×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ダ ッッ ギ ィィイイ ーー ュ ゥ ッッ !!! ( 跳 ぶ ッ ! )


ダ ッッ ギ ィィイイ ーー ュ ゥ ッッ !!! ( 跳 ぶ ッ !! )


ダ ッッ ギ ィィイイ ーー ュ ゥ ッッ !!! ( 跳 ぶ ッッ !! )


ダ ッッ ギ ィィイイ ーー ュ ゥ ッッ !!! ( 跳 ぶ ッッッ !!! )






グゥゥゥウ ウ ウ ウ ォ オオオ オ オ オ オ オ オー ー ーー ゥ ゥ ゥ ウウ ウ ッ ッ ッ ! ! !


ー ギ ガ ン ト 2 8 号 の『 並 行 跳 躍 ( ス プ リ ン グ ・ ズ ゥ ー ム ) で あ る ッ ッ ! ! 』






繰り返すのだッ!並行跳躍をッ!!



繰り返すのだッ!バネ仕掛けから生み出させる、その加速力ッッ!!






 そ の 名 も 『 連続的跳躍故似爆走 ( オ ー ヴ ァ ・ ズ ゥ ー ム ・ ス プ リ ン ガ ー )ァァアア ア ー ーー ッ ッ ! ! 』






それは無茶な加速だッ!


それは無茶苦茶な加速力だッッ!!



全長50m!

体重550tを誇るギガント28号は、決して『速力』を重視した機体では無いッ!!



無理が祟(たた)るッ!

祟(たた)った無理は、必ずや己に、降りてかかろうッッ!!


『 ギ ガ ン ト 破 壊 指 令 ッ ! 』


このままでは、自らのその手で、破壊を指令してしまう『 天 唾 の 愚 行 』と 相 成 ろ う ッ ! !




   だ が ッ !





それは20年前の話だァーッ!!



あの日ッ!


百文字は、大蛇毒砲と『死合ッッ!!』

Dr.劉の『その科学力の前にッッ!!』



『 頭蓋骨の縫合を外され、右足を失う 大 重 傷 を 負 っ た ッ ッ ! ! 』




その時ッ!

百文字とレディッ!


二人が選んだ『 選 択 』こ そ が ッ ! !




ーー「  サ イ ボ ー グ ・ 『  耐 撃 の 百 文 字  』の 誕 生 で あ る ッ ッ ッ ! ! !  」ーー




そうッ!


あの時二人は、宇宙ヘリコプター・ドニゼッティ00を解体しッ!

その動力とレアメタル・スターシルバーを、用いッ!


百文字の体躯(肉体)に『 サイボーグ手術 』を、 施 し た の だ ッ ッ ! !



 動力ッ!


 それ即ちは『小型プロペラの半永久機関』だァーッッ!!


 機関内に無重力を生み出しッ! その中で回転をし続ける事により、エネルギーを生み出すッ!!

 故に、生物が死ぬまで鼓動をし続ける、『 心 臓 』と酷似する物へと 相 成 る 事が 出 来 た ァ ー ッ ッ ! !




 金属ゥ!


 それ即ちは『レアメタル・スターシルバー』だァーッッ!!


 その特性、頑健にてディモールト強固ォーッ!


 そしてッ! ある加工を施す事により、『NERVE(ナーヴ=神経)』に近い 性 質 を 持 つ ゥ ー ッ ッ ! !



 よって、レアメタル・スターシルバーはッッ!!

 失われた百文字の右足となりてッ!

 一度外されてしまった頭蓋骨の縫合を、詰めて補いッ!!


 そしてッ!!それら全ての『ボロボロになった部位』に、この金属を『 嵌 め 込 む 事 』が 出 来 た ッ ッ ! !






 し か ぁ ぁ ぁぁ あ あ あ あ あああああああああ あ あ あ し っ っ っ ! ! ! !






『  時 は 、 現 在 ッ !  今 こ の 時 こ そ 、 危 機 存 亡 の  刻  々  ッ  ッ  !   !   』






そうだッ!現在だッッ!!


今、この時!!


百文字は、知り得ているのだッ!


レディも、また、知り得ているのだッ!!



そうッ!それはッッ!!


先の『 死 闘 』ッ!


鷲鼻のバトゥロと『 死 合 っ た 代 償( だ い か ) 』ッ ! !



その動力ゥッ!


百文字の半永久機関に『 致 命 的 な 裂 傷 』が生じてしまった事をだァーッッ!!





 「半永久機関」ッッ!!


  それ故に、純度の高いレアメタルが用いられている為・・・ッ!!



  その修復は『 極 め て 困 難 ッ ッ ! ! 』




  そして「半永久機関」が故にッ!


  放置は無知よ、無残に『 憤 死 す ッ ッ ! ! 』


  嗚呼!人生が終焉に向ってしまうッ!


  崖っぷちだよ、この上無しにッ!


  三途の川よ、こんにちわッ!!


  渡った先は、地獄か虚無かッ?


  修羅に慈悲ある、末路は無かろうッッ!!



さあさあどうする、耐 撃 の 百 文 字 ィ ィ イ イ イ イ ーーーーー ッ ッ ! ! ? ? ?



故(ゆ)ぅぅぅううう う 「 得(え) 」 に ィ ィィ イ イ イ イ イ イ イ イイイイイ ー ーー ー ッ ッ ! ! !




 ギガントは、こうして加速しているのだァァアアアアアーーーーーッッ!!!


 破壊を恐れず、駆け抜けているのだァァアアアアーーーーッッ!!



 向かうのだッ!その先(さ)ッきへとォーッッ!!


 先へと進めばッ!其処へと辿り着くゥゥウウウウウーーーーーーッッ!!



 目指すは、その地ィーッ!



『 マ ド モ ワ ゼ ル 平 原 へ と だ ァ ア ア アア ア ア ー ーー ッ ッ ! ! 』




 その先には、ヤツが居るゥウウーッ!


 死合いて、死闘たヤツが居るゥゥウウウーーーッ!!



 百文字と同じく・・・ゥ!


 死闘により傷を負うた、QX団No.2のサイボーグゥーッ!


 百文字と同じく・・・ッ!!


 レアメタル・スターシルバーを内包する、青の偉丈夫ッッ!!




『 四 次 元 ボ ク サ ー  ・  鷲  鼻  の  バ  ト  ゥ  ロ  ッ  ッ  ツ  !  !  !  』




 今ならば間にも合おうッ!


 百文字の重傷は、レディ・ミィラの『命の灯火』により、軽減されているが・・・ッ!


 バトゥロは、素にも痛手よ、大も重傷ッッ!!


 百文字程、致命的な深さは無いモノも・・・。


 死闘の代償、決して少なきに非ずッッ!!



 ならばバトゥロを連れ行く、『 クルイ・ケン・キャク 』の歩みは、決して速くは無いハズだッッ!!



 追いも、つけようゥッ!!


 急ぎて、向おうでは無いかッッ!!!




 そ し て  『  強  奪  (  う  ば  )  う  の  だ  ッ ッ ! ! 』




『 純 度 の 高 い レ ア メ タ ル ・ ・ ・ ・ ッッッ ! ! ! 』




  そ の 名 も 、 『 レ ア メ タ ル ・ ス タ ー シ ル バ ー ッ ッ ! ! 』




  そ れ こ そ は 、 鷲 鼻 の バ ト ゥ ロ の 『 ド 心 臓 ゥ ッ ッ ! ! ! 』 




  そ れ 即 ち は ・ ・ ・ ッ ッ ! ! !




『 小 型 プ ロ ペ ラ の 半 永 久 機 関  』を、 だぁ ぁ あ あ あ あ ア ア アア ア ア ア ーー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! !




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





・・・・




○クロガネの賛歌・第3章 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー



 第13話「 鷲 鼻 の バ ト ゥ ロ 」





・・・・







・レゼルヴェ国 無人の廃工場より86km『 マドモワゼル平原 』 時刻・21:26




ズ シィ ン ( 月の無い夜、闇の夜空・・。 )


ズ シィ ン ( 歩み進むは『クルイ・ケン・キャク』。 )


ズ シィ ン ( 緩やかな・・・。 )


ズ シィ ン ( 緩やかな『歩み』であった。 )


ズ シィ ン ( それは慈愛に満ちた『歩み』であった。 )


ズ シィ ン ( 乳母車を押して進めるかのような・・。労りと・・『慈しみ』で持って・・。 )





  ズ シィィイ ン ン ( その手の平の『 鷲鼻のバトゥロ 』を運びて、歩み進んでいた。 )







・・・・







緩やかな振動。


揺り籠(ゆりかご)と評すには、ちょいと震度が高いと言う話ではあるが・・・。


労りと・・・。

慈しみの中・・・。


バトゥロは、目を覚まし。


まず思うた事は『揺り籠』からの目覚めであった。



遠き日。


4つ足歩行。「はいはい」すらままならぬ幼児の時分。


安堵を覚え。深い眠りへと誘われる、あの心安・・・。


ポカポカとする毛布の中。


揺りて動くのが『揺り籠』だ。



懐かしくも・・・。愛しさを覚える、あの安心感。



バトゥロは、目を覚まし。


まず、それを思うた。



目を開き・・。


その場が。


クルイ・ケン・キャクの手の平である事を知る。



次に激痛(いたみ)を知る。


生体と機械体の融合であるバトゥロの体躯(にくたい)は、『 痛 み 』を覚える。


否(いいや)。


痛み。ドコロの話じゃあない。


レアメタル・スターシルバーの特性の一つ・・。


ある加工を施す事により、『NERVE(ナーヴ=神経)』に近い 性 質 を 持 つ と言う事・・・。



『近い』とは。


『劣っている』と言う意味ではない。


痛みの伝達は『 常人の数十倍 』だ。


その狂気の痛感覚により、人間を超えた精神力を持つ者で無ければ、レアメタルを用いる事が出来なかった。



『 人間を超えた 精 神 力 』



バトゥロは思いて返す。


自分が何故に、QX団へと所属(はい)り。


自分が何故に、ドクトルベイベーに付き従い。


そして・・・。


自分は何故に、このクルイ・ケン・キャクの駆る『この女性』を・・・。




   慈 し ん で な ら な い の か を ・ ・ ・ ・ 。




何故であろう?


今の今・・。


何故。自分は・・・。


そんな事を思い返すのであろうか?



それはきっと・・・。


自分が今。


揺り籠に抱(いだ)かれた、幼きの日の赤子の様に・・・。


慈しみに。


包まれているからだろう・・・。







・・・・






8年前。

『 バトゥロ=オーギュスタン 』は、激怒をしていた。

バトゥロは『エイグロン(=フランス語で「鷲」)』と呼ばれる、『 元ヘビー級・ボクシング王者(チャンピオン) 』。


手にしたモノは『栄光』と『名声』。


だが、あの日。


バトゥロはその『全て』を投げ打ってでも、『 沈める事が出来ぬ 憤 怒 の 激 情 』に駆られていた。


何故なら・・。




タッタッタッタッ タッ タ ッ タッ タ ッ タ ! ! ( 走 音 ッ ! )



       バ  ン ッッッ ! ! ! ( 開 扉 音 ッ ! )



「どう言う事だ、ヴァルル・ボンヴジュターヌッ!」


「如何なる次第があろうと、許される事ではないぞッッ!!」




フランス空軍のエース・『ヴァルル・ボンヴジュターヌ』ッ!!

そう。『名家の男』はこう答えます。




「ムホホホホホホホ!」


「青筋をお立てになられているようですな、テュー(君は)」


「握り締められているその『お拳』で持って、『 おぶっ飛ばし 』になられるおつもりですか?  ヴ ー ?( あなたは? ) 」



そう言うと、ヴァルルは。


スッ。っと、右手を上げた。



 バッ!   ( 姿を表すは! )


 バッ!!  ( ヴァルルの直属の部下3人! )


 バッ!!! ( 天井一部、パカリと開きて!! )




   バァ ァ ァ ア アアアア〜〜〜〜〜 〜 ン ン ン ッッッ!!!  ( 飛 び て 降 り て は 、 即 参 上 ッ ッ ! ! )




 ガ チ ャ ッ ! ! ( そして、突き付けるは、手持ちの銃ゥーッ!! )




そしてヴァルルは、おニヤニヤとお笑いながら、『 お言い放ちになりましたッ!! 』




「死の神(タナトス)への手土産をあげるよ・・・、テュゥ〜(君〜ぃ)。」


「君の娘に『無実の罪』をなすりつけ、その場で銃殺刑にした『お刺し金のヌシ』は、ジュゥゥウウウ〜〜〜〜ッッ♪( 私 だ よ ォ〜〜〜 ッッ ♪ ♪ )」


「テロリストと内通し、部隊を壊滅に追いやった最ッッッ低の罪をさ、デガァァァアアアアアーーーージュ!!(シンジラレナイよねぇぇえええ〜〜〜ッッッ!!!)」


「いやいや・・・。」


「空軍エースを地位を揺るがす、君の娘の事を思うと、夜な夜な『お歯軋り』がお止まりならなくてねぇ、エイグロォォ〜〜ン・・・!(バトゥロ・・・!)」



ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド



「貴方もお死んで頂きましょう。貴方の小娘は、昔から目の上のタンコブでしたよ・・。


 撃墜数に劣るあの小娘が『 本当のエースは、フランソワ 』と言われるその事実に、侮辱と屈辱を感じちゃいましてね、DNAレベルにさぁ〜〜・・・。


 激戦区で成果を上げたフランソワのが上? 辺鄙(へんぴ)なトコに飛ばされたってだけだろ、こんの メェェェル ド ! (こんの クソアマ がァアアーッ!!)」


「ムフフ。お死しんだ後に、エイグロォォ〜〜ン。(バトゥロォォ〜〜〜ン。)


 もしも、フランソワと出会えたら、誰のエッフェッル塔が一番『オーシャンゼリゼ』だったか聞いてみては如何です?


 雨に濡れた凱旋門のように『おビチョビチョ』でしたよ、あ の デュ ポール・・・ッ! ( あの豚女ァ・・・ンッ! ) 」




 ー 3(トロワ)


 ー 2(ドゥー)


 ー 1(アン)



「 『  オ ・ ル ヴ ォ ワ ー ル  ( バ イ バ イ 、 エ イ グ ロ ン 、 死 ん じ ま い な ァァアアーーッ ッ ! !  )  』 」





 ガァァ ァ ァ アアア ア ア ア ア ア アアア ア ン ッ ッ ッ ッ !  !  !  !



 そして、銃 声 が ッ ! !



     銃 声 が ッ ! !



     銃 声 が ッ ッ ! !



     銃 声 が ァ ァ ア ア ア ア アアアアアアア〜〜〜〜 〜 〜 ッ ! ! !




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





   「  〜 〜 〜 〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  ッ ッ ッ ! !! ! ?  ( ノォ ォ オ オオンン!!? 銃声がしない!!!? ) 」




      ヴァルル・ボンヴジュターヌは『 目にモノを見る 』ッ ッ ! !




    ド  サ ッ ! ( 瞬く間に、倒れ伏すッ! )



    ド サ ッ !  ( ヴァルルが直属、部下3人ッ!! )


    ドサ ッ!    ( そしてぇぇえええええーーーッッ!!! ))





ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ  ( その目前に、立ちてはだかる・・・ッ!! )




   ド ッ ジャァ ア 〜 ン ッ ! ! (  ” エ イ グ ロ ン ” バ ト ゥ ロ = オ ー ギ ュ ス タ ン を ッ ッ ! ! )



 バトゥロはこう言うッ!


「今のは、私の『ジャブ』だ。」


「少年がキャッチボールをする程度の距離ならば・・・。」


「 引き金を引くよりも速く、この拳を『 叩 き 込 む 事 が 出 来 る ・ ・・ ッ ! 』 」


「 地に降りたエイグロン(鷲)ならば、どうとでも出来ると 思 っ た か ・ ・・ ッ ? 」


    そして、エイグロン(バトゥロ)は、こう言い放つッ!


「 我が娘、フランソワ=オーギュスタンは、フランス軍人として誇り高く生き、そして姦計の中死んでいった。 」


「 一人の父親として・・・。 」


「 そんな娘を思い何が出来るのか・・・? 」




          「  『   答 え は 、 一 つ だ ッ !  』  」





     ド グ シャァァアアアアアア ア ア ア ア  ア アア 〜〜〜 〜 〜 〜 〜 〜 ッッッ ! !!




    ボディだァーッッ!!

    バトゥロの拳が、ヴァルルのボディをメリリと打ち据えるッ!!



    ヴァルルの横隔膜(おうかくまく)は、文字通りの『 圧 迫 祭 り 』ッッ!!!



    ヒィともアンギャーとも言えずに、苦しみ苦痛んで悶えているぞぉぉおおおおおおおおお!!!!





    そ し て ッ ッ ! ! !





     ド ド グゥ シャァァアアアアアア ア ア ア ア  ア アア 〜〜〜 〜 〜 〜 〜 〜 ン ン ッッッ ! !!




    次もボディだッ!!


    その様、正にエイグロン(鷲)の捕食ッ!!

    その腹部を裂き破り、柔らかな腸(はらわた)から、喰いて食(しょく)すかの如き 鉄 拳 打 撃 ィ ー ッ ッ ! !




    更 に は ァ ー ッ ッ ! ! !





     ド ン ン グゥ シャァァアアアアアア ア ア ア ア  ア アア 〜〜〜 〜 〜 〜 〜 〜 ッ ッ ッ ! !!




    次もボディだッ!!




     ド  グ シャァァアアアアアア ア ア ア ア  ア アア 〜〜〜 〜 〜 〜 〜 〜 ッ ッ ッ ! !!



    その次もボディだッ!!




     ド  グ シャァァアアアアアア ア ア ア ア  ア アア 〜〜〜 〜 〜 〜 〜 〜 ッ ッ ッ ! !!



    その次の次もボディだッッ!!




     ド  グ シャァァアアアアアア ア ア ア ア  ア アア 〜〜〜 〜 〜 〜 〜 〜 ッ ッ ッ ! !!



    その次の次の次もボディだッッ!!




    次 の ッ !



    次 も ッ ッ ! !



    次 の ォ ー ッ ッ ! !



    次 も ォ ォ オ オ オ オオオオ オ オ オ オ オ オ オ オーーーー ー ー ー ー ー ッ ッッ ! ! !




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





    ボディだッ!

    ボディだッ! ボディだッ!

    ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ!

    ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ!

    ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ!

    ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ!

    ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ!

    ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ!

    ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ! ボディだッ!






      ボ デ ィ ィ ィ イイ イ だ ぁ ぁ ぁあああああああああああ あ あ あ あ  あ あ あ ああ あ あ あ ! ! ! ! !






            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





    ヴ ”ァ ”ァ ” ア”ア” ア”ア”ア”〜〜〜〜 ン” ン”ン” ッ ッ ッ ! ! !


「 『  エ イ グ ロ ン   セ テ   デ リ ス ィ ユ ー  ッ ッ ! ! ( 鷲 の 捕 食 は、 完 了 し た ッ ッ ! ! ) 』  」





    イ”グ”イ”グ”と。


    痙攣(けいれん)をする、ヴァルル・ボンヴジュターヌを、見 下 ろ し な が ら ・ ・ ・ 。



    バ ト ゥ ロ は、『 こ う 言 う 』 。




「 私はお前を『殺さない。』 」


「 人は己が持つ弱い心で持って、他者を傷付け・・、そして 死 へ と 至 ら し め る 。 」


「  『  フ ラ ン ソ ワ の 父 親 と は 、 斯 様 ( か よ う )に  弱 い  人  間  で は な い 。  』  」


「 オ・ルヴォワール(失礼する)。 もう二度と、会う事は無いだろう。 」



  そうして、バトゥロはクルりと振り返り・・・。



  バ タ ン ( そうして、部屋を出ていった。 )





・・・・







フランス空軍のエース。

名家の男を、拳で持って殴り・・、そしてそのまま放置をする。


無事で済むハズの無い話だ。


ヴァルルの気位の高さ故・・・。

基地内で殴られた、その事柄を『恥』と思ってか、表沙汰にはならなかったモノも。


最早。表の世界では生きてはいけぬ身となってしまった。



それで私は、この顔に『整形手術』を施し。


裏の世界。世界各国の暗黒街を渡り歩きながら・・・。


『素手喧嘩(ステゴロ)の用心棒』として、生計を立てていく事にした。



先が鋭く、下に曲がったその鼻立ちを持つようになった事から、私は『 鷲鼻のバトゥロ 』と名乗った。


身元が解り過ぎる名とも言えたが、元ヘビー級ボクシング王者の名を連想させるその名は、用心棒として『箔(はく)』があり。


何よりも。


恥辱と屈辱の中死んでいった娘・・・。


我が娘・フランソワの事を想えば。


『 その父の名を捨てる事など、 出 来 な か っ た か ら だ 。 』



だが。


生き抜く世界、裏社会。


暗黒街の用心棒として、食い繋いで行くと言う事・・・。


抱えるは『矛盾』である。


如何に『青き誓い』を立て、誇りと倫理を持ち生き抜こうとも。


『 赤くも、汚るるは、 両 の 拳 。 』



そう言った事柄こそ、『 フランソワの父として 恥 ず べ き 行 為 ではなかろうか? 』。



矛盾。


矛盾。


抱えるは矛盾。



しかし・・・。


矛盾を抱え生き続ける、その姿こそ。


人間、誰しもが持っている『 本来の姿 』であり。


誰もが逃げ出したいと苦悩する『 捨ててしまいたい 人 間 の 本 性 』ではなかろうか?



 口では「矛盾して良いじゃないか、それも一つの流儀だ」と言う事が出来る。


 だが、何と世間の目の冷たい事よ。


 矛盾などと言う『宙ぶらりん』である事など許されないのだ。


 ハッキリと意思の表示が出来ぬ者は、邪魔者でしかないのである。


 誰しもが、灰色で居たいのだ。


 白か黒かと、言い放つ事が生き難くて仕方ないのである・・・。



 だから、こそ・・・。



      『 生 き よ う 。 』



   どんなに、この手が、 血 に 染 ま ろ う と も ・・・ 。



      『 生 き て い こ う 。 』



   生きる事とは・・・。


   生き抜くと言う事とは・・・。


   それは・・・。


   何かを『 成 し 遂 げ る 事 』と 言 う 事 で は な い 。





『  矛 盾 に  挑 み 続 け る 事 を 、  生  き  る   と 言 う の だ ッ ッ ! ! !  』





   だ か ら 、 私 は 挑 む と 誓 う ッ !



『  矛 盾 に  挑 ん で  、  生  き  る  と  誓  お  う  ッ  ッ  !  !  !  』



   そ れ が 、 フ ラ ン ソ ワ の 父 親 と し て ッ !



   誇 り も 高 く ッ !



『  生 き 抜 く 事 と 、 信  じ  る  か  ら  だ  ッ  ッ  !  !  』






   そんな・・・。


   ある日の事だ・・・。


   私は南アフリカの「ある地域」へと足を踏み入れた。


   其処は後に・・・。


  『レゼルヴェ国』と呼ばれる、白人を至上とする土地柄であり・・・。


   多くの『フランス人』が滞在をしており。


   私の素性を知る者もまた・・・。


  『 滞 在 』を、 し て い た 。







・・・・






「いやいやいや・・・。」


「見る影もありませんねぇ・・・。」


「言われなきゃあ、貴方が『バトゥロ=オーギュスタン』だなんて解りやしませんよ。」



闇夜の屋外。

人気の無い街中。


ゴロツキだ。

どうやら私の素性を知っているようだ。



「貴公の戯言に、付き合わねばならぬのか?」

「オーギュスタンの名は知っている。その名をあやかり、私は『鷲鼻のバトゥロ』と名乗っている。」



ゴロツキは、ニタニタと笑いながら、こう続ける。



「隠さないで下さいよ。」


「アンタにゃあ、閃光のよぉーな『ジャブ一発』でのされちまったんだ。」


「そん後も、アンタを探したんですぜぃ? 整形したまでは解ったんですが、その後何処へ行ったかまでは解らなくてねぇ・・・。」


「お陰さまで、3人ともクビですわ。」


「全く酷い話じゃあありませんか。 ヴァルル様も人が悪いって言うか・・・ ね ぇ ? 」



私は言い捨てる。


「知る由も無い話に興味は無い。」


「失礼する。」



すると、ゴロツキは『こう言った。』



「 『 アンタの娘は、俺のエッフェル塔で オ ー ・ シ ャ ン ゼ リ ゼ で し た ぜ ? 』 」


「   真正面から、嬲(なぶ)って ヤ り ま し た さ 、 凱 旋 門 。  」


「   泣いて叫ぶのが上手でしたぜ、あの『 デュ ポール・・・ッ! ( あの豚女ァ・・・ンッ! ) 』 」



私は・・・。


「その言葉、訂正する必要は無い。」


カァと熱くなるモノを覚えた。


「だが、理解をするべきだ。」


それが・・・。


「そう言った言動に、人を『不愉快を覚える。』」




 命取りとなる。





 ガァァ ァ ァ アアア ア ア ア ア ア アアア ア ン ッ ッ ッ ッ !  !  !  !




 そして、銃 声 が ッ ! !



     銃 声 が ッ ! !



     銃 声 が ッ ッ ! !



     銃 声 が ァ ァ ア ア ア ア アアアアアアア〜〜〜〜 〜 〜 ッ ! ! !




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





   「  今度は『本当に 鳴 り 響 い た 』ねぇ・・・、 エ イ グ ロォォ ォ 〜 〜 〜 〜〜〜〜ン ッ ッ ! ! !  」




       ドッッ サッッ!! (私は倒れて伏したッ!)



         ゴブゥオ・・・・(体躯から 出 血 ッ ! )


         ドクドクドクドクゥ!!(溢れて出る、溢れて 出 る ッ ! )



      ドッックゥゥウウウウウウ〜〜〜〜!!!( 鮮 血 流 血 ゥゥウウウ ウ ウ ー ー ーーーッッ!!!! )



         私は死力振り絞りッ!


         かにも、膝立ちをするがッ!


         銃弾、着弾すは『 文 字 通 り  急  所  ッ  !  !  』



         この身ッ!


         この状況ゥ!



         さすれば『 最 早 ッ ッ ! ! ! 』



      スゥ・・・ッ! ( 撃った一人が現るるッ! )


        「良い様(ザマ)の事よ、チャンピオン。」


        「ワチキ、屈辱忘れた事、ありません事よ、エイグロン。」


      スゥ・・・・ッ!( もうの一人も現れるッ! )


        「怖い目してるッスねッ!」


        「娘さんも、そんな目しながら俺の事、睨んでいたッスよ!!」


        「それがそれが・・・・。」


        「 『 ウ ハ ハ w w w w  』  」




         嘲(あざけ)りッ!


         嘲(あざけ)りッ!!


         嘲(あざけ)りのッ、 た だ 中 ッ ! ! !



        そして、3人が3人ともぉぉぉおおおおおおーーーーーッッッ!!!!




      ガ チ ャ ッ ! ! ( 銃だァーッ!! )


      ガ チ ャ ッ ! ! ( 銃だァーッ!!! )


      ガ チ ャ ッ ! ! ( 銃をォー付き付けるぅぅぅううううううーーーーーーッッッ!!!! )




ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ



    そして、彼等は『こう言いました』・・・ッッッ!!!


 「 もうね。 キャッチボールが出来る範囲(エリア)には、入らないッスよ。 」


 「 手負いとは言え、エイグロンの事よ。 」


 「 こっちも痛い思いはしたかぁ無いんでねぇ・・・。 」


 「 ウヘラウヘラwww 」


 「 ヴァルル様の影響か、ワチキ等、一方的にってシチュ大好きな事よ・・ッ。 」


 「 バトゥロさん。アンタの亡骸(なきがら)を手土産に、俺等ァ職場復帰のウッキッキですわ・・ッ!! 」




「 「 「  ムホホホホホ ホ ホ ォ ォ ォ  ォ オ オ オ  オ オオオ オ オ 〜〜 〜 〜 〜 〜 ウ ゥ ッ ♪ ♪ ♪♪  」 」 」 



      闇夜に響き渡る、狂い声ッ!


      悪の宴よ、悪辣(あくらつ)のお三方ッッ!!


      悪が、悪って、悪るる、その時ッッッ!!!


   『  そ の 場 に ィ ー ッ ! ! !  』


   『  現 る る は ぁ ぁ あ あ あ ああああああああ ーーーーーー ッッッ ! ! ! !  』




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





         ーギシュン。

          それはッ!黒づくめの男であったッッ!!


         ーギシュン。

          スーツだって黒いし・・・ッ!


         ーギシュン。

          靴も黒いッ!


         ーギシュン。

          帽子も黒いッ!


         ーギシュン。

          手袋も黒いッ!


         ーギシュン。

          色素の薄い肌が、その黒を際立たせッ!


         ーギシュン。

          黒づくめのその姿が、岩を人型にくり抜いたようなその巨体と顔に映えるッッ!!


         ーギシュン。

          鷹(たか)や鷲(わし)を連想させる猛禽類のような目を持ちッ!


         ーギシュン。

          『油臭(ガソリンしゅう)』と『機械音』がするその男は・・・ッッ!!!




      「 『 ワ シ は ・ ・ ・ ッ ! ! 』 」



      「 『 耐  撃  の  百  文  字  で あ る ・・・・・ ッッッッ ! ! ! !  』  」




         Q X 団 最 強 の サ イ ボ ー グ ッ ッ ! !


         耐 撃 の 百 文 字 、 そ の 人 で あ っ た ッ ッ ! ! !







・・・・






3人は、恐れを覚えていた。

何なのだ、この男は?
一体何者なのだと、言うのだ?

象を見て、『デカイ』と感じるのと同じように。
ライオンを見て、『叶わない』と思うのと同じように。

3人は、3人とも、こう『理解』をしたッッ!!


『 ヤバイぞッ! モォーレツに、悪い予感がビンビンするゥーッッ!! 』


だがッ!

意外なるは、その言葉ッッ!!


百文字が、3人に発した言葉とはッ!!



「続行(つづ)けよ。」

「面白いモノが見れそうだ。」



何たる、お言葉であるのかッ!

彼は此処で今、何が行われようとしているのか、知っているのかッ?


バトゥロを見よッ!


出血流血、血血血の致命傷ゥーッッ!!


それを知っての、今の言葉であるのかぁぁぁああああーーーーーッッ!!!



   答えは『無論』ッ!!


「何をボーゥとしているのだ。」


「ワシはお前達を成敗しにきた、桃太郎でも無ければ、怪盗ロビンでも無い。」


「続行(つづ)けよ。」


「それとも、この場を立ち去るつもりか?」



そうと言ったッ!


そうと聞いた・・・。


その3人は・・・。


ウヘラァ〜〜〜・・ッ。


ウヘラァ〜と笑い『こう思った』。



ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド



なぁんだ。


怖い事なんか無いじゃないかァ。


それよりもさァ。


バトゥロじゃァ〜ん。


ヤっちまおうぜぇ〜〜〜。


恨みを晴らせて、職場復帰できるなんてさァ・・。



  『 美味しいです!! 』ってな、 カ ン ジ じ ゃ な ァ ー い ♪




( うん、美味しいッスー♪ )


( ええ、美味しい事よー♪ )


( ああ、美味しいねぇー♪ )



((( それでは・・・。 )))


((( 皆さん、ご一緒にッ!! )))




「「「 オ ・ ル ヴ ォ ワ ー ル  ( コ イ ツ で 、 サ イ ナ ラ 、 美 味 し い で ぇぇ ぇ っ す ーーッ ッ ! !  ) 」」」




       ガ ガ ガァァ ァ ァ アアア ア ア ア ア ア アアア ア ン ッ ッ ッ ッ !  !  !  !




        三 つ に 、 重 な る 銃 声 連 呼 ッ ッ ! ! !


        滅 多 と 矢 鱈 と 、 ブ チ 込 ん だ れ ッ ッ ! ! !


        エ イ グ ロ ン 、 エ イ グ ロ ン 、 エ イ グ ロ ン よ ぅ ッ ッ ! ! !


        鉛 の シ ャ ワ ー で 、 瞼(まぶた) を 、 閉 じ な ァ ァ ァ ア ア アアアアーー ー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! !




                そ の 時 ッ !


                百 文 字 は 、呟(つぶ)も や い た ッ ! !


              「ほぉ・・ぅ。やはり、面白い。」


                それは目にしたモノッ!


              「アップライトスタイル・・・。体を真直ぐにし、拳を構える戦闘スタイル。」


                それは確固にも、確信をしたモノッ!


              「銃弾放たれる、その刹那・・・。」


                間違いは、無いッ!


              「あの男は、瞬時に立ち上がり『構え』。」


                あの男は、トンでも無くゥッ!!



                   ヒュン!  (バトゥロはッ!)



                   ヒュン!! (銃弾をッ!)



                   ヒュン!!!(『回避をする』ゥーッッ!!)





    『 斗(と)』ンッッッ でも 無く、 強(つ)ッぅ 『 獲(え) 』ぇぇぇええええ え え  え ーーー ー ー ッッ ッッ ! ! ! !




       バトゥロは、『こう言う』ッッ!!!



「教えて居なかったな・・・ッ。」


「私は・・・ッ。」


「ゴルゴ13が私の眉間を狙おうとも、『 決して着弾する事無く 回 避 す る 事 が 出 来 る ッッッ!!!! 』 」





「それ絶対、 ウ ソ ッ ス よぉぉおおお お お おーーー ッ ッ ! ! ! ? 」


「う・うろたえるでない事よ!? ヴァルル様の部下はウロタエナイの事よぉぉおお お お お ! !!? 」


「畜生めぃ!シャワーの時間は始まったばかりなんですぜ!! 蜂の巣にしてやりまぁぁぁあああ あ あ あ ああーーーー ッ ッ ! ! 」




    ガ ガ ガァァ ァ ァ アアア ア ア ア ア ア アアア ア ン ッ ッ ッ  !  !  ! ( 再び銃撃ィィイ イ ー ッ ッ ! ! )




そして、バトゥロは、『こう言い放つ』ッッ!!!


「もう一つ教えて居なかったな。」


「これから私が行う拳闘術は・・・。」


「生涯最後にて最大の『 右 ス ト レ ー ト ・・・ ッ ! ! 』 」


「次元すら超越したと言わしめた、今世紀最大の『 爆 発 力 ・・ ・ ・ ッ ッ ! ! 』 」



「 『 こ れ が 、 噂 の ぉ ぉ ぉ お おおお お おお お お ー ー ーー ー ッ ッ ! ! !  』  」





                     ・


                       ・
                   ・


                      ・



                    ・



                     ・


                     ・

                     ・


                     ・



                     ッ



                     ッ



                     !





「  『     四 ” 次 ”  元  ”  パ ” ァ” ァ” ア” ン”ン” チ ”ィ ーーー ー ーー ッ ッ ッ ! ! !  』  」







     チ ” ュ ” ュ ” ド ” ォ ” ォ ” ォ ”ォ ”





                オ”オ” オ”オ” オ” オ”  オ” ォ” ォ” ォ”






         オ ” オ ” オ ” オ ” オ”ォ”ン”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !






           ー 剛 腕 ッ ! !


           ー 剛 音 ッ ! !


           ー 剛 拳 が 、 炸 裂 ゥ ー  ッ ! !


        ー 大地を踏みしめ、その場にて放った『 今、必殺の  四”次”元”パ”ン”チ”  は ッ ッ ! ! !  』



     ゴ”バ”バ”バ”バ”ババ バ バ ァ ァ ァ ア ア アアア ア ア ア ン ン ン ! ! ! ( その右ストレートでッッ!!! )



  ゴ”ォ” ォ” ッォオオオオオオオ オ オ オ オ オ オオ オ ー ーーーッッ!!! ( 放たれた 銃 弾 を” 打 ち 返 し ”ッ ツ ! ! )




         そ っっっっ 死(し)っ 手(て) ぇぇぇえええええええ え え ええ え え え え ーーー ーッ ッ ッ ッ! ! ! !



                    ・
                    ・
                    ・
                    ・

                    ・

                    ・


                    ・



                    ・


                    ッ



                    !



                    !



     ー ーー  ド ッ ッ パァ ァ ア ア アア ア ア ア ア アアアア ア ア ア ア ! ! !  ーー ー


            3人の眉間に着弾ッ! 3人は銃弾で撃ち貫かれ、あえなく『 死 亡 』するゥゥウウウーーッッ!!!!





バトゥロは、百文字を見やり・・・。


そうして、『こう言う』・・。



「諸氏は『耐撃の百文字』と言うそうだな・・・。」


「心あるならば、耳にして欲しい・・・。」


「私は・・。」


「 『 鷲鼻のバトゥロ 』。 」


「 『 我が娘、フランソワ=オーギュスタンの良き父として・・。 』 」


「 『 此 処 に 、 息 絶 え る 者 の 名 だ ・ ・ ・ ・・・・ ッ ッ ! ! !  』 」



そしてバトゥロは、重くも、その瞼(まぶた)を閉じ・・・。


立ちたまま。


ピクリとも『動かなくなった。』





百文字は、バトゥロを見やり。


そして、『こう言う』。


「『鷲鼻のバトゥロ。』」


「死するには、惜しい雄(おとこ)よ。」


「その命・・。」


「『 このワシが預るぞ、鷲鼻の。 』 」


「お前ならば、この世で『 ただ二人の、 レ ア メ タ ル ・ ス タ ー シ ル バ ー を 用 い た ・・・ ッ 。 』 」




       「  『  サ  イ  ボ  ー  グ  へ  と も 、  成  り  も  得  よ  う  ッ ッ ! ! !  』  」






         ー こうして、バトゥロは・・・。


         ー 百文字の手引きによって・・・。




     ー 『  サ  イ  ボ  ー  グ  』 へ と 、 相  成  っ  た  の  だ  ッ  ッ  !  !  !





            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・






ーーーーーー





 ・・・続く。