×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



あれから、どれ位経ったろう?
アタシこと『 “闘売女(バトルビッチ)”ズレアバーシャ 』通称ズレアバちゃんが、
“殺戮ゴーレム”と呼ばれる『 デスロイド 』の両腕に簡易アームを取り付けながら大分経った。

破損部位の切断も終わったし、配線系統の接続補修も何とかかんとかでやってのけた。
右腕の取り付けは既に終え、後は左腕の配線を終えればってカンジ。

この両腕の修理さえ終われば、デスロイドは“虚影棺(ブロッケン)”の起動に移れる。
「戦闘形態」である“幻景(ゲンガー)”の姿となれば、QX団が最終兵器と謳われる
『 ギガント・マシィン(=ギガント28号) 』を破壊する事も造作も無いだろうと聞かされている。

そうしてアタシは長かったスパイ生活を終えるんだ。そうしてようやく“毒針”アクートに逢う事が出来る。

世話になったドクトル・ベイベーを騙し続けた事。アタシと同じ人間の体を持たないサイボーグ達を裏切り続けたと言う事。
・・・正直キツイよ。でも、今更『ゴメン、スパイでちた。テヘペロ♪』とか言える訳無いし・・・。

“迷宮の道化師”ゲン・ドルベルからこのスパイ案を提示されたあの時点から・・。
アタシにはそれしか選ぶ道が無かった。だから、タフ生きた。
眼球を改造したアタシには流れる涙すら無い。心の奥底まで改造手術したみたいに、タフに生きたよ。

そうして、あと一歩ってトコまでやってきた。

その感慨からか。それとも別の何かか・・・。


やけにデスロイドが可愛く思えてならない。人間臭いんだよ、コイツ。まるで生まれたての赤ん坊でも見ているみたいだ。

アタシは思わず、こう口にする。

「なぁ、ちょっと確認取るけどさ・・・。」

「アンタは、感情が無いんだよね?そう聞いたハズだけれど。」


デスロイドは答える。

「そうだ。」

アタシは突飛に。

「ウソじゃね?」

と言った。

「何か人間臭いんだよ。機械はもっと無機質で無味乾燥してて・・・。」

「アンタみたいな反応をするモンじゃない。」


デスロイドは・・・。

「そうか。」

と答える。


アタシは突っ込みを入れる。

「『そうか』じゃねぇーっつーの!!」

続けて、こう言い。

「まぁ『そうか』じゃないなら、どうした?ってカンジだけどさぁ〜。」

「何だろ。・・・そのさ。」

そして、こう言う。

「『アンタ、ちょっとカッコ良い』よ。」

「只ならぬ使命でもあるってカンジ?」

「その為に感情を押し殺しているみたい。」

「そんなカンジがして、アンタがカッコ良く思える。」

そう口にして、思わずハッとする。

・・って、何言ってんだろアタシ〜。

でもコイツ見てると、何でも良いから喋りたくなる欲求に駆られるんだよなぁ〜。

デスロイドは・・・。

「・・・・・。」

答えない。

・・当たり前か。コイツ感情無いんだもんなぁ。

アタシがどう思っているとか、関係無いモノな・・・。

と思ってい居たら。


「ア・・・。」

アだって?

アレレ?一体何言うんだろ?


「ア・・・リ・・ガ・・ト。」


・・・・。

言葉は選んでと言うか。初めてその言葉を使うかのようにデスロイドはそう言った。

アリガト・・。予想だにしなかった。ヤッバイ。コイツ、カワイイ。

今すぐ抱き締めてチューしたい。

・・そうこうしている内に。

「・・腕。取り付けたよ。」

簡易アームの取り付けが終わった。

これでデスロイドは虚影棺(ブロッケン)に乗れると言う訳だね。


ムクリ。


ムクリとデスロイドは立ち上がる。


そして、アタシは虚影棺(ブロッケン)を隠している、倉庫のキーを手渡した。


「ほれ、キーだよ。」


「アンタとはこれっきりだろーけど、ま、頑張んなね。」


・・・CHU♪


背伸び+ジャンプして、デスロイドの無機質な頬に“キス”をするアタシ。

これっきりか。そう思うとちょっと寂しくもあるな・・・。


と、その時であった。


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ(空が鳴く!)


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ(何かが、こっちに近付いて来る。)


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ( そ の 正 体 と は ! )


アタシの強化視力がそれを見定めた!


「 あ れ は 鷲 蘆 鋼 人 ( シ ュ ウ ロ ・ コ ウ ジ ン ) ッ ! ! 」




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





・・・・




○クロガネの賛歌・第4章


 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー  爆 熱 ! 巨 大 ロ ボ ッ ト 編



 第2話「 鐵 玄 戦 車 v s 鷲 蘆 鋼 人 」





・・・・







鷲鼻のバトゥロは、鷲蘆鋼人(シュウロ・コウジン)にて、大空を空駆ける。


そもそもにして、この“鷲蘆鋼人(シュウロ・コウジン)”・・・ッ!!


かの“ドクトル・ベイベー”が、虚空の彼方。宇宙より来訪をした際に、使用をした全長45mの“巨大操兵”である!!


そして地球内にて、避ける事の出来ない“ロボット戦闘”に直面した際、使用をされる“D・F・S(ダイレクト・フット・システム)”が組み込まれた“操兵”でもあるッ!!




○ D・F・S(ダイレクト・フット・システム)


DTS(ダイレクト・トレース・システム)の一つの進化形、ダイレクト・フット・システムであるッッ!!

それはッ!機体内に内蔵された“バネ仕掛け床”を思い切り「踏み締めッ!」「駆けッ!」「跳びッ!」「踏み止まる」事によりッッ!!!

機体内の“装置”が、その“衝撃”と“振動”を察知しッ! “振動衝撃”に応じた『 様々な稼働・駆動 』が実行されるシステムであぁぁぁぁぁるゥーッッ!!


そうだッ! 操兵内で“踏み締める”事により、“鷲蘆鋼人”は『 大地 』を踏み締める!

そうだッ! 操兵内で“駆け抜ける”事により、“鷲蘆鋼人”は『 大地 』を駆け抜ける!!


そして幾度と無くッッ!!!

“踏み締められた”『バネ仕掛け床』はッッ!!!


『エネルギーの蓄積』がされッッ!!


そ し て 『 音 声 入 力 』 よ り 、そ の “ エ ネ ル ギ ー ”を 解 放 さ せ る ッ ッ ! ! !

       そ

       の

       名

       も

       !

『 D ・ F ・ S、エ ネ ル ギ ー 解 放 ッッッ  !!!!!! 』



現在はD・F・SをOFFにし、滞空モードにて空を駆けている。




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





ズレアバーシャは率直に焦った。


 ー ドクトル・ベイベーはQueen・X(クイーン・エックス)の改造手術の最中のハズ。

 ー じゃあ何故、鷲蘆鋼人は空を飛んでいるの!!?

 ー ベイベーが裏切った!?いや、考えられない!七十七のサイボーグの起動停止を行ったのはドクトル・ベイベーだからだ!!


「鷲蘆鋼人の事を・・・。ひいてはアムステラ神聖帝国の事を知っている“QX団員”は・・・。」


 ○ 1人に“Queen・X(クイーン・エックス)”。

 ○ 2人に“ドクトル・ベイベー”。

 ○ そして“鷲鼻のバトゥロ”!!


「ありえない!!あの“鷲鼻のバトゥロ(エイグロン)”がQX団を裏切ったと言うの!!?」


ありえないも何も『地球内にて、避ける事の出来ない“ロボット戦闘”』のみ起動される鷲蘆鋼人が此処に向かっていると言う事は・・・!


Q X 団 の !


ひ い て は 、 ア ム ス テ ラ 神 聖 帝 国 へ の “ 裏 切 り 行 為 ” 他 な ら な い ! !

  ッ

  ッ

  !


“迷宮の道化師”ゲン・ドルベルは、QX団にこう言い放った!


 ー 『 ドクトル・ベイベー 』を危険人物とみなし、彼が“地球”で『 創り上げたモノ 』を以下の様に 処 分 を す る 。


    ・ “QX団製サイボーグ”を『 闇夜八行衆(アンノーセス) 』に 譲 渡 す る 事 。


    ・ “QX団製操兵”“機械兵器”の類を『 全 て 解 体 』す る 事 。


    ・ その事柄、ベイベー本人が行う事に、不都合が生じるモノは『 “殺戮ゴーレム”デ ス ロ イ ド 』が、始 末 を つ け る 事 。


これは明らかに“不都合”!


だから、アタシはこう言い放った!!


「“デスロイド”ォー!」

「お願いだよ“デスロイド”!!」

「アタシはこの作戦は“成功”させなくっちゃならないんだ!!」

「アタシには死を賭してでも“会いたい人”が居るんだ!!」

「だから、お願い“ デ ス ロ イ ド ”!!」

「ヤツを!“鷲蘆鋼人”を倒してぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」


デスロイドは・・・。


「解った。」


と呟いた!


そして、デスロイドは倉庫を開け!!


“虚影棺(ブロッケン)”に乗り込み!!!


そしてその「真名(パスワード)」を言い放った!!!!

    ッ

    ッ

    !

「 開 け 放 て 『  鐵  玄  戦  車  ( テ ツ ゲ ン セ ン シ ャ ) 』 」

          ッ

          ッ

          !


      〜”〜 〜 〜  〜”〜” ツ”ッツ ッツ ッ ツ




                ッ”ツ”ッ” ツッ ツ ッ”  〜” 〜” 〜 〜 〜 〜” ツ” ッ” ツ ッ ツ





        ッ”ツ”ツ”〜〜〜〜”ツ”ツ”ッツッツ ッ ッ ッ ツ ツ 〜〜 〜 〜 ツ ッッッッ”ツ”ツ”ツ”ツ”ツ”





                 ツ”ッ”ッ”ッ”ッ〜〜〜ッッッッ”〜”〜”〜〜〜〜 ツ ツ ツ ツ ツ” ツ” 〜” 〜”〜〜〜 〜 ッ ッ ! ! !

                   ッ

                   ッ

                   !


           “山”だぁぁぁぁああああああああああああああああああ!!!

            それは一個の“鉄の山”であったッッッ!!!!

               ッ

               ッ

               !

            巨大なボディに多くの砲門をもつ砲撃操兵ッ!!

            両肩には計6門ものエネルギー砲が内臓され!両腕には大型のエネルギーカノン!!口部にもエネルギー砲を備えているッ!!


            これぞ“闇夜八行衆(アンノーセス)”専用機体ッ!! これぞ“幻景(ゲンガー=真の姿)”ッッッ!!!!


            鐵  玄  戦  車  ( テ ツ ゲ ン セ ン シ ャ )で あ る ッ ! !

               ッ

               ッ

               !

           P@ P@ (鷲蘆鋼人から通信が入る。)


           鷲鼻のバトゥロはこう言う。

          「その操兵を操る貴殿こそが、機械兵士・デスロイドか?」

           デスロイドは答える。

          「そうだ。」

           鷲鼻のバトゥロがこう言い放った。

          「私はQX団No.2の戦闘能力を持つと言われる『鷲鼻のバトゥロ』。」

          「貴殿に挑んだ6人のサイボーグと同じく、私もまた貴殿に挑もう・・・!!」

          「この『 鷲 蘆 鋼 人 』でなッ!!」

              グ

              ゥ

              オ

              ン


          鷲蘆鋼人が、着地する。


              そ

              の

              刹

              那

              !


      ビ”ィ ィ キ  ュ”オ” オ”ォオ ォオ ォ オ




                ォ”オ”ォ” オォ オ ォ”  オ” オ” 〜 〜 〜 〜” ギ” ィ” イ ュ ユ





        ォ”オ”オ”〜〜〜〜”オ”オ”ォオォオ ォ ォ ォ オ オ オオ オ オ オ ォォォォ”オ”オ”オ”オ”オ”





                 オ”ォ”オ”ッ”ッ〜〜〜ッッッッ”〜”〜”〜〜〜〜 ツ ツ ツ ツ ツ” ツ” 〜” 〜”〜〜〜 〜 ッ ッ ! ! !

                   ッ

                   ッ

                   !

            鐵玄戦車の両肩より、エネルギー砲が発射された!!

                   ッ

                   ッ

                   !

             それは6門ものエネルギー砲

             それは6門ものエネルギー砲それは6門ものエネルギー砲

             それは6門ものエネルギー砲それは6門ものエネルギー砲それは6門ものエネルギー砲



             撃つ!撃つ!!撃つ!!!


           『 撃 ち ま く る ! ! ! 』


             対 し、鷲 蘆 鋼 人 は ! !

                ッ

                ッ

                !

             ヒュオン!!

                ヒュオン!!

             ヒュオン!!

                ヒュオン!!

             ヒュオン!!

                ヒュオン!!

             ヒュオン!!

                ヒュオン!!

             ヒュオン!!

                ヒュオン!!

             ヒュオン!!

                ヒュオン!!

                ッ

                ッ

                !

            避ける!避ける!避ける!

            被弾寸前で、回避し続ける!!

                ッ

                ッ

                !

             ー ヒュン


               風切る音がしたっ。



             ー ヒュン
             ー ヒュン
             ー ヒュン
             ー ヒュン


               幾重にも、それが重なり響くっ。



             ー ヒュン

               幾重にもっ


             ー ヒュン

               幾重にもっ


             ー ヒュン

               幾重にもっ

             ー ヒュン

               幾重にもっ!

             ー ヒュン

               幾重にもっ!!

             ー ヒュン

               幾重にもっ!!!



               ・
               ・
               ・

               ・

               ・


            重なり合ったその音々(おとおと)は。

            あたかも、もう一つの『次元』であるかのように、其処に存在をしていた。


            そう。



            まるで『 四 次 元 』のように・・・ッッ!!!

                 そ

                 う

                 だ

                 !

             ダダダダダダダダダダダ!!! (鷲鼻のバトゥロは“バネ仕掛け床”を踏みしめていた!!)


             ダダダダダダダダダダダ!!! (幾度にも幾度にも幾度にも幾度にも!!)


             ダダダダダダダダダダダ!!! (その加速力は“四次元ビジョン(=加速領域(常人超えた速度感覚))”を形成しッ!!)


             ダダダダダダダダダダダ!!! (多大なる踏み込みは、その度ごとにエネルギーが蓄積させ・・・!!)


             ダダダダダダダダダダダ!!! (然るべき一撃が 放 た れ る ッ ! ! )

                 そ

                 の

                 名

                 も

                 !

ーーーーー 「  『   D ・ F ・ S、エ ネ ル ギ ー 解 放 ッッッ  !!!!!!   』  」  ーーーーーーーー



         「 『 四 次 元 バ ズ ゥ カ ァ ー ! ! 』 」

                 ッ

                 ッ

                 !


      ズ”ゥ ゥ ウ  ゥ”ウ” ウ”ゥオ ォオ ォ オ




                ォ”オ”ォ” オォ オ ォ”  オ” オ” 〜 〜 〜 〜” オ” ォ” オ ォ オ





        ォ”オ”オ”〜〜〜〜”オ”オ”ォオォオ ォ ォ ォ オ オ オオ オ オ オ ォォォォ”オ”オ”オ”オ”オ”





                 オ”ォ”オ”ッ”ッ〜〜〜ッッッッ”〜”〜”〜〜〜〜 ツ ツ ツ ツ ツ” ツ” 〜” 〜”〜〜〜 〜 ッ ッ ! ! !

                   ッ

                   ッ

                   !

              鷲蘆鋼人の拳が、繰り出されると同時にッ!!

              圧縮された“空気圧”が、鐵玄戦車目掛けて繰り出されるッ!!

                   程

                   な

                   く

                   !


              ズゥドォォオオオ オ オ オ オ オ オオオ ウ ウ ! ! ( 着 弾 を す る ! ! )


                 モク

                    モク

                 モク

                    モク

                 モク

                    モク

                 モク

                    モク

                 モク

                    モク

                 モク

                    モク


                立ち込めるは噴煙!!

                   し

                   か

                   し

                   !

                ガ キ ン ! ( 無 の 傷 ! )


                この鐵玄戦車!

                動きこそ鈍重でキャタピラ式の脚部を持つ機体なれど、

                補って余りある“防御力”を誇っている!!


                鷲鼻のバトゥロ!!

               「ならば、直接この拳を叩き込むまで。」

                デスロイド!!

               「排除する。」


                ガゴ・・・!! (鐵玄戦車は四つんばになる!!)


                ジャキン!!! (背中から四方八方への砲門を出現させる!!)


                   そ

                   の

                   様

                   正

                   に

                   !


             “ 難 攻 不 落 の 要 塞 ”! !

                   ッ

                   ッ

                   !

      ビ”ィ ィ キ  ュ”オ” オ”ォオ ォビ ィ キ




                ュ”オ”ォ” オォ ビ ィ”  キ” ュ” オ オ オ オ” ビ” ィ” キ ュ ユ





        ォ”オ”オ”ビィキュ”オ”オ”ォオォオ ォ ォ ォ ビィ キ ュオ オ ビ キ ュュュュ”オ”オ”オ”オ”オ”





                 オ”ォ”オ”ッ”ッ〜〜〜ッッッッ”〜”〜”〜〜〜〜 ツ ツ ツ ツ ツ” ツ” 〜” 〜”〜〜〜 〜 ッ ッ ! ! !

                   ッ

                   ッ

                   !

              多角的砲撃!鷲蘆鋼人目掛け!!

              存分に砲を 放 ち て 撃 つ ゥ ー ! !

                   対

                   し

                   !


  ド ォ ォ オ オ オ オ オ オ オ オ オ ン ( 鷲蘆鋼人は更に超加速ッッ!!! )





ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(更に加速をした鷲蘆鋼人はっ。)

ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(鐵玄戦車を中心に・・・っ。)


ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(『円』を描くっっ。)


ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(半径は200mっ。)


ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(描かれる円は、二次元の『丸』では無くっ。)


ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ! ヒュバッ!(宙空を跳躍する事により、描かれた・・・っっ。)





  ヒ ュ ッ ッ ッ ツ ツ  バ ァ ァ ァ ア ア ア ア ア ーーーーーー ッッッ!!! ( 『 半 球 っっ 』 )


                   そ

                   し

                   て

                   こ

                   の

                   体

                   勢

                   は

                   !


          “  四  次  元  パ  ン  チ  ”

            ッ

            ッ

            !

○ 四 次 元 パ ン チ

四次元ボクシングの使い手、鷲鼻のバトゥロ、最大の必殺技!!

敵者の周りを半球の形を形成しながら高速移動し、内部に真空を創りあげるッ!
そして失われた空気圧は、バトゥロの拳へと凝縮され・・・ッ!!

然る後に『必殺の右ストレート』をぶちかます!!


       そ

       う

       !

       こ

       れ

       が

       噂

       の

       ッ

       !!


“ 四 次 元 パ ン チ ”だ ァ ー ッ ! !

       ッ

       ッ

       !

「ちょっとちょっと!!?」

真空に近付く半球の中!!

ズレアバーシャは、生死の境に居た!!


「こんな・・・!激しい操兵戦になるだなんて・・・!?」


鐵玄戦車の周りが真空空間に近づく。

それは圧力となりて、ズレアバーシャの肢体を圧迫する。

「こんなのって!こんなのってないよ!!」

「アタシ・・!!アタシィ・・!!」


ズレアバーシャの肢体が圧殺される時は近い!!

「アクートォォォォオオオオオオオオオオオ!!!」


ズレアバーシャが断末魔をあげたその時!!


      ズ

      ド

      ン

      !


それは鐵玄戦車であった。

肩口のエネルギー砲で大穴を創った。

その中に入れば、助かるかも知れない。

ズレアバーシャは息も絶え絶えながらも・・・!

「(助けた。アタシを。デスロイドが?)」

ズレアバーシャは全ての力を振り絞り・・・!!

      ド

      ズ

      ン

      !

その大穴へと、身を投げ入れた。


ズズズズズズズ (鐵玄戦車は右脚部のキャタピラで、その大穴塞いだ。)

ズズズズズズズ (こうすれば、真空圧から逃れられるかも知れない。)

    ・
    ・

    ・

    ・

    ・


デスロイドの電子頭脳が語りかける。

「無茶ナ事ヲシタモノダナ。 私ノ“体躯”ヨ。」


デスロイドの体躯が答える。

「気が着いたら勝手に動いていた。」


電子頭脳は続ける。

「恐ラク“バトゥロ”ハ、コノ隙ヲ見逃サナイ。」

「生か、死か?マタ危ナイ橋ヲ渡ル事ニナリソウダ。」


体躯はこう言う。

「覚悟は出来ている。俺は。俺達は必ず自由を手に入れる。そうだろう?」


電子頭脳!

「ソウダナ、体躯ヨ。マタ共ニ血路ヲ切リ開コウ。」


体躯!!

「全てが取り払われた壁の向こう。」

「何処までも続く地平線を、再び目にするその日まで!!」


電子頭脳ッ!体躯ッ!!


「 「 ゴ ー レ ム は、殺 戮 ヲ 繰 り 返 ス ! ! 」 」

    ・
    ・

    ・

    ・

    ・

鷲鼻のバトゥロはその隙を見逃さなかった。


(何故にあのような行動に出たのか図り知れぬ。)


(だが、この隙を見逃す訳には行かない。)


(誇り高く散っていった6人のサイボーグの為にもな!)


「願わくは闘争っ!誇り高き決着っ!!」


「然れども、その誇り『流血にて残酷っっ!!』」


「其処にっ!美しいモノなど『何も無い』っっ!!」

    ッ

    ッ

    !

  グォォオオオオオオ!!!! (鷲蘆鋼人がッ!!)



    ォ ォ ォ ォ オオ オ  オオ オ オ オオオオ (最後の超加速を、決行(おこな)うとッッ!!)






 シ ュ ゴ ォ ォ ォ ォ  オ オ オオオ オ オ オオオオオオオオオ!!!!!! (半円を描いていた空間ッ!)



      ォ ォ ォ ォ オオ オ  オオ オ オ オオオオ (空間を覆っていた『空気の全て』が、吸い寄せられてッッッ!!!!!




    オ オ オ ォ ォ ォ オ オ オンオ オ ン オ ン ンオ オ ン オ オ  ンン !!!!(鷲蘆鋼人の肉体を覆ったッッ!!!!)






ーーーーー 「  『   D ・ F ・ S、エ ネ ル ギ ー 解 放 ッッッ  !!!!!!   』  」  ーーーーーーーー





  ズ ォ ォ ォ ォ オオ オ オ オ  オオ オオオオオオオ オオ オ オオオ オ オ ! ! ! ! (鷲蘆鋼人が突撃するッッ!!)




 ー 直進をする鷲蘆鋼人にッッ!!


 ー 空間を覆っていた、空気の全てッッ!!


  即ち『空気圧』の塊(かたまり)が、 鎧となって 纏(まとわ) れ る ッ ッ ! ! !




 ズ ォ ォ ォ ォ ォ オオ オ オ オ  オオ オオオオオオオ オオ オ オオオ オ オ ! ! ! ! (鷲蘆鋼人が突撃をするッッ!!)




 大圧力空間を生み出した、空気的大移動の果てに生み出された『空気圧の塊(かたまり)』ッ!

 その終着点を『鷲蘆鋼人の機体』とする事により、『 空気圧的 大 圧 力 エネルギー を 機体に停滞させる ッ ッ ! ! ! 』



   そのエネルギー、『鷲蘆鋼人が拳』を突き出す事により、更に空気圧が移動ッ!

    鷲蘆鋼人の拳を終着するッ! 『 超大圧力的 ・ 急 凝 縮  』が行われッッ!!!



     発生をしたエネルギーの全てが『 一 点 に 集 中 』をされると同時にィィイイイーーーーッ!!




           全 力 で 持 っ て、『  殴  り  抜  け  る  ッ ッ ッ ッ  ! ! ! ! ! 』






「 そう・・・っ!!


  これが噂のォォオオオーーーーーッッッ!!!! 





   『  四  次  元  パ ァ ァ ア ア ア アアア ア ア ン ンン チィィィ イ イ イ イーーーーーーッッッ!!!!!! 』 」






     チ ” ュ ” ュ ” ド ” ォ ” ォ ” ォ ”ォ ”





                オ”オ” オ”オ” オ” オ”  オ” ォ” ォ” ォ”






         オ ” オ ” オ ” オ ” オ”ォ”ン”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !





 ーーー 嘘か真か幻かッ!


  ーーー 一点凝縮『空気圧ッ!』


   ーーー 空気の圧力、エアープレスッッ!!!



  ーーー 次元を超えた、その『拳撃』ッッ!!!




     ーーーーー→  『 四次元パンチ 』が今! 繰り出されたぁぁ ああ あ あ あ あああ あ あ あ あ ああああ !!! ! ! !



                ッ

                ッ

                !



                対

                し

                ィ

                !



ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド


ユラリ・・・!

鐵玄戦車はユラリと直立した!

グゴゴ・・・!!

そして、向けられる全砲門を鷲蘆鋼人に向ける!!

「 排 除 す る ・ ・ ・ ! ! 」


              次

              の

              瞬

              間

              !


     ギ ” ュ ” ュ ” ド ” ォ ” ォ ” ォ ”ォ ”





                オ”オ” オ”オ” オ” オ”  オ” ォ” ォ” ォ”






         オ ” オ ” オ ” オ ” オ”ォ”ン”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !



                   ッ

                   ッ

                   !

             ぶっ放したァ!ぶっ放したァ!!ぶっ放したァ!!!


             ドッ凄い、エネルギーの放出を一気のギンギンでぶっ放したァ!!


             所  謂  一  つ  の  『  全  砲  発  射  !  !  』


             問  答  無  用  で  敵  者  、  塵  と  な  る  ゥ  ー  !  !

                   ッ

                   ッ

                   !

         そ し て、超 エ ネ ル ギ ー 同 士 の 二 つ は ・ ・ ・ ! ! !

                   ッ

                   ッ

                   !

 ゴ ” ッ ” ッ ” ヴ ” ァ ” ァ ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ン ” ン ” ン ” ン ” ! ” ! ”

                   ッ

                   ッ

                   !


                 全 エ ネ ル ギ ー 砲 と 超 拳 撃 !


                     ぶ つ か り 合 っ た 今 こ の 時 ッ ! !


                            両 者 一 歩 も 引 か ず し て ! !


                 ゲ キ ゲ キ ゲ キ ゲ キ ひ し め き 合 う ゥ ゥ ゥ ゥ ゥ ゥ ! ! ! !


                           ギギギ!!

                                グググ!!

                           ゴゴゴ!!

                                ガガガ!!

                           グググ!!

                                ギギギ!!

                           ガガガ!!

                                ゴゴゴ!!

                           ギギギ!!

                                グググ!!

                           ガガガ!!

                                ギギギ!!

                           グググ!!

                                ゴゴゴ!!

                           ギギギ!!

                                ガガガ!!


                               そ

                               し

                               て

                               !


 ギ ” ュ ” ッ ” バ ” ァ ” ァ ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ン ” ン ” ン ” ン ” ! ” ! ”


                   大  爆  風  が  巻  き  起  こ  る  !  !  !




                            モ ク

                                 モ ク

                            モ ク

                                 モ ク

                            モ ク

                                 モ ク

                            モ ク

                                 モ ク

                            モ ク

                                 モ ク

                            モ ク

                                 モ ク


                      立  ち  込  め  る  は  噴  煙  !  !


                      そ  し  て  !  噴  煙  晴  れ  た  、


                      そ  の  場  に  立  ち  し  者  と  は  !  !



                                  ・


                                    ・
                                ・


                                   ・


                                 ・



                                  ・


                                  ・

                                  ・


                                  ・



                                  ッ



                                  ッ



                                  !



                     「 こ れ 以 上 の 戦 闘 は い け ま ち ぇ ん 。 」


                     「 僕 は 君 達 を 助 け に き ま ち た 。 」


                     「 言 う ま で も 無 く 僕 の 名 は ド ク ト ル ・ ベ イ ベ ー 。 」


              「 作 戦 変 更 ノ 伝 達( シ ー ク レ ッ ト ・ ペ ニ ス )で ご ざ い ま ち ゅ う ゥ 〜 ! 」


                         意 外 ? 必 然 ! ?

                         此 処 で 出 た ァ ー ! !


                         両 機 程 の 全 長 に ま で 、 巨 大 化 し た ァ !


                       “ ド ク ト ル ・ ベ イ ベ ー ”が 其 処 に 居 た ァ ー ! !







ーーーーーー





 ・・・続く。