×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



白い。

白い毛並をしていた。


垂れ下った両耳。

長くて。それは自由に動く。



僅かに弓なり。

細く筋肉質な肢体。


スラリと伸びた両脚。



そして。

失われる事の無い。



豊満なチチ(胸)と豊満なケツ(尻)を隠す事ができない豊満なバディ(肢体)。



『 半 獣 半 人 。 』



人と犬の合いの子。

世にも奇妙なその姿を、露(あら)わにし・・・。




QX団製多目的ヘリコプター・『 ドニゼッティGT−18 』を駆る。


『 憂いた瞳 』を持つ女性が一人。




彼女の名は『 レディ・ミィラ 』。




己の全身を覆う。


『 数多の包帯 』を解き放っていた。



そして、その姿は。



『 惑 星 ・ オ オ ウ 』。



『 二 足 の 犬 種 』と 例 え ら れ る 、定 型 か ら 離 れ た 土 着 星 人 に 似 て ・ ・ ・ ・ ッ ッ 。 




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





・・・・




○クロガネの賛歌・第3章 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー



 第11話「 レ デ ィ ・ ミ ィ ラ 」





・・・・






ほんの少しだけ。

ほんの少しだけ、『惑星オオウ』の話をしよう。


何故ならば、此処でのお話は、もう少し後に語られるべき血録。


ドクトル・ベイベーの命を受け。

盲目の淑女。『QX団が総統・Queen X(クイーン・エックス)』の指揮の下・・・。



フタゴ・マウンテンに巣食う狂獣。『宇宙・人喰い熊、レ ッ ド ヘ ル ム 』へと立ち向かう・・・。



生死を賭けた、『 一 代 決 戦 』であり・・・。


そして。



その時に語られるべき、『 血 録 』で、あるべきなのだから・・・。




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





かつて。


レアメタルの発掘場として、栄えた惑星が一つ在った。



アムステラが属惑星・・・。



  ー その名も・・・。


    惑 星 ・ オ オ ウ ・ ・ ・ 。





しかし。

それは今は昔の物語・・・。


 ー 出しつくした金属。


 ー 痩せ衰えた大地。


 ー 定型から離れた土着星人。



その全てが『オオウ』から目を背けさせ・・。



そして。『貧民星』としての今がある・・・。





 ー だ が 。




今、此処で語られるべき、『 惑星・オオウ 』の姿は・・・。



その。『貧民星』として今では無い。



レアメタルの発掘場として、栄えた・・・。



属惑星としての。『かつて』でもない。




青くて・・・。


美しい惑星(ほし)の話だ。




文明の発展と共に・・・。

悩めるその姿を、晒し続ける事になった、その時も尚。


多大なる『恵み』と。

多大なる『試練』を。



全ての生き物に対して、平等に与え続けていた・・・。



 ー 『 惑 星 ・ オ オ ウ 』




面白いモノだ。

その星で、始めて宇宙へと飛び上がった宇宙船のパイロットも。


こう、惑星・オオウを評したようだ。



 ー オオウは・・・。


 ー 青いベールに身を包んだ、花嫁のようだった。と。



我々の住む地球では・・・。


『地球は青かった』と言う、誰にでも解る言葉で、翻訳されたこの言葉ではあるが・・・。



 ー 青く。


 ー 美しいと思う気持ちに・・・。


   星の差など、無いのであろう・・・。




惑星・オオウは栄え続けた。


その芳醇(ほうじゅん)な大地、故・・・。

幾度となく『星間戦争』を経験したモノも・・・。



 ー 「闘将」


 ー 「炎の将校」



そして。


『 オオウの不動明王 』とまで称された、様々な勇名によって彩られる『 グレーデン 』の血統によって。



   『 ベン・グレーデン 』の名を持つ、『世襲(王達)』の統治の下・・・。



惑星・オオウは栄え続けました。


そう・・。




 ー あ の 日 ま で 。







・・・・







裏切りであった。

『大臣(側近)』の。


まるで『 狙撃(スナイプ) 』でもされた気分であった。



巧妙に仕掛けられた、その『 罠(ハイエナ) 』は・・・。



最も・・・。


最も・・・ッ。



最も恐ろしい『 星 間 大 国 』・・・ッ ッ ! !




   超 巨 大 宗 教 国 家 ッ ッ ! ! !




ー『  ア ム ス テ ラ 神 聖 帝 国  』と の 戦 争 へ と、突 入 さ せ て し ま っ た の で あ る ッ ッ ! ! !






戦 況 は 、常 に 劣 勢 ッ ッ ! !


国 力 が ・ ・ ・ ッ !



  否 ッ ッ ! !




ー 『  星  力  が 、 違 い 過 ぎ る ゥ ゥ ゥウウウ ウ ウ ウ ウ ウウーーー ッ ッ ッ ! ! ! !  』






押(お)されてッ!


圧(お)されてッ!



犯(お)され続ける、その最中・・・ッッ!!




人々は皆、気が狂わんばかりの『 絶 望 』を覚えました・・・ッッ!!




交錯するは、熱き思いッ。


故郷、母国を愛するが故にッ。


起死回生、一手打開を切望するも『 見 る も 無 残 』 。



大地は黒く、『 焦 土 』と化し。


赤くも流るるは、『 墳 血 』の大花。



力及ばぬ事を『 無 力 』と言うならばッ!



 ー 嗚 呼 ッ !


   悲 し き は、 脆 弱(ぜいじゃく) な る 『 無 力 な こ の 身 ッ ! ! 』



それは、流るる大河の『木の葉』の如く・・ッ。


最早、どうにならない事を知り得った『 人 々 は 皆 ・ ・ ・ ッ 。 』



 た だ ・ ・ ッ 。


 た だ ・ ・ ・ ッ ッ 。




 ー 『 涙 を し た ・ ・ ・ ッ ッ ! ! 』







・・・・







それは闇夜の時。


戦争は終局を迎え。


王は『最後の決戦』へと向った。



グレーデンの血統。

『 オオウの不動明王 』とまで称された、その『 勇 名 』。


数々の星間戦争。

数々の対侵略戦争に勝利を治めて来た、その『 勇 姿 』。


如何に、超巨大宗教国家・アムステラが、大軍団を相手取ったとは言え・・・。



  敗北、必然たるは、『 何たるか、嗚呼、無 念 ッ ッ ! ! 』



『 滅びの美学 』と笑わば笑え・・・。



我は・・・ッ。


勇猛なる『グレーデンの男』として・・ッ。


我は・・・ッ。


この『最後の決戦』を持ってして・・ッッ。




『 男 として、死 闘(たたか)いッ! 』




『 男 として、殉 死(し)していきたいッ! 』





それは闇夜の時・・・。


戦争は終局を迎え・・・。


王は『最後の決戦』へと向った・・・。






そして。


『その妻』は。



グレーデンの女として。


正座し、王(夫)を待ち続けました。


誰に言われた訳でもない。

誰に頼まれた訳でもない。


その手には『刃(やいば)』。


王、死するその時には・・・。


己(おの)が、腹を掻っ捌き。


『死を、共にする』つもりなのであろう。



そんな妻へと、『子(娘)』が駆け寄りました。

娘は、『母』に寄り添い、こう言います。



「サニーも。」


「サニーも、運命を共に致します。お母様。」


それは、強くも芯なる言葉。


「途絶え行くは、グレーデンの血統。」


「お父様が最後まで、血統(血)に殉じ、星の守護(まも)り手として、死して行くと言うなら・・・。」



「 その娘。 『サニー』もまた・・・ッッ!! 」



余りにも悲愴で。

余りにも哀切な、その言葉(決意)。





しかし・・。


母は首を振り。


そして、娘にこう答えました。



「生きなさい。」


「そして・・・。」




「 『 行 き な さ い 。 』 」




指、指し示すは『地下への隠し通路』。


そして、『その先』には・・・。




  ー 脱 出 艇 。



  ー 宇 宙 ヘ リ コ プ タ ー ・ ド ニ ゼ ッ テ ィ 0 0





○ 宇 宙 ヘ リ コ プ タ ー ・ ド ニ ゼ ッ テ ィ 0 0


惑星・オオウ、随一の科学者が、『レアメタル・スターシルバー』をふんだんに用い創り上げた『脱出艇』。
『全自動(フルオート)』。そして『ステルス機能』を搭載されている。


・プロペラを回転させる事により、妨害電波を発生させる高性能の『ECM機能』。

・宇宙。それ故に、如何にプロペラが回転をしようとも『真空無音』。

・宇宙。無重力が故、一度力が加われば、半永久的に『回転をし続ける。』



 正に。宇宙ヘリコプターの名に相応しい、画期的な『脱出艇』と言えるであろう。




  このドニゼッティ00を、用いさえすれば・・・。



  逃げ落ちる事も、可能かも知れない。





母は続けます。



「生き抜く事。」


「それが。」


「『グレーデンの子』としての勤め。」


「そして、サニー・・・。」


「 『 これが、母からの、切なる願いよ・・・。 』 」






 ーーーーー    ビ ” カ ” ァ ” ッ ” ッ ” ! ” ! ” ! ”    ーーーーー





夜空に『閃光』が瞬く時ッ。


妻(母)は子(娘)へと『 こ う 言 い 放 ち ま し た ! ! 』




「お行きなさい、サニー!」


「振り返ってはなりませんっ!!」


「この先っ。」


「貴方にどんな『残酷な運命』が待っていようとも『 生 き 抜 く の で す っ ! ! 』 」



「 お 行 き な さ い 、 サ ニ ー ! ! 」





  「 『  も う、 決 し て 振 り 返 っ て は 、  な  り  ま  せ  ん  っ  っ  !  !  』 」






サニーは、頷(うなず)きッ。


そして、『走りて、向いましたッッ』。



そうッ。


それは、『生き抜く為ッ!』



そうッ。


それは、『振り返る事無く・・・ッッ!!』




そして・・・。

サニーの『胸』には・・・。


痛いほど『木霊(こだま)』をし。


激しく。


叫ばんばかりの『慟哭(どうこく)』が、打ち響いていました。




  ー ( 「 『 愛 し て い る わ 、 サ ニ ー ! ! 』 」 )




サニーは『涙』します。


サニーも、また『慟哭(こた)えます。』




  ー ( 「 『 私 も よ 、 お 母 様 ! ! 』 」 )





しかし・・。


このサニーの『慟哭(どうこく)』は。


愛する母親に届く事は『 無かったのです。 』




 何 故 な ら ・ ・ ・ 。



 あ の 閃 光 は 。


『 ピ カ ッ 』と瞬いた、あの強い『 閃 光 』は 、『 父 の 死 』 を 意 味 し 。




  そ し て ・ ・ ・ 。





  母 は 、 夫 と 運 命 を 共 に す べ く 、




『 そ の 刃(やいば)を、 己 が 身 に ・ ・ ・ ・ ッ ! !  』







・・・・







そうして。

私は、母星(ほし)を後にした。


それから・・・。


どの位の時が経ったのであろう・・・?



流れ着いた星の名は。



  ーー ー 『 地 球 』 。




母星(ほし)とよく似た、青くて美しい地球(ほし)だった。


緑溢るる青い地球(ほし)。


けれど。

それは、決して自分にとって優しい地球(ほし)では無かった。


遅れた文明。

同種すら差別をし合うその社会。


どちらも自分にとって、厳しい環境であると言わざる得なかった。



そんな自分を救ってくれたのが・・・。



『 百文字(ハンドレッド)であった。 』




モノを言わぬ。

感情すら無いと思われる、鈍感な彼(ハンドレッド)であったが・・・。

必死に自分から学ぼうとする彼(ハンドレッド)を見ていると・・。


己が不幸を、嘆き悲しみ。

何もせず生きていく事が、『 罪 悪 』であると思えてならなかった。



だから私は・・・。


この姿を。


『 レ デ ィ ・ ミ ィ ラ 』へと『 変 化 』をさせた。




『グレーデンの血統』。



一族特有の・・・。


『 体を、他のモノへと、 変 化 を さ せ る 能 力 』 。




私は。


この地球で『生きて行く』と決めたのだ。



姿も。


形も。


寿命すらも違う人間。


けれど、私は・・・。


『 生 き て 行 く 』と決めたのだ。


そうッ。


『 人 間 と 言 う 種 』と共にッ。


そう・・ッ!


『 ハ ン ド レ ッ ド 』と共に・・ッ!!


だから、こうして、『 姿 』も変えよう・・・ッ!!



共に『生きて行く』と・・ッ。


共に『生き抜いていく』と・・・ッ。




『 そ う 、 誓 い 合 っ た の だ か ら ッ ッ ! ! 』






   ーーーーー そして。


         私達には『 夢 が あ っ た 』 。





それを掴む為には、『 お 金 』が必要だった。




今となっては、もうどうでも良い事かも知れない。


けれども、あの時。

私達は、毎日が我武者羅(がむしゃら)だった。




  ・・・自由を手にする。


     た だ そ の 為 に ・・・・・ ! ! !





          『 自 由 。 』






それは。


オオウの言葉で。



 『 重 力 か ら の 解 放 』 の意味を持つ。




もう一度だけ・・・。


もう一度だけ、宇宙に出る必要があったのだ。



『ドニゼッティ00』を、もう一度、宇宙(そら)へと飛ばす為には、『膨大なエネルギー』を必要とした。


その為には、『膨大な資金』が必要だった。


そして私達は、それでも、宇宙へと向かわねばならなかった。




何故なら・・・。


私達は・・。


私達が想いを描く・・・。


たった一つの『 夢 』の為・・・。





  そ れ は 。




    ーー ー 『 子 を 創 る 事 。 』





その為には、『 宇 宙 へ と 飛 び 立 ち 』。


遥かも遠く『 母 な る 母 星 』。




    ーー ー 『 惑 星 ・ オ オ ウ 』へと向かう必要があったのだ。


    ーー ー 『 オ オ ウ の 祭 壇 』へと向かう必要があったのだッ。






私は・・。


地球の種族とは、『 性 交 が 出 来 ぬ 身 』。





 ー オオウの性交は、お互いの性器を『 結 合 』させ、


   その果てに、『 お互いの 血 液 が、 入 り 混 じ る 事 』により 完 遂 されるのだ 。




何度も試した。


けれども『ダメ』だった。


だから行かねばならなかった。



  道のり遥かな『茨の道』と知りつつも・・・。


  背徳たるは『悪魔の所業』に手を染めようとも・・・。





  ー ー  「  『  私  達  は  ” 子  ”  が 、  欲  し  か  っ  た  っ  !  』  」  ー ー




           ー ー  私  達  は  っ  !




  ー ー  「  『  こ  の  ” 血  ”  を 、  残  し  た  か  っ  た  の  だ  っ  !  』  」  ー ー





 何 よ り も っ 。



 何 よ り も っ っ 。




    何  よ  り  も  強  く  っ  っ  !  !



    そ  う  ・ ・ ・ っ っ ! !



 『  想  っ  た  の  だ  ・ ・ ・ っ っ  ! !  』





けれども・・っ。



今となっては・・・っ。




     ー ー ー  も  う  。



     ー ー ー  ど  う  で  も  良  い  事  ・ ・ ・ 。







・・・・







そう・・・。

ハンドレッド・・・。



  ーーー貴方は、あの日・・・。


  ーーー大蛇毒砲との、死合へと向かうあの時・・・。



貴方は。


『初めて私に、こう言ってくれたわね。』


低い声で。

はっきりとした声で。



『貴方は初めて、こう言ってくれたわね。』




 「 共に、我武者羅に突き進む事でしか、生きては行けぬ身。 」



 「 だがな。レディ。」


 「 ワシは・・・。 」


 「 お前を『妻』だと思っている。 」


 「 最良の『夫婦(めおと)』だ。 」



 「 例え、星が違おうと。 」


 「 例え、種が違おうと。 」 



 「 この身、血を交わらす事が出来ぬと も ・・ な ・ ・・ ッ。 』 」




    「 『 レ デ ィ 。 』 」



    「 『 我 が 妻 よ 。 』 」





    「 『 ワ シ は 、 お 前 を 、  愛  し  て  い  る  ・  ・ ・  ッ  !  』  」





・・・。



馬鹿な話よね。



あの時。


もう。どうでも良くなったのよ。



何年も何年も、こうして生きて来て。

何年も何年も、寄り添って生きて来たと言うのに。




 ー 『 一体、何を拘(こだわ)っていたのだろう? 』



     今。


     生きている私達を、突き動かす、この『 強 い 感 情 』 。



     こ の 熱 い 想 い に 、 何 故 、 気 付 け な か っ た の で あ ろ う ?




貴方は向かったッ!

大蛇毒砲と『死合う為にッ!』



それが、貴方が『男として前に進みッ!』


それが、貴方が『男して生き抜く事だからッッ!!』



だから、私は・・・。


あの日。

私が母が『あの日、そうしたように。』



 私 も 『 そ う し た 。 』



それは。


母の真似事じゃない。


それは。


父への思慕だからじゃない。




『 私も、ハンドレッドを、愛しているからよ! 』



生きて帰って来たのなら、こう言おうッ!



『 本当にッ! 』


『 二人の為に、今したい事の為に生きていこうッッ!! 』



もう何かも手遅れかも知れない。


私達は、夢の為、余りにも『手を染め過ぎてきた。』



  もう。抜けられない。


  帰る場所など無いのだ。


『 帰る場所など無いのだ!! 』




でもね。


ハンドレッド。



私達は生きていける。


何故なら。




   ー この『絆』は。


   ー 決して私達を『 引 き 裂 け さ せ な い 』のだから。



   ー 誰であろうと。



   ー 私達を踏み躙(にじ)る事などは、『 出 来 や し な い 』のだから。





貴方は『ボロボロ』になってしまった。



それは、大蛇毒砲と死合ったが為に。


それは、Dr.劉の科学力の前に。



でもね・・・。


ハンドレッド・・・。




  ーー ー  二 人 の 絆 が 、 あ る 限 り 。



  ーー ー  出 来 ぬ 事 な ど 、 何 一 つ 無 い 。




それは、二つあった。


だから、二人で話した。


そして、二人で選んだ。


こうして、二人は選択をした。




そ う ・ ・ ・ 。 



そ の 『 選  択 』 こ そ が ・ ・ ・ ッ ッ ! ! !







・・・・







そして、現在(今)。


私は、ハンドレッドを抱きかかえている。


貴方は、現在(今)。


あの日のように『ボロボロ』になってしまった。



あの日。


私達が選んだ『 選 択 』。



そう。


それは、『耐撃の百文字』。


如何なる『辛苦』も物ともせずに。


『耐撃』の果て、勝利を掴む。



そう。


それは、『レディ・ミィラ』


本来の姿を覆い隠す為の『この姿では、無くなったのだ。』



『 包帯(傷)だらけの、女(レディ)になろうとも。 』



『耐撃(あなた)』に寄り添い。


そして。


『 勝利を共にす。 』




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





     ビ ” カ ” ァ ” ッ ” ッ ” ! ” ! ” ! ” 







『閃光』が瞬いたッ!


それは、かつてッ!


オオウの夜空に瞬いたッッ!!



『 王 、 最 後 の 煌(きら)め き 』 に 似 る ッ ッ ! !





それは、二つあったッ!


一つは『ドニゼッティ00』を分解をしッ!

その『動力』と『レアメタル・スターシルバー』を持ちてッ!


『 貴 方 を、ア ン ド ロ イ ド 』として、 蘇 ら す 事 ッ ッ ! !



もう一つは『グレーデンの血統』ッ!

『 体を、他のモノへと、 変 化 を さ せ る 能 力 』を持ちてッ!


『 私 は 貴 方 の、体 の 一 部 』として、 こ の 命 を 捧 げ る 事 ッ ッ ! !





だから、二人で話したッ!


そして、二人で選んだッ!


そうして、二人は選択をしたッ!!




  「  二 者 択 一 の 、『 選 択( 答 え ) 』 な ど で は な い ッ !  」



  「  私 達 が 選 ん だ 、 も う 一 つ の 『 選 択( 回 答 ) 』 ッ ッ ! ! 」




 ーーー そ う ・ ・ ・ ッ ッ ! !



 ーーー そ の 『  選  択(  答  え  )  』 こ そ が ・ ・ ・ ッ ッ ! ! !




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





ーー「  サ イ ボ ー グ ・ 『  耐 撃 の 百 文 字  』の 誕 生 で あ る ッ ッ ッ ! ! !  」ーー








そ し て 、 現 在 ( 今 ) ッ !


最 早 、 『 レ ア メ タ ル 』 も 『 動 力 』 も 存 在 も し な い ッ ッ ! !



  二者択一どころか、『 選 択( 答 え ) は、 一 つ  ッ ッ ! ! 』




        然れども、この『 命 の 瞬 き 』 を ッ !


        貴方の体の一部へと変化(かえ)て行くのは、『 死へと向かう、その為ではないッ! 』



  ーー 『 手 の 打 ち 用 が 無 く 、絶 え た 望 み を 嘆 く か ら で も、 無 い ッ ッ ! ! ! 』 ーー




               それは『 見 つ け 出 す 為 に ッ ! 』



               それは『 そ れ を 選 ぶ 為 ッ ッ ! ! ! 』



               今、この時、また、あの日のように『 二 人 は 選 び ッ ! 』




           そ し て 、『 選 択( 答 え ) 』を、 導 き 出 す の で す ッ ッ ! !




                      そ  う  ・  ・  ッ  !  !




              ーーー 『  愛  し  て  い  る  わ  ・ ・ ・ ッ  !  !  』





   ーー 「 『  ハ ” ン ” ド ” レ ” ェ ” ェ ” 〜 〜〜 ッ ド  ” ッ ”  ッ ”  !  !  』 」  ーー







     ヴ ” ィ ” ィ ” イ ” イ ” 〜 ” 〜 ”〜 ”





                〜”〜” 〜”〜” ィ” ィ”  ィ” イ” イ” イ”






         カ ” ン ” カ ” ァ ” ン”カ”ン”カ”ァ” ン ” カ ” ァ ” ン ” カ ”






                 ン ” ァ ” ァ ” ァ”ア”ア”ァ” ン ”ン  ” ア ” ア ” ン ” ッ ッ ! ! !





  ァ ” ァ ” ァ ” ア ” ア ” ア” ア” ア”〜”〜”〜”〜” ン ” ン ” ン ” ン ” 〜〜〜〜 〜 〜 〜 ッッッ ! ! ! !





            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





  そ し て 、 そ の 煌 め き は ッ !



  強 く ッ !


  強 く ッ !


  強 く も 瞬 い た ッ ッ ! !




 そ れ は、 こ の 世 に『 た っ た 一 つ し か 存 在 を し な い ッ ! 』



    何 よ り も 代 え 難 い、『  唯  一  の  瞬  き  ッ  ッ  !  !  !  』





      ーーー 百 文 字 が 『 妻 ッ ! 』



          レ デ ィ ・ ミ ィ ラ の『 命 の 瞬 き 』で あ る の で す ッ ッ ! ! ! ! ! !







ーーーーーー





 ・・・続く。