×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



超鋼戦記カラクリオー外伝 −Marionette Princess− 

序幕




 橙なる斜陽の光が、凄惨たる戦場に一筋の光明を与えていた。

映し出されたのは、夥しい数の人型兵器の残骸。

兵共が夢の跡。


 この地獄のような舞台に立つ機影は僅かに2つ。

漆黒の翼と3本の角を持った『悪魔』と、それに対峙する半壊した『6型』機動兵器。


 勝敗は既に決している。

『6型』の戦闘続行不能は誰の目にも明らかだ。

周囲に散らばる無数の残骸は、元は全て地球側の兵器であり、その壊滅的な打撃は彼らの戦術的な敗北をも物語っている。

真に恐るべきは、この惨状を作り出したのが、事実上アムステラ帝国最強と謳われる漆黒の悪魔、唯一機によるものである、という事実。

塵芥の如く。羽虫の如く。傍らに人無きが如く。

唯々、圧倒的な力を持って撫で斬りにされた。

『黒竜角』の進撃を阻むものは、このフィールドには存在しない。



「ちっ。弱ェ。弱すぎる。どいつもこいつも、ちょっと触れただけで壊れやがる。

前菜にすらなりゃしねぇ」


 苛立ちを隠そうともせず、漆黒の悪魔の操者が呟く。

彼は既に、この戦闘に対する興味を半ば以上失っていた。


「……貴様の勝ちだ。アムステラの黒き悪魔。

基地も部下も全て失った。最早、このままおめおめと本国には帰れん。

止めを刺して行け。

それが敗者に対する戦士の情けだ」


 『6型』のパイロットは痛恨の言葉を吐き出す。

未だ若き女性指揮官の、震える声。


だが、『黒竜角』の操者は、彼女の願いを笑殺した。


「はっ。知るかよ。止めを刺せ、だァ?

嫌なこった。俺は強い奴にしか興味が無いんでね。

お前に殺す程の価値は感じないんだよ。」


そう言い放ち、彼女に背を向ける。


「待てっ! 貴様っ! 私に生き恥を晒せと言うのか!?

敵に情けをかけたつもりか!? 殺せ! 私を殺していけ!!」


「ギャンギャンわめくんじゃねえよ、女。

言っただろうが。殺す価値も無ぇ、ってな。

情けをかけるつもりも毛頭無ぇさ。

死にたけりゃ一人で勝手に死にな。

…まあ、てめえはそんなガキの玩具みてーな機体でここまで戦ったんだ。

褒めてやっても良い。他の奴よりゃ楽しめたしな。

名前位は覚えててやっても良いぜ?」


 そう言って、女性指揮官の怒号を軽くいなす。

振り向きもせず、『黒竜角』は無防備な背中を彼女に晒したまま歩みを進めた。


「俺に殺されたきゃ、もっと強くなるんだな。

少なくとも剣王機(ヤツ)の前座になる程度には、な」



 膝を付き、嗚咽を漏らす彼女の耳に飛び込んで来たその言葉。

恐らくは一生涯忘れうる事の出来ぬその一言。


「じゃあな、女…………悪ィ。やっぱ名前忘れちまった」


敗戦の将となったこの女、ベロニカ=サンギーヌ少佐は、壊れかけたコックピットの内側を拳が割れんばかりに殴りつけ、獣の様な咆哮を上げた。



 例え、屈辱に塗れ。

矜持を傷つけられ。

失意の涙に濡れても。


 彼女の命脈は尽きない。

彼女を操る運命の糸は未だ途切れては居ない。

この日こそが新たな彼女の再生の時。


 これは魂の戯曲。生命の歌劇。

運命に抗い、這い蹲りながらも再び立ち上がり、前に進もうとする者達の物語。

荒唐無稽な人形劇の幕は上がる。


続く