数々の拳撃は、正に驚異ッ!
『次元を超えた 拳 闘 術 』であると言われるが・・・ッ!


 だがッ!


 それだけでは『 四 次 元、 足 り え な い ッ ッ !!! 』




ヒュン! ヒュン! ヒュン! ヒュン! ヒュン!

「とくと味わって頂くぞ、『 四 次 元 世 界( ワ ー ル ド ) ッ ッ ! ! 」






「 『 ちぇりぃぃいいいぁぁぁあああ あ あ あ あ ああああ ーーーー ー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! 』 」






  ド ォ ォ オ オ オ オ オ オ オ オ オ ン ( 更に超加速ッッ!!! )





ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(更に加速をしたバトゥロはっ。)

ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(百文字を中心に・・・っ。)


ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(『円』を描くっっ。)


ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(半径は10mっ。)


ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(描かれる円は、二次元の『丸』では無くっ。)


ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(宙空を跳躍する事により、描かれた・・・っっ。)





  ヒ ュ ッ ッ ッ ツ ツ  バ ァ ァ ァ ア ア ア ア ア ーーーーーー ッッッ!!! ( 『 半 球 っっ 』 )






百文字を中心とする、バトゥロが描き続ける『半球』は・・・っ。

重なり合う『風切り音』と。

描かれ続ける『半球』とで・・・。


外界から閉ざされた『密閉空間』を作り出し・・・。


あたかも。

もう一つの『次元』であるかのように、其処に存在をしていた。




だが。



それだけでは『 四 次 元、 足 り え な い ッ ッ !!! 』





・・・・




百文字は動かなかった。


否(いいや)。


動く事が出来なかった。




  ヒィユゥウウウウウウウウウウウウウウウウ(超高速で動き続ける『鷲鼻のバトゥロ』に・・・。)



  ゥゥゥゥゥゥウウウウウウウウウウウウ(『半球内』の空気が『吸い寄せられ続ける。』)




  ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウウ ウ(徐々に『真空』へと近づく『球内』。)




  ウ ウ ウ ウウウ(それは、さながら・・・。)





     ウ ッ ッ ツ ツ  ヒ ィュ ゥ ゥ ウ ウウ ウ ーーーー ッッッ !!!!(『マグデブルグの半球』のように。)




〇「 マグデブルグの半球 」



 物理学者オットー・フォン・ゲーリケ(1602〜1686)が行なった大気圧を示す実験。
 縦に二つに割ったメロン程度の大きさの『金属製の半球』を、すきまなく接合をし、ゲーリケ自らが発明した『真空ポンプ』で中の空気を抜く。

 半球はぴったりとくっ付いてしまい、どんなに引っ張っても外れる事が無く16頭の馬が双方から引っ張り、ようやく半球は外れたと言う。

 この実験は当時否定されていた『真空』の存在を証明する事になったが、
 このように密閉空間の空気を抜き続ける事は、『圧倒的圧力』を生み出し大変危険であると言えるだろう。






百文字を中心とする、バトゥロが描き続ける『半球』は・・・っ。

重なり合う『風切り音』と描かれ続ける『半球』とで、
外界から閉ざされた『密閉空間』を作り出し・・っ。

その密閉空間は『真空』ッ!

大気圧による『大圧力空間』を生み出したッッ!!


あたかもッ!!

もう一つの『次元』であるかのように、其処に存在をしていたが・・ッッ!!




まだッ!



『 四 次 元 に は 、  足  り  え  な  い  ッ  ッ  ! ! !  』





・・・・



(そうだ、鷲鼻のッ!)

(貴様の実力は『こんなモノでは無いッッ!!!』)




  グギュ! グギュ! グギュ! グギュ!(大気圧による『大圧力空間』の中・・・ッ!!)


  グギュ! グギュ! グギュ! グギュ! グギュ!(百文字は、知り得て居たッッッ!!!!)




(凄まじい空間だッ!)

(ただ立つ事すら、ままならぬ空間だッ!)



(だがな、鷲鼻のッッ!!)



(この空間の『持続時間』はどのくらいだ?)



(如何に貴様が、超高速で動きッ!)


(飛び跳ねる事が出来たとしてもッッ!!)




   (無限に行える訳ではあるまいて、鷲鼻のバトゥロッッ!!)




(この空間を用い『然るべき一撃』を放つ事によりッ!!)



(『四次元ボクシング』足りえるハズッッ!!)





 グンッッ!!!(耐撃の肉体がッ!!)


 グッッ オォォォオオオオオ!!!(肥大しッ! 大圧力を跳ね返すッッ!!!)





(来いッ!鷲鼻のッッ!!)


(こんな児戯(チャチ)な空間一つで、ワシを仕留められると思っている訳であるまいなッッ!!!)




「生っちょろいぞ、鷲鼻のッッ!!!」


「この程度で『四次元』足りえると充足(おも)うのかッ!! 鷲鼻のバトゥロォォオオオオオーーーーッッ!!!」



  ー 百文字が咆哮(ほ)えたッッ!!





・・・・




(そうだ、耐撃のっ!)


(貴殿の実力、『このようなモノでは無いハズだっっ!!!』)




  ヒュバ! ヒュバ! ヒュバ! ヒュバ!(大気圧による『大圧力空間』の生み出す・・・っ!!)


  ヒュバ! ヒュバ! ヒュバ! ヒュバ! ヒュバ!(超加速続ける者の名、鷲鼻のバトゥロっ!!)




(この大圧力空間っ!)

(ただ立つ事すら、ままならない空間ではあるがっ!)



(だがな、耐撃のっっ!!)



(この空間、まだ『四次元』には足りえないっ!!)



(如何に貴殿が、耐撃を二つ名としっ!)


(頑健丈夫を誇ろうとっっ!!)




   ( 防ぎきれぬ『この一撃』こそが、四次元足りえるのだ、『 耐 撃 の 百 文 字 っ っ ! ! 』 )




(この空間を用い『然るべき一撃』を放つ事によりっ!!)



(貴殿に捧ぐる『四次元ボクシング』と、相成り完遂(かんす)っっ!!)





 グンッッ!!!(鷲鼻のバトゥロがっ!!)


 グッッ オォォォオオオオオ!!!(最後のっ! 超加速を決行するっっ!!!)





(行くぞっ!耐撃のっっ!!)


(願わくは闘争っ!誇り高き決着っ!!)




「然れども、その誇り『流血にて残酷っっ!!』」


「其処にっ!美しいモノなど、何も無いっっ!! 耐撃の百文字ィイイイーーーーッッ!!!」



  ー バトゥロが咆哮(ほ)えるッッ!!





・・・・





  グォォオオオオオオ!!!! (鷲鼻のバトゥロがッ!!)



    ォ ォ ォ ォ オオ オ  オオ オ オ オオオオ (最後の超加速を、決行(おこな)うとッッ!!)






 シ ュ ゴ ォ ォ ォ ォ  オ オ オオオ オ オ オオオオオオオオオ!!!!!! (半円を描いていた空間ッ!)



      ォ ォ ォ ォ オオ オ  オオ オ オ オオオオ (空間を覆っていた『空気の全て』が、吸い寄せられてッッッ!!!!!




    オ オ オ ォ ォ ォ オ オ オンオ オ ン オ ン ンオ オ ン オ オ  ンン !!!!(バトゥロの肉体を覆ったッッ!!!!)






ーーーーー 「  『   四 次 元 ボ ク シ ン グ ・ 究 極 奥 義  ッッッ  !!!!!!   』  」  ーーーーーーーー





  ズ ォ ォ ォ ォ オオ オ オ オ  オオ オオオオオオオ オオ オ オオオ オ オ ! ! ! ! (バトゥロが突撃するッッ!!)




 ー 直進をするバトゥロにッッ!!


 ー 空間を覆っていた、空気の全てッッ!!


  即ち『空気圧』の塊(かたまり)が、 鎧となって 纏(まとわ) れ る ッ ッ ! ! !




 ズ ォ ォ ォ ォ ォ オオ オ オ オ  オオ オオオオオオオ オオ オ オオオ オ オ ! ! ! ! (バトゥロが突撃をするッッ!!)




 大圧力空間を生み出した、空気的大移動の果てに生み出された『空気圧の塊(かたまり)』ッ!

 その終着点を『己の肉体』とする事により、『 空気圧的 大 圧 力 エネルギー を 肉体に停滞させる ッ ッ ! ! ! 』



   そのエネルギー、『己が拳』を突き出す事により、更に空気圧が移動ッ!

    己の拳を終着するッ! 『 超大圧力的 ・ 急 凝 縮  』が行われッッ!!!



     発生をしたエネルギーの全てが『 一 点 に 集 中 』をされると同時にィィイイイーーーーッ!!




           全 力 で 持 っ て、『  殴  り  抜  け  る  ッ ッ ッ ッ  ! ! ! ! ! 』






「 そう・・・っ!!


  これが噂のォォオオオーーーーーッッッ!!!! 





   『  四  次  元  パ ァ ァ ア ア ア アアア ア ア ン ンン チィィィ イ イ イ イーーーーーーッッッ!!!!!! 』 」






     チ ” ュ ” ュ ” ド ” ォ ” ォ ” ォ ”ォ ”





                オ”オ” オ”オ” オ” オ”  オ” ォ” ォ” ォ”






         オ ” オ ” オ ” オ ” オ”ォ”ン”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !





 ーーー 嘘か真か幻かッ!


  ーーー 一点凝縮『空気圧ッ!』


   ーーー 空気の圧力、エアープレスッッ!!!



  ーーー 次元を超えた、その『拳撃』ッッ!!!




     ーーーーー→  『 四次元パンチ 』が今! 繰り出されたぁぁ ああ あ あ あ あああ あ あ あ あ ああああ !!! ! ! !






・・・・






絶望的な・・・。

絶望的な一撃であった。


既に廃工場の跡形も無くなっていた。


バトゥロの作り出した、真空的密閉空間は、半球内だけに留まらず・・・。


その周囲ッ!


廃工場の空気までも、吸い込んだ『超超圧力的空間』によって形成されたッ!!


 『 超激一点凝縮 』による『四次元的大拳撃』を作り上げたのだッッ!!!





     チ ” ュ ” ュ ” ド ” ォ ”ォ ” オ”オ” オ”オ” オ” ォ” ォ” ! ! ! ( 絶望的な『その一撃』!! )





だが・・・ッ。


百文字に『恐怖(おそ)れ』は無かった。



それは慢心でもなければ・・・。


諦めでも無かった。



不倶戴天・・・ッ。

許すまじその名は『ドクトル・ベイベー』。



復讐ッ! 恨みを晴らし、アムステラ討つその日を『本懐』とするのならば・・・ッッ!!!




      如何なる辛苦も『 物の数ではないッッ!!!! 』





「 レスラーへの賛歌・・・・ッ。 」




    「 『 そ の  1 0 0  ッッ ッ ! ! !  』  」



己の名ッ!


100の字、意味する賛歌を呟くと・・・ッッ!!!




 あと1秒にも満たず直撃をするッ!



    『四次元の拳撃』に立ち向かい始めた・・・ッッ!!!!!!






ーーーーーー



 ・・・続く。