×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



レゼルヴェ国 ー スラム街  時刻・20:16



憎きはアムステラ。
許すまじは侵略行為。

この緑溢(あふ)るる、青い星を護る為・・・。

大義があり。使命がある。
だが人は、『やり遂げなければならない事』があるよりも・・。



  ー『 今、自分に一体 何 が 出来るのか? 』と言う時にこそ、



  ー『 強 く 成 長 で き る の だ ・・・ っ ! ! 』




我、思うが故に今日を生きてく。

我、在るが故に今日も生きてく。


より明日・・。



 ー 強 く な る 為 に っ 。



今日をもっとっ。

明日をもっとっ。


更なる変貌を諦めずっ。

更なる熟成を諦めずっ。



そして、辿り付いた今日に・・・っ。



 ー 『  自  負  』、 抱 か ぬ 訳 が 無 い っっっ ! ! !




それは、このスラム街とて同じ事・・・っ。


アヒィと言う奇声が聞こえるっ。

ウヒョヒョウと暴れ狂っているっ。


だが、その全ての行動の指針(ベクトル)は『対アムステラ神聖帝国』に向けられているっっ!!



自由(フリー)も!


解放(フリー)もっ!


混沌(フリー)もっ!!


暴力(フリー)もっっ!!




其処に・・・。


 『白人(しろ)も、黒人(くろ)も無い・・・っっ!!』



外銀河全域を支配すると言う、途方も無くドでかい宇宙帝国に対し・・・。

1惑星の1大陸。

そのまた1国境に区切られた、小さな1軍事国家が『 国を挙げての、徹 底 抗 戦 。 』


無理も無謀も良いトコではあるが・・・。



国中が信じて疑わない事が『 一つあった。 』




  ー 如何なる外敵(てき)が、来ようとも・・・っ!!



 ー 我々は・・・っっ!!





     ギ  ガ  ン  ト  は  、  敗  北( や ぶ れ ) な  い  っ っ っ っっ ! ! ! ! ! ! !





深玄(しんげん)たるは、『信拠(しんきょ)の只中(ただなか)ッ!!』



 異を唱えんと、欲するが故かッッ!!



 キンキンとノイズする『 金 切 り 声 』が、響き渡ったッッ!!




・・・・




○クロガネの賛歌・第3章 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー

 第1話「バァァアアブ バ ブ バ ブ バブバブ ハ ァァアアアアイ ッッ ! ! 」





・・・・




「 『  バ ァ ァ ァ アアア ア ブ バ ブ バ ブ バブバブ ハ ァァ ァ アア ア ア ア イ ッ ッ ッ ! ! ! 』 」




キンキンとノイズする、『金切り声』が響き渡るッッ!!





ドヨ・・・ッ!?(ざわめきが起こったっ。)



 ドヨ ドヨ ドヨ・・・ッ!?(人々は皆、恐怖をしたっ。)




不安ッ! 焦燥ッ! 不快感ッ!



そして、更なる『恐怖』が舞い降りるっっ!!!






 ブィゥウウウ・・ ・ ・ ・ ・  ・ ン


 ー 電子音だっ。



 ザ・・ ザザザ・・ ・ ・ ザ ザ ッ


 ー 巨大な立体映像が浮かび上がっていくっ。



 ビ ン ッ !


 ー 映像が固定されたっっ。





その『クッキリと映し出された 映 像 を目にした人々は皆・・・っっ。』





「「「「 ギィヤァァアア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア アア アア アア アア  アア アアアアアア!!!!!! 」」」」」




叫んで『悲鳴』っっ。

慄(おのの)いて、
恐怖をする『絶叫』だっ。

その映像を『認めたくない』と、心からそう願うから『叫声』だっっ。




  浮かび上がった『 怪奇の主(ぬし) 』は・・・・ッッ!!






ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ





「ハァーイ。」

無機質な・・・。



「はじめまちてでちゅ、迷いの子等よ、バブゥー。」

無機質な姿をした『赤ん坊』であった。



「チミ達は、運命の奴隷。」

キューピットのような無垢な表情で、『固定』された鉄面皮と。



「惑星レヴェルの安息を知らず、日々苦しみ続ける『運命の奴隷』。」

メタリックシルバーに彩られたその身体有色(ボディ)。



「風車に立ち向かう愚者(ドンキホーテ)の如くに・・・。」

西洋彫刻を連想させる控え目なペニス(お○んちん)と。



「決して報われる事の無い戦いに、苦心し続ける『 運命の奴隷達 』よ・・・ 。 」

ポッコリした寸胴腹を持つ『脳移植型改造式鋼鉄赤ん坊(スーパー・メタリック・ベイベー・カスタム・バディ)』。




  ー怪奇で・・・。


  ー奇妙な赤ん坊の『その名』は・・・ッッ!!





「 『  ド  ク  ト  ル  ・  ベ  イ  ベ  ー  』  。 」




ベイベーは、両腕を広げる。




「それが、ボクの名前。」



ベイベーは、夜空を仰ぎ見ながら。



「外銀河全域を支配する『アムステラ神聖帝国』の名に置いて・・・。」




   ビィ カ ァァァアアアアアアーーーーー ッッッ!!! ( 発 光 ッ ! ! )




「チミ達に、『 果 た し 状 』を、


 叩きつけに来まちたよ、ハ ァ ァ ァ ア ア ア ア イ イ ー  ー ー ッ ッッ ! ! ! 」





  ビカッ! (点滅ッ!)


  ビカッ! (点滅ッ!)

  ビカッ! (点滅ッ!)
  ビカッ! (点滅ッ!)
  ビカッ! (点滅ッ!)

  ビカッ! (青くッ!)
  ビカッ! (蒼くッ!)
  ビカッ! (碧くッ!)





ギュンギュンギュンギュンギュンギュン(蛍光ゥ蛍光ゥ蛍光ゥ蛍光ゥ蛍光ゥ蛍光ゥ)



ギュンギュンギュンギュンギュンギュンギュン(そいつはッそいつはッそいつはッそいつはッそいつはッ)



ギュンギュンギュンギュンギュンギュンギュンギュン(姿をッ姿をッ姿をッ姿をッ姿をッ姿をッ姿をッ姿をッ)



ギュンギュンギュンギュンギュンギュンギュンギュンギュン(変えて換えて代えて替えて変えて換えて代えて替えて)






   ボォ ッ ッ ッ ッッ ジュ ュ ュ ゥ ゥウ ウ ウ ウ ル ッッッッ !!!!! ( 形成されるは 大 怪 球 ッッッ!!! )





 ー 間 髪 入 れ ず っっ!!!!




 ド ォ ッ ッ ッ ゴ ォ オ オ オオ オ オ オ オオオオオオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ ! ! !


 ( 大 怪 球 が、 直 進 を し た ぁぁぁ あ あ ああ あ あ あ あ ああ あ あ あ あ あ あ あ あ あ !!!!! )






 グ ォン グ ォ ン グォオン グ ォン グ ン グォ ( 直 進 ッ ! 快 速 ゥ ッ ! )





       ン グ ン グォ オ ング ン グォ ン グゥ ングォ ン (ひときわ高い『ビル』を目掛けてッッ!!)





           グ ゴ ゴ ゴ ォ ォ オオオオーーー オ  ー オ オ ッ ッ ッ ! ! ! (そして大怪球が今ッッッ!!!)







 ドッッ ヴァ ァ ァ ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア アアアアアアアアアア ア ア ア ア ン ! ! ! !


 ( ドでかいビルと 『  大  激  突  』 ッ ッ ッ ッ ッ ツツツ ツ ツ ツ ツ ツ ツ ! ! ! ! )







 ー そのビルの名、『ベイベーおフランス』 ッッ!!


 ー かつてのあの日!

 ー レゼルヴェ国が、一日革命、『コマンタレヴ・ラプソディ』のあの日あの時!!


 ー ギガント28号の『蹴撃』にて!


 ー 胴体横断ッ! 真っ二つにされた『あのビルであるッッ!!!』






  ボジュル ボ ジ ュ ル ボ ジ ュ ル ッ! (ビルを『光』が蹂躙するッ!)


  ボジュル ボ ジ ュ ル ボ ジ ュ ル ッ! (『青き光』が蹂躙を続けるッ!)


  ボジュル ボ ジ ュ ル ボ ジ ュ ル ッ! (『青き光』が 形 作 る っ ! )


  ボジュル ボ ジ ュ ル ボ ジ ュ ル ッ! (形作られた、『 そ の 姿 』とはッッ!!!)







 ヴ ォ ッ ッッ  ジュュュュユユユユゥゥゥーーーーーッッッ!!! ( 青く塗り固められた 一通の果たし状ッッ!! )




青い文字にて、彩られたっ。


青くも塗り固められた、果たし状っ。


突き付けらるるは、『 決 闘 そ の 意 思 っっ !!! 』



文脈以下が、示すが通りっっっ!!!





○  ー  果  た  し  状  ー



  『 鋼鉄の悪魔・ギガント28号に告ぐっ。 』


  『 度重なるは、貴殿の暴虐っ。 』


  『 失われた命の尊厳を守る為、今ここに 決 闘 を 求 め る 者 な り っ っ ! ! ! 』




      ク ル イ ・ ケ ン ・ キ ャ ク にて、



      貴 殿 を 『 斬 り 滅 ぼ す 』と、今ここに宣言をしようッッ!!!




  『 誇りあるならば、迎え撃って頂こうか、 耐 撃 の 百 文 字 っ っ !!! 』



  『 三日の後っ。 』


  『 その深夜っ。 』



  『 マドモワゼル平原にて、23の刻(23時)貴殿を待ち受けるッッ!!! 』






 シ ュ ゴ ォ ォォ ォ オ オ オオ オ オ オオオオオオオオオオオオ!!!!! (青き果たし状が、上昇をするッッ!!)





「そうっ!」


金切り声が響き渡るっ!



「これぞ、即ちっっ!!」


果たし状、再び姿を変え、『ドクトルベイベー』の姿を形作るとっ!!!





  ー 股 間 の ソ レ を 、 隠 す ポ ー ズ を 取 り な が ら 言 い 放 っ た っっ !!!








「 『  ギ  ガ  ン  ト  破  壊  指  令  』 に て 、 ご ざ い ま ち ゅ っ っ っ ! ! ! ! !  」 









  ー バァァァァアア ア ア ア ブ バ ブ バ ブ バブバブバ ブ ハ ァ ァ ァ ア ア ーーーーーーィィイ ッッッッ ! ! !





再びキンキンとノイズする 笑い声が響き渡ったっ。




・・・・・




人々は皆『唖然』とした。



常識を・・・。


否(いいや)ッ!



 非 常 識 す ら 超 え た 、 こ の 赤 ん 坊 ッ ッ ! ! !



これが大敵ッ!


アムステラと言うのかッ!



超越と言う言葉すら、虚しさを覚える『圧倒的な常識外れッッ!!!』




怖いだとか、恐ろしいと言うならば、『打ち勝てば良い』のであろうが・・・・。



  常識を外れた者に対して、『どう対応すれば良いのだ?』


  無視をすれば良い話では無いのだっ!


  理解をし難い、非常識すら超越をしている『その主(ぬし)』がっ!




   『 今 地 球 を 、 侵 略 し 続 け て い る の だ ッッッ ! ! ! 』




理解不能が『絶望を呼び起こすッ!』



勝てないッ! 


勝てないッ! 

勝てないッ! 
勝てないッ! 
勝てないッ! 
勝てないッ! 


やはり我々は、勝てないのか?

ただただ侵略をされ、蹂躙をされて、


飲 み 込 ま れ 続 け る だ け なのかァーッッ!!!?





「けどねっ。」



「如何なる困難が待ち受けていようともっ。」





  ー 我々は全てを投げうってでも、その野望打ち砕かねばならない 理 由 ( わ け ) が あ る っっ。




挫ける寸前、3秒前ッ!

待ったを掛けるは、響き渡るッ!!



レディ・ミィラの『抗戦意思ッッ!!!』






「そう。」

レディは続けて、意思を表示しっ!



「そして、それは・・っ!!」

レゼルヴェ国が、支配者(オサ)を呼ぶッッ!!!






ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ




地鳴りが起こったっ!



あの日・・っ。


あの時・・・っ。


あの瞬間と同じ様に・・・ッッッ!!!



街の外れからっ。

地面の奥深くから響くようにっっ。




 ー 地響きっ、地鳴る・・・っ。


   その最中(さなか)っ




   太くも響くは、『 百 文 字 が、そ の 声 で あ る ・・・ ッ ッ ! ! ! 』




「 来るが良いッッ!!! 」




「 そして、目に物を見るのだッッッ!!!! 」





「 やり遂げれられるモノなら、『 成 し 遂 げ て み せ よ ッ ッ ッ ! ! ! !  』 」







 パ チン!


 その『指』鳴らす、 鳴 音  響 く と・・・ッ!!!






「 来いィィイ イ イイーーーーーッッ ッ ! ! ! ! 」





「 『 ギ ガ ン ト 2 8 号 ォ ォ ォ ォ オ オ オ ゥ ゥ ゥ ウウウウーーーーッ ッ ! ! 』 」






 百文字が、蛮 声 ッ !



『 鋼鉄の巨人 』、そ の 名 を  呼 び 寄 せ る ッ ッ ! ! !






 ード ゴゥ!

 地響きが起こったっ!


 ード ゴゥ!

 マグネチュードは幾つだっ?


 ード ゴゥ!

 震度はっ?


 ード ゴゥ!

 立ってなんかいられないっっ!!!


 ード ゴゥ!

 誰もが皆(みんな)・・・っっ!!!


 ード ゴゥ!

 座り込むっっ!!!





そうして、誰もが、空を見上げるッッ!!!




(ああ!)

 皆、空を見上げているっ。



(何を恐れていたのだろう!)

 皆、そう思ったのだっ。



(何に恐怖をしていたのだろう!)

 皆、そう感じたのだっ。



(よっぽどオバケじゃないか!)

 皆、そう恐れていたのだっ。



(よっぽど化け物だったじゃないか!)

 だが、怖くなんか無かったのだっ。





  ー(こんなにも、おっきくてっ。)



   ー(こんなにも、強そうだったのにっっ。)




 皆がその『巨人』に憧れを抱いたのだっっ。




何故ならっ!!


何故なら、誰もが見上げたその『主(ぬし)』とはッッ!!!




 ド ズ ン !

 ー それは地より這い出た巨人。


 ド ズ ン !

 ー 大地に大穴を開け、這い出た巨人。


 ド ズ ン !

 ー それは呼び掛けに応じた巨人。


 ド ズ ン !

 ー 耐撃の百文字に応じた巨人。


 ド ズ ン !

 ー どこまでも鋼鉄で。


 ド ズ ン !

 ー どこまでも無骨なその巨身。


 ド ズ ン !

 ー 全長50m


 ド ズ ン !

 − 体重550t


 ド ズ ン !

 − 耐撃の百文字のみが真実であり。


 ド ズ ン !

 − 耐撃の百文字のみを盟友とする。


 ド ズ ン !

 − QX団が 最 終 兵 器 ッ ! !




「そうッ! そして、その名よ 轟 け ッ ッ ! ! 」




「 『  ギ ガ ン ト 2 8 号 ゥ ゥ ゥ ゥ ゥ オ オ オ オ オ オオオオオオーーーーッ ッ ! ! 』 」







 ー グ ギャ オォオオオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オオオオオ オ オ オ オ オ オ ! ! ! !  ー





ギガント28号が、雄叫びを挙げ現れたッッ!!




そして百文字の蛮声響くッッ!!!




「不倶戴天(ふぐたいてん)の敵が今ッ!」



「我等が夜空を、土足で踏み躙(じ)るッッ!!」



「許すまじは、ドクトル・ベイベー・・・・ッッ!!!」



「廻脚(えんきゃく)・・ッ! 怨 敵(おんてき)・・・・ッッッ!!!」





   ー 斬 り て 、討 ち 滅 ぼ す ッッッッ !!!!!





巨人よッ!




百文字が命ずるッ!





 ー ギ ガ ン ト ォ ォ ォ ォ オ オ オ オ オ オ オオ オ オ オ ! ! ! ! !




『 ア”キ”ラ” ッ ッ ! ! 』



  異音にてギガントッ! 応えるは28号ッッ!!!





 グッ・・・・ッ

 両脚と・・・っ。


 ギィギ ギ ギ ッ ッッ ! ! !

 胴体の鋼鉄蛇腹を、『収縮(コントラクション)』させっっ!!!





『 グ ギャ オォオオオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オオオオオ オ オ オ オ オ オ ! ! ! ! 』




 ー ギガントッ! 雄叫ぶと、共に ッッ ! ! !







ダッッッッッ ギュュュ ュ ユ ユウ ォ オ オ オ オ オ オ オ  オオオオ オ オ オ オオオオ ーーーーーー ッッッッ!!!!


 三連的鋼鉄蛇腹超伸縮故似天空 ( ト リ プ ル ・ ズ ゥ ー ム ・ ス プ リ ン ガ ー ッッッ !!!! )



     ー 三つを伸縮(ズゥーム)させる事により、ギガント『 空 を 跳 ぶ ッッッッ !!!! 』







  ズ ッ ッ ッ  オオ オオオ オオ オ オ(大空羽ばたくッ! 鋼鉄の巨人ッッ!!)







        オオオ オオ オ オ  オ オ オ ー ー ー ッ ッ ! ! !(その名はギガントッ! 28号ゥーッッ!!)





 ー ギガントよッ!!!


 ー 百文字が命ずるッッ!!!





「横転にて捻りを加え、その踵『ぶ ち か ま す の だ ッ ! ! 』」



「『 前田独特の軌道を描くッ! ニ ィ ィ イイ イ  ル  ・ キ ッ ク で あ る ッ ! !  』 」





  ー そして、この度は特別だッッッ!!!





「 『  レ ス ラ ー へ の 賛 歌  そ の  1  ッ ッ ッ ! ! !  』  」






     ー「 当 た り 前 田 の ォ ー ッ ! ! 」






 『  ク ” ラ ” ッ ” カ ” ァ ” ア”ア”ア” ア” ア” ア” ア” ー ー ーーー ッッ ッ ! ! !  』


    ギガントッ! 異音にて応える鋼鉄(モノ)なりッッ!!




  夜空、空跳ぶ『鋼鉄の巨人』がッ!!!





   ー グ ゥ ・・ ・ ン ッ !

     横転ッ! 加るるにッ!!


  ー ズ バ ァ ァアアアーー ン ン ッ ッ ! !

    捻り、それ即ち、『 踵 、 廻 脚 (えんきゃく) 』となりてッッッ!!!!!







   ゴ ッ ッ ッ  バァ アアア アア ア ア ア ア(夜空浮かぶは、ドクトル・ベイベーをッッ!!)






         アアア ア ア ン ア ァ ァ ア ア ン ッ ッ ッ ! ! !( 切 り 裂 い た ァ ァ ア ア ! ! )





 ーーーー そ し て 、 そ の 瞬 間 ッッッッ !!!!!!







ズッッ ッ ガ ァァ ァ ァ ァアアアアア ア ア ア ア アア ア ア ア アアア ア ア ンン ン ン ! ! ! !  ! !




   ーーーー 轟 き 響 く は 、  破  壊  音  ッ ッ ッ ! ! ! !






シュォォ ォ オオ ・ ・ ・ ・・・ォォ (ベイベーが映像・・・ッッ!!)




          ォォォォオオオ・・・ン ン ン 。 。。。( 霧散しッ! 消 滅 ッ ッッ ! ! ! )




  グ グ グ ゥ・・・・・ン ッッ!!! 


  ギガントは宙空ッ! 体勢を整え・・・ッッ!!




     ・
    ・
   ・
  ・

 ・

 ・

 ・

 ・



 ドッッッ ズゥゥ ゥ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウウ ウ ウ ウ ウウウウウウ ウ ウ ン ン ン ン ! ! ! !



    ーーーー 轟音と共に『 大 地 に 、 着 地 す っっっ !!!!!! 』







・・・ィィィィ ィ イ ( 訪れるは・・・。 )



   ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ン  (  静 寂 ・・・。 )





 ー そして、その深々(しんしん)打ち破るは、我等が支配者(オサ)。





「 『 レスラーへの賛歌 その3・・・。 』 」



 我等が百文字(オサ)が、低くも呟くと。。






ズ ォ オオオオ ・・・・・・ ッ ッッ ! ! !



 ー ギガント28号は、その右腕を・・。




 ー 高々と 天 へと 突 き 上 げ て・・・。






 ズ ン ッ !

 高々と上がった・・・。


 ズ ン ッ !

 その右腕の・・。


 ズ ン ッ !

 人差し指一本・・・。





   ズ ォオオオオオオオオ オ オ オ オ オ オ オ  ーーーーーーーーーー  ッ ッ ッッ ! ! ! !




   天  を  指  す  ッ  ッ  ッ  !  !  !





 ギガント指先、無骨な指先ッ!



 天に高くは、尚高くッ!



 1の字表し、百文字ッ!!





  それ即ちは『 ICHIBAN POSE(イチバン・ポーズ) 』 ッ ッ ッ ! ! ! !






 ーーーー レスラーへの賛歌をし終えると・・・・ッ。





『  イ ” チ ” バ  ” ァ ” ァ ” ァ”ァア”ア” ア ” ア ” ア ” ン ” ン”ン”ン” ッ  ッ  ! ! !  』





 ギガントは、雄々しく。


 そして猛々しくも、 雄 叫 ん だ ッ 。





・・・・・




   ・・・・・ッッ!!(人々は皆。)



       ・・・・・・・ッッ!!!(思い起こしていた。)





 ー そうだ・・っ。


 ー そうであったのだ・・・っっ。




 ー 何て我々は、忘れっぽかったのであろう・・・っっ!!



そう。

誰もが信じて疑わなかった・・・。




  た っ た 一 つ の そ の 事 柄 を ッ ッ ! ! !





ー 如何なる外敵(てき)が、来ようとも・・・っ!!



ー 我々は・・・っっ!!





  ー ギ  ガ  ン  ト  は  、  敗  北( や ぶ れ ) な  い  っ っ っ っっ ! ! ! ! ! ! !





・忘るる事無かれ、人々よッ!!


・忘るる事無かれ、誰も彼もッッ!!




 ー そして、人々は。



 ー 思い起こしたかのように、誰もが『叫び声』を挙げた。





ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)


一人が叫び声を挙げると。



ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)


もう一人も叫ぶ。



ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)

ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)


続けて叫んで。



ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)


誰もが叫び出す。


ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)


誰も・・っ。



ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)


彼もが・・・っ。




ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)
ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)

ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)

ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)

ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)

ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)

ICHIBAN(イチバァァァアアアアン!!!)



叫んで吠えたっっ!!




 ー そうだっ。


 ー その通りであるのだっ。





ー 我々は・・・っっ!!





  ー ギ  ガ  ン  ト  は  、  敗  北( や ぶ れ ) な  い  っ っ っ っっ ! ! ! ! ! ! !






深玄(しんげん)たるは、『信拠(しんきょ)の只中(ただなか)』。


誰もが皆、『ICHIBAN(イチバン)』を叫んだ。





・・・・・




  バルルルルルルルルル ル ル ル ル ル ル ル ゥルルル ゥゥ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウーーーーーーー!!!




プロペラ音がしている。

だがヘリが飛んでいる訳ではない。


それは、レゼルヴェ国内の『とある軍事施設』。



 その一室。


一人で陣取る、その名は『レディ・ミィラ』。



それは黒髪の女性。

艶やかな髪の持ち主であった。憂いた瞳を持つ女性であった。
ローブに身を包んでいる。露出の控えた服装をしているが、豊満なチチ(胸)と豊満なケツ(尻)を隠す事ができない豊満なバディ(肢体)。


だが、その女性は『奇妙』な事に・・・。


全身を『ミイラの如く包帯で覆い隠していた』。



 ー レディ・ミィラは通信している。

 ー レゼルヴェ国が、黒服の支配者。



ー 百文字(ハンドレッド)に通信している。




「アロンズィS06の『プロペラ型妨害電波システム』は、てき面だったわ百文字(ハンドレッド)。」



「『こんな事もあろうかと』だなんて、古典的な言い草だけれど、


  言ってみると、中々爽快な響きだとは思わなくて? 百文字(ハンドレッド)?」





○『 ア ロ ン ズ ィ S 0 6 』


 コマンタレヴ・ラプソディ以前の、レゼルヴェ国最強ロボ。

『超ステルス銃撃機』の異名を持つが、その実態は計6機の特殊戦闘機であった。


 前後の風景を機体に投影する事するステルス機能と、プロペラを回転させる事により、妨害電波発生させるECM機能。

 そして、リモートコントロールによる単独でのコンビネーション戦闘から、

 他機や障害物が入り混じる市街地戦などでは、チート級の戦闘力を誇りギガント28号を苦しめた。


 その機体データは完全にブラックボックスであり
 操者もろとも『リモートコントローラー』までをも破壊してしまった為、

 現在は動かぬ鉄クズと化しているが、その優れたシステムは『様々な部門』で研究をされている。





「アムステラが設置したであろう『立体映像照射装置』は、これによって『妨害』。」


「ドクトル・ベイベーの画像を霧散させると同時に、手持ちの『作音装置』を発動させる。」



「見事ギガントが、ベイベーの虚像を打ち倒したように見えたと言う訳よ。百文字(ハンドレッド)。」




  ー あの日あの時、レゼルヴェ国中の映像機関をジャックした事と比べれば、



  ー 畑違いの工作行為と言えども、


    さして難しい事では無かったわ、百文字(ハンドレッド)。




「アムステラが設置したであろう、立体映像照射装置は、『エモンド中尉』に撤去させる予定。」


「とってもペケペケペケェーなスラムの男(ガイ)の彼以上に、スラムの事を任せられる人材は居ないって言う事。」




  そしてレディは、百文字に問いかける。




「そっちは、どぉ〜お? 百文字(ハンドレッド?)」


「照射装置の設置をした輩(やから)は、見つかって? 百文字(ハンドレッド)?」




 ・・・・・。



 ・・・・・。



 ・・・・・。




 百文字の応答が無い。




「・・・・。」



「百文字(ハンドレッド)?」


「聞いているの百文字(ハンドレッド)??」




ガ・・・(雑音がした。)


 ガガガガガ・・・(雑音と混じって。)




   ガ ッ ! ! (百文字の返答。)





  ー レディ。


  ー 戦闘態勢に入る。



  ー 故に、通信を切断する。




 プ ツ ・・・・・ッ!! (通信が切れた。)




・・・・・。



短くも。

確かで。


緊迫をした、その返答。




「百文字(ハンドレッド)・・・・ッ。」



レディ・ミィラは、思いを巡らす。



 ー 私と百文字(ハンドレッド)が、ギガントの操縦方法に『リモートコントロール』を選択したのは・・・。


 ー ギガントの操縦をすると同時に、彼自身も別の作戦を遂行させる為。


 ー 戦闘サイボーグである百文字(ハンドレッド)の戦闘力、能力を考えれば、それは十分可能な事。


 ー そして共に巨大な戦力を持つが故、操者と機体を1点に集中させる事は愚策と言えたから。




   ー その百文字(ハンドレッド)が『戦闘に入る為、通信を切断する』と告げてきた。



 ー それは即ち・・・ッッ!!!



 『 のっぴきならない 大 々 敵( だい たい てき )との戦闘を 意 味 を す る ッッッ !!!! 」





 バ サァ・・・・ッ。


 レディは、ローブを脱ぎ捨てて。




  ー そして手に取った・・・。




 コ ト・・。 ( それは、一振りの匕首(小刀) )




  ー レディは、正座をし。



 ス・・・ッ ( その、匕 首 を抜き放つ。 )




レディは神妙に、目前を見据える・・・っ。




ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ





「百文字(ハンドレッド)。」


「敗北が許されないのは、私とて同(おんな)じ事。」


「貴方が死す時は、この私も死す時よ。」




レディは続ける。




「生きて帰って・・・。」


「百文字(ハンドレッド)・・・。」



「この私に腹を掻っ捌く真似をさせたら、死んでも恨んで嫌味を言い続けてやるわ。 百文字(ハンドレッド)。」




悲壮なるは、レディの決意。



そして・・・。



 『 耐撃の百文字 』は・・・・ッッッ!!!!






・・・・・




・レゼルヴェ国 スラム街より10km『 無人の廃工場 』 時刻・20:31





ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ






 ゴチャゴチャとした・・・。


 不作法な空間であった。



 暗闇のみが支配している。


 大きな鉄屑が散乱している。


とても廃墟なこの空間に・・。。


2mを超える『大男』が、二人佇み睨(にら)み合っている・・・っっ。




 ギィロ・・・。 ( 睨(ね)みつけるは、三白眼。 )




「どちらが目鼻をこの地に埋めるか・・・ッ。」



「決戦の時は、今この時である・・・ッッ。」




  『 鷲 鼻 の バ ト ゥ ロ ・・・・ ッッ!!!! 』




 低くも太く、声 響くと。





「ギガントの操縦は、し終えたかね?」



  『 耐 撃 の 百 文 字 ・・・・ ッッ!!!! 』



 同じく低い、かの声が響いて。




 ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! (機械音が始まった。)



 ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! (細かい跳躍を繰り返す音だ。)



  ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! ギシュ! (かの声の主から聞こえてくる。)





「ならば、この『鷲鼻のバトゥロ』。」




「『 四次元ボクシング 』にて耐撃の三白眼、この地に埋めると宣言をしよう・・・っっ。」




 ・ アップライトスタイル


   体を真直ぐにし、拳を構える戦闘スタイル。


   攻撃を防御するとき上体を弓なりに反らし、動きが機敏である事が特徴。





「 埋まるのは、その鷲鼻である、『 鷲 鼻 の バ ト ゥ ロ  』・・・ ッ ッ ! ! ! 」



 ザ ・・・ッッ!! (百文字が、両の腕を広げるッッ!!!)





静寂、充つるこの暗闇の中で・・・ッ。



 2機のサイボーグ。


 己が信念ブツけんと欲していた・・ ・ ッ ッ 。




ーーーーーー


 ・・・続く。