×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




感情のままブン殴り。感情のまま掴みかかる。
自分が『男』なんだなって事を認識出来る瞬間。

 『 力任せに相手を制圧する事。 』

男として・・・。『雄』として生まれてこれ以上誇らしい事は無い。

男は『誇り』の為に戦うのだ。


 貴方は何を誇りますか?

  夢ですか? 希望ですか? 家族ですか? 恋人ですか?

  何かって言い切る事に不純物を感じてしまう性質(たち)ですか?



『 強 く 生 き る 事 。 』



恥じる事なかれ『残酷的所業(ナック ナック バイオレンス)』

悔いる事なかれ『奪命的行為(デッド デッド キル)』


誰もが裸(ヌード)で産まれ落ちる『18禁的指定(シークレット・ラヴィ)』



  ー DEPRIVEッ! ( 俺 は 今 、 ケ ダ モ ノ ッ ! )



  ー FOR(EVER) AND EVERッッ!! ( 止 ま る 事 な か れ 、 こ の 瞬 間 ッ ッ ! ! )




コマンタレヴ・ラプソティ 

第6話「その機体、いかり肩にて注意されたし」




・・・・・



いかり肩の機体であった。一つ眼の機体であった。
二の腕が細く、肘から先が太い。

胸部から腰に掛けて、肉食動物の犬歯(牙)をモチーフとした造形(デザイン)になっている。

大地(ガイア)踏みしめる両の脚が逞(たくま)しい。


 ー その機体の名、 羅 甲 (らこう)


集いに集いし、羅甲が5機。
その機体、いかり肩にて注意されたし。



・・・・



対するはギガント。
対するは28号。

無骨な鉄の塊と表するに相応しい『鋼鉄の巨人。』

鉄材をハンマーで持って整形に整形を重ねたかのような『顔面』をしている。
その頭部は長髪。造形、オールにてバック。

鉄板と鉄板とをつなぎ合わせ、緩やかな曲線が描かれた胸部。
肘から先と膝から先、そして腰回りもまた緩やかな曲線で描かれたぶ厚い鉄材『堅牢にて強固』。

肩部は楕円。イボのついた楕円の鉄材が、部位(肩のつなぎ目)を守る鎧と化す。
首、上腕、腹、大腿が鋼鉄蛇腹になっている。


  ー その怪力、目前全てを叩き潰すッ!


QX団が最終兵器ッ!
ギガント28号、此処にありッッ!!


・・・・



羅甲駆るは『ドッグメェン』。
生まれは下級階層。だから『苗字』が無い。


「ふぅーむ。」

目を凝らすドッグメェン。


 ー 奴(やっこ)さん。全長50mってトコらしーな。
 ー ざっくばらんな計算ではあるが、奴さんの歩幅は『約22.5m』と推測される。

   ー 成人男子の平均歩幅の計算は『身長× 0.45』と言われているからな。

   ー そして、おそらくは『 秒速22.5+α(15〜25)m 』。


    ー 最大値と推測し『 秒速57.5m 』 と す る 。



「対するは俺達の羅甲。」



 ー そもそもの全長が奴さんと比べて1/2以下。
 ー 汎用性を重んじ、中近距離でのドンパチに対応すべく、決して鈍重じゃあない羅甲ではあるが・・・。

 ー『無武装の近距離パワー型』だろう相手に、近距離を想定した間合いでドンパチしたかぁ無ぇ。

 ー 奴さんの『装甲の繋ぎ目』を見ての推測だがね。
 ー『形状記憶合金』でも無い限り・・・。武装、特に飛び道具が無いと思われる。

  ー おそらくは体術重視の『ガッチガチの近距離パワー型の機体だ!』

  ー 接近戦じゃあ『 勝 ち 目 は 無 ぇ ッッ!!! 』



「近距離への移行も視野に入れた・・・、機体特性通りの戦法じゃあ『おらぁ死んじまっただぁ』ってなっちまうのがオチよなぁー。」



 ーだがなァー・・・。

 ーこのドッグメェン。万年下っ端のさえない1軍人ではあるものも・・・。


  ー昨日のように、今日も生き抜き・・・!

  ー今日を生き抜き、明 日 へ と 辿りついて来た 男 だ ぜ ?


 ーそいつを『 28年間続けて来たんだ。 』


 ー『出来ねぇ』なんて、毎 日 毎 度 よ ォ ッ ! !



  ー そ れ で も や る ん だ よ 、 死 に た く 無 け り ゃ あ な ァ ーーーーー ッッッ ! ! !





「おい!野郎ども!!」


ドッグメェンは、言い放つ。



 ー『回転ベットってあるよなぁーっ。』

 ー 今時の子は知らねぇーか? よーは、ラブホにあったクルクル回るベットの事だ。



 ー 何故、ベットが回転する必要があるかっつぅーっと、ウソかホントか、眉つばか。

 ー 回転する事により、よりよくソレが行き渡り『孕ませるパーセンテージが上昇する』ってぇ事らしい。

    ー 解るな?よりよくソレが行き渡るのに大切な事は何だ?

     ー そぉーだそうだ。 そう。


       ー『 回 転 す る 事 だ ッ ! 』



   ー お前らの大ァ〜ィ好きな話だ。ブギウギするほど解り易いだろう?




「ソイツを戦術に応用するッ!!」


ドッグメェンは、命令を下す。



 ー3機がマシンガンで持って、牽制するッ!

 ー2機が必殺の『 無 反 動 砲 ( バ ズ ー カ )』で奴さんを狙い撃つッ!!



 ー 狙いは『 奴さんの右大腿部ッ! 』

  ー 右の上腕部を見てみろッ!『 蛇腹箇所に銃弾がめり込んでいるッッ 』
  ー 他の部位と比べ、鋼鉄蛇腹は『 装甲が軟弱と、 断 言 出来るッ! 』


   ー そして・・・。足一本ヤっちまえば、その時点で『 俺達の勝ちとなるからだ。 』




 ー さぁー、此処からが『 戦術への応用だァーっ。 』



  ー 頭(あったま)蛍光灯でも、『行き渡るのに大切な事ォ』覚えてるだろぅ〜?

   (今時の子は知らねぇーか? 頭(あったま)『蛍光灯』っつぅのはよ。)



     ー そぉーだそうだ。『 回 転 す る 事 だ ッ ! 』



 ー 俺も含めたマシンガンぶっ放す3機ッ!


  ー 俺達は『回転ベット』だ。

  ー 奴さん回りを2400m前後で、マシンガンをぶっ放す。


   ー 良いか。俺達は『回転ベット』なんだ。



    ー『 絶 え ず 回 れ 』 。



  ー よりよくソレが行き渡るのに大切な事は何だ?もう解るだろゥ?


   ー『 だったら 回 れ っ っ ! ! 』




 ー そして残りの2機。


  ー お前達は『 ソ レ 』だ。


  ー 詳しく言うまでも無いな。『 ソ レ 』だッ!



    ー 孕ませちまいなッ! 狙いは『 奴さんの右大腿部ッ! 』



       ー  以  上  ッ ッ ッ ッ !!!!!






  「行くぜ!野郎ども!!




       『 抜 か る ん じ ゃ あ ね ぇ ぇ ぞ  ッッッ !! ! !  』  」











  ドォォ ォ オ オ オオ オ  ・・・・・ゥ ーーー ー ーー ー  『  ワ  』  ッ ッ ツ ツ ツ  ! ! ! ! ! !








     『 5体の羅甲 』が、目前立ちはだかる『 ギガント28号(巨人) 』へと襲いかかったっっっ!!!!



・・・・






   ド ッ ッ ッ  パァ アアア アア ア ア




             アアア アア ア ア  ア ア ア ー ー ー ッ ッ ! ! !





     ズキギャギャギャギャギャギャ ギ ャ ギ ャ ャ キャ キ ャ キ ャキャキャキャキャ





              ギャキャキィィイヤァァァァァアアアア ア ア ア ア ア ア ア アアアン ン ン ン ! ! ! !






     幾重にも重なった『 銃 音 』が 響 き 渡 る ッ ッ ! ! !



・・・・


1体が時計回り。

2体が反時計回り。

残りの2体が4000m辺りを間合いを取りつつ、「無反動砲」でギガント28号の右大腿部に狙いを定める。



 ー ズキギャギャギャギャギャギャ ギ ャ ギ ャ ャ !!!

   硬ぇ硬ぇ硬ぇなァー。ビンビンし過ぎじゃあ無ぇのかい?



ドッグメェンは舌を巻いた。

3機の羅甲が放つマシンガン。
雨よあられよ銃弾(鉛)のシャワー。

牽制が故、3機は鋼鉄蛇腹のみを狙っている訳ではない。
下半身を中心(全長に差があるので、ナチュラルに撃つとこの辺りに集中する)に滅多矢鱈(やたら)に撃ちまくる。



 ー ズキギャギャギャギャギャギャ ギ ャ ギ ャ ャ !!!

   にしたってッ!鋼鉄蛇腹も含めて大して効果無ぇってのはどう言う了見だァーッッ!!?



ドッグメェンは舌を巻く。

しかし・・・。
ありえない事ではない。これだけの質量を持つ機体だ。全長50mを誇る機体だ。
その装甲ぶ厚く。マシンガン程度では屁でも無い。そう言った可能性も含めての『牽制』なのである。

そう。3機は『回転ベット』だ。

その単体『作りかけのメリーゴーランド』。
その単体『風俗法違反の対象』。

だが、然るべき『 ソ レ 』が備わっているのなら!

快楽と甘美を携えた『 アダルテックなエクスタシー 』と化す!!



 ー ズキギャギャギャギャギャギャ ギ ャ ギ ャ ャ !!!

   子供にゃ解るまい。薬莢(やっきょう)飛び散らす『無反動砲(バズーカ)』の魅了を・・・よぅッ!!



ドッグメェンはより激しく。
羅甲を操り、機関銃!激しく放ちてマシンガン!!

奴さん(ギガント28号)は目で追っている。
俺達3機(牽制役の3機)を目で追っている。

足を動かしている。
ドズンと鈍重な音を立てて。

反時計周りをしている、俺ともう1機を目で追い・・・。
左足を後方に下げる。


ドズン。


反時計周りをしている、俺ともう1機を目で追い・・・。
左足を後方に下げる。


ドズン。


 ー 良い子だ。

 ー 良い子だぜ。奴さんよゥ。


反時計周りをしている、俺ともう1機を目で追い・・・。
左足を後方に下げる。


ドズン。


 ー 右足を軸として・・・。

 ー 左足を後方に下げる。


ドズン。


 ー 右足を軸として・・・。

 ー 左足を後方に下げる。


ドズン。





「 犯(ヤ)れ・・・ッッ!!! 」








 ドッッ ッ ッ ッゴォ オ オ オ オ オ オォォ ォ ー ー ー ー ー ・・・ ・ ・ ゥ  !  !  !  !






後方2体!2体が羅甲!!


2丁の無反動砲(バズーカ)が火を吹いたァーッッ!!!



・・・・



「良い動きだ。」


 思わず百文字は呟いた。



・・・・



「実に良い動きだ。」


 再び百文字は呟いた。



・・・・



「困難、はねのける良い動きだ。」


 その超聴力(みみ)を澄ませば瞭然であった。



・・・・



「恐怖、打ち破った素晴らしい動きだ。」


 その熟練をしたその動きに合わせる・・・。



・・・・



「そうそう誰もが出来るモノではない。」


 ぎこちないまでの『新人的追走(ルーキームーブ)』。



・・・・



「良い動きだ。」


 百文字は感じ入る。



・・・・



 良い動きであるが故・・・。


 お前に合わそうと言う他の者の動きがぎこちなく。


 良い動きであるが故・・・。


 他の者から放たれる物音に『力み』が生じる。



  それは即ち・・・。



  然るべき 作 戦 を 暴 露 し て い た っ 。


  

・・・・



 ー 異星の強者(もののふ)よ。

 ー ワシには解る。


  ー 貴様が、どれ程の『死線を潜り抜け』。


  ー 貴様が、どれ程の『歯を食いしばり』。


  ー 貴様が、どれ程の『流血(ちをなが)し続けて来たのかを。』



 ー その生き様、苛烈にて、日常であり!


 ー その生き様、挫折が故、勤勉である!



  ー だが、異星の強者(もものふ)よ・・・!!





  今、貴 様 か ら ッ !  貴 様 の 命(すべて) を  強  奪(うば)う ッッッ!!!!




・・・・



 その刹那(とき)、男(ドッグメェン)は『耳』にしたッ!




「 『 レ ス ラー へ の 賛 歌 そ の 4 ・・・・ ッ 。  』  」




 静かに呟く低い声をッ。



・・・・



  幻聴か!?



    いいやッ!



       これは直感だッ!!





・・・・




 ー ワシは捧ぐるッ!!




 ー『 東 洋 の 神 秘 』と呼ばれるペイントレスラーへと、この『 A S I A N  M I S T 』 を ォー ッッッッ ! ! !






・・・・




  来るぞッ!




     とてつもない何かがッ!





         とてつもない何かが来るぞォーッッ!!!



・・・・


・『ASIAN MIST(アジアン・ミスト)』



 曰く、ザ・グレート・カブキ! 曰く、東洋の神秘! そう・・それは『元祖ペイントレスラー』の代名詞!!
 しかして、その実態『 毒 霧 殺 法 ッ! 』、 即ち『 ASIAN MIST(アジアン・ミスト) 』であるッ!

 主にヒール系のプロレスラーが用いるこの技は。
 口内含みし液体を、相手その面(つら)めがけて噴射ッ!

 その視界を遮るは悪の華!赤と緑に彩られ!オリエンタルに恐怖(ムード)せよ!!




   ー その成分。


   ー アンモニア水説、ニンニク説、玉ねぎ説、炭酸水説などなどと様々な説があるが・・・。




      「 『 こ の 度 は 特 別 だ ッ ! 』 」



   ー ギガントよ!


   ー『バネ仕掛け』し、踏み下ろしたその『 左 足 』を用いてっ!!




    ー 周回運動し続ける、いかり肩(の機体)2機目掛け『 大 地 を 抉(えぐ) り 飛 ば せ ッ ッ ! ! 』




・・・・



  左足を踏み下ろした際、

  左大腿部の鋼鉄蛇腹を縮めた『ギガント28号ッ!』



  そしてギガントは踏み下ろした足を、


 『 蛇腹の伸縮と共に、大地を 抉(えぐ)り 飛 ば す ッッ!! 』




   大地は散り散り無数の『塊土(かいど)』と化し、2機の羅甲に 乱 れ 飛 ぶ ッ ッ ! !




・・・・



 ー 見える。

 ー 見えるぞ。


男(ドッグメェン)は『理解』をした。


 ー 奴さん『縮んでいやがる』。


  ・ 4〜5m程度か?


   ・ そうか。あの鋼鉄蛇腹は。

   ・ 手足や腰を曲げる為じゃあなく。



 「 伸縮する事により『 巨大なバネ 』となりッ! 『 爆発的な瞬発力 を生み出した、 ソ レ は・・・・ッッ!! 』 」



そして耳にした!!





グ ギャ オォオオオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オオオオオ オ オ オ オ オ オ ! ! ! !




  ー ギガント が 蛮 声 ッ !


    ー そ し て ッ ! !






      ボ ッ ッ ッ ッ ゴ ォ オ オ オ オ オ オオオオ オ オ オ ! ! !




  ー 抉れる大地ッ! 乱れ飛び迫りくる『 数 々 の 塊 土(かいど) 、 飛 翔 音 ッ ッ ! ! 』






「クソッ! 視界をレーダーに頼れッ!!」

 叫ぶはドッグメェン。


  ー 消えねぇ!直感が消えねぇ!!



「岩石喰らった訳じゃあねぇんだ! ビビってんじゃあねぇーぞッッ!!」

 動揺するもう1機に檄を飛ばす。


  ー 違う!そうじゃあねぇ!!


   ー コイツは・・! 布 石 ッ ッ ! !



・・・・




「そう。『毒霧』は必殺の技では無い。」 

 百文字は呟き。


「故に続けるのだ。」

 命令を下す。



「賛歌せよッ!ギガントッッ!!」


 ー グギャォォオオオー!!

 ギガントは異音にて答えるッ。




・・・・



 ドッッ ッ ッ ッゴォ オ オ オ オ オ オォォ ォ ー ー ー ー ー ・・・ ・ ・ ゥ  !  !  !  !




 爆音と共に放たれた無反動砲(バズーカ)の弾丸2発。




 シュォオオオッッ!!!



 大地蹴り飛ばした、その(左)足、弾丸2発の軌道に合わせ。






     ド ッ ッ ヴァァア ア ア ア ア ア 





               ア ア ア ア アアアアア ア ン ッ ッ ッ ! ! !





  左脛(ずね)にて『 防 ぐ ッ 。 』





  グッ・・・・ ギィギ ギ ギ ッ ッッ ! ! !




 その一連の動作中、右大腿部・鋼鉄蛇腹を『伸縮』し。





「レスラーへの賛歌その5・・・ッ!」





 間を置く事無く。






「 ワ シ は 捧 ぐ る ッ ! 」






 ー 次 な る 一 手 っ 。






「 『 千の顔を持つ男 』と呼ばれた仮面貴族へと、この『 S K Y  H I G H 』 を ッ ッ ! ! 」



・・・・



・『SKY HIGH(スカイ・ハイ)』



 世界で最も著名な覆面レスラー「アレン・ロドリゲス(本名)」の入場テーマ。


 ルチャリブレ(メキシカンプロレス)を代表するルチャドール(プロレスラー)を讃えるに相応しいその曲と曲名は。


 彼のファイティングスタイルである『 空中殺法をッ! 』、彼の必殺とする『 フライング・クロス・チョップ を・・ ・ ッ ! 』






          ー  そ   し   て  、  も   う   一   つ  。







       ダ ッッ ギ ィィイイ ーー ュ ゥ ッッ !!!



       ー 右大腿部の『 伸 縮 ( ズ ゥ ー ム ) ッ ! 』





  グゥゥゥウ ウ ウ ウ ォ オオオ オ オ オ オ オ オー ー ーー ッ ッ ッ ! ! !




   ー 己が前方へと『 並 行 跳 躍 ( ス プ リ ン グ ・ ズ ゥ ー ム ) ッ ッ ! ! 』





・・・・




「 『 朦 朧(もうろう)と 佇 む 、 敵 者 へ ッ !  』 」



「 コーナーポストより、飛び降り(ダイブ)し、


  肉全体『 弾 丸 』と化し、浴びせ倒す事にて『 ダイビング・ボディ・アタック 』と相成るが・・・ッッ!! 」





     ー 「 『  こ  の  度  は  特  別  だ  ッ  !  !  』 」





 ー ギガントよッ!


 ー この並行跳躍中ッ!既に『 両脚の金属蛇腹を 伸 縮 させているな ッッ!! 』





    ー 「 『 な ら ば 言 う ま で も な い ッ ッ ッ ! ! ! 』 」








   マ” ス” カ” ラ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ァ” ア” ス”  





    ・ 両の足を、大地突きッ!



    ・ 両の鋼鉄、伸縮蛇腹ッッ!!



     ・ 今ぞ放そう、燃え尽きるほど『 伸 縮 ( ズ ゥ ー ム ッッ !!! ) 』







         「  『  天 高 く   ー  S K Y  H I G H  ー   』  」







  ダッッッッッ ギュュュ ュ ユ ユウ ォ オ オ オ オ オ オ オ  オオオオ オ オ オ オオオオ ーーーーーー ッッッッ!!!!







      「  『  両脚的超跳躍故似天空 ( ダ ブ ル ・ ズ ゥ ー ム ・ ス プ リ ン ガ ー ) ! ! !  』  」








   ズ ッ ッ ッ  オオ オオオ オオ オ オ




             オオオ オオ オ オ  オ オ オ ー ー ー ッ ッ ! ! !





     ギャンギャンギャンギャンギャ ン ギ ャ ン ギ ャン ギ ャ ン ギャンギャンギャン





              ギィィィィイイイキャァァァァアアアア ア ア ア ア ア ア ア アーーー ー ッ ッ ! ! ! !







     全長50m!体重550tのギガント28号の『 巨 体 が 唸って 空 飛んだ ァァアアア ア アア ア ア ッ ッ ! ! !  』



・・・・




 ・ ・・ 。


 ドッグメェンは。 




・・・・




 も う・ ・ ・ 。


 覚悟した。




・・・・




 ダ メ だ ・・ ・ ・ 。


 この命、燃え尽きる事を。




・・・・



28年間。

何時だって死ぬかと思った。


歴戦だなんて聞こえが良いだけだ。


何時だって必死で、ケツを割りたかった。


ダメだと思ったトコロで、ダメにしかならない。


それを知るからこそ『 強く生きてきた 。 』







   ズ ッ ッ ッ  オオ オオオ オオ オ オ






             オオオ オオ オ オ  オ オ オ ー ー ー ッ ッ ! ! !






幻聴じゃあない
確かに『聞こえる。』

あの巨体が『空から降ってくる。』





  それでも最後まで諦めずに・・・?




いいや、ダメだね。

だ っ て よ ぅ 〜〜 〜 。





「 ヒィィィィィイイイ イ イ イ イ イ イイ イ イ ! !  か・母ぁぁぁさぁぁぁぁああああ あ あ あ あん ん ん ! ! ! 」





こんな新兵(ルーキー)に死なれちゃあッ!!


目覚めが悪くて仕方がねぇえええええええええええええええええ!!!!






     ー 男・ドッグメェン!!!


     ー『尻尾振って生きるのが精一杯かも知れねぇが!!』




      ー『尻尾を巻いて生きる気なんてぇ、ちゃんちゃら無ぇーぜ!! 俺ァー強く 生 き る の よ ッ ッ ! ! ! 』








「アバヨ!ルーキー!! 母ちゃんを大事にするんだぜ!!!」






      ド ン ッッ!!





ドッグメェンは、その羅甲にて、隣の羅甲。


新兵(ルーキー)駆る、羅甲突き飛ばすッッッ!!!





「た・隊長・・・・ゥ!!?」


ルーキー呟く、その刹那。






  ギィッ ッ ッ  シ ャ ァァアア ア ア アア ア  ア アアアアア






             アアアアア・・・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ アア ア ア ・ ・ ・ア ア ・・・・・ ・ ッ







・・・・。

・・。


ッ。




天空より降り注ぐ、

鋼鉄の巨人、ギガント28号により・・・・。




 ドッグメェンは息絶えた。



   ーーー享年42歳であった。



・・・・




「た・隊長・・・?」


目前信じられぬ、ルーキーを尻目に。





 グゥ オッ オッ オッ オオオオ オ オ オ オ オ オ ・・・・・・・ッッッ!!!



 ー ギガント28号が立ち上がる。



・・・・





「・・・・・・。」

「あ・・・。」


「ああ。」



「 ア ッ ッ ! ! ! 」



・・・・




   プ ツ ン ! !



・・・・



キレた。

ルーキーの中の何かがキレた。


余りの戦力差に絶望するしか無かったルーキーの中の『 何かがキレた ! ! 』


それは『彼』だけではなく。




・・・・





「 「 「 うぉおおおおおおおおお!!! 隊 長 の 弔 い 合 戦 だ ぁあ あ あ あ あああ ! ! ! ! 」 」 」





・・・・



皆、怒りに震えていたッ!

皆、彼を慕っていたッ!!


下品で!説教臭くて!面倒見の良い彼を『 誰もが慕っていたッッ!! 』




    咆 哮 ッ !



    隊長はいつも言っていたッ!!





どんなヘボな飼い犬にだって!牙もあれば噛み付いて『 死 に 至 ら し め る 事 』だってあるんだッッ!!


俺達はヘボかも知れないッ!

俺達のヘボが、隊長の死を招いたのかも知れないッ!



  ー だがッ、そんな俺達にだってッ!



「 牙もあれば噛み付いて『 死 に 至 ら し め る 事 』だってあるんだッッ!! 」





  ー 弔 い 合 戦 ッッッ !!!!




猛り狂う羅甲の衆ッ!

その最中(さなか)ッ!




   招かれざる『 巨 獣 が 、 1 機 っ 。 』






   グシャッ!





       グシィャアア ア ・ ・ ・ッッ!!!






後方にて無反動砲(バズーカ)を射撃(う)っていた。

羅甲の2体が『 踏み潰された。 』



  その機体の名『 暴 顛 贅 ( あばれ てん ぜい ) 』 。



全長50m。肉食恐竜型の『ドクトル・ベイベーが作り出した 新 型 操 兵 である ッッッ!!! 』



・・・・



「データ収集ご苦労さまです。」

操者「ピピアン・クラケット」。


「ドクトル・ベイベーが携(たずさ)わったQX団最終兵器。」

通称「ピピアンボーイ」。


「如何なるモノと、ドクトル共々危惧しておりましたが『 予想範囲内。 』 」

所謂、上流階級(エリート)である。


「もう作戦の意味はありません。貴方達の役目は終わりです。」

冷た過ぎるほど『静か』で。


「そして、愚民ども。」

冷た過ぎるほど『酷い』。




   ー 『 弔い合戦 って 何 で す か ? 』



    ・ ボーイは冷たく言い放つ。



   ー 「 『 戦う事は 国 の為。 』 」



     「 『 苗字すら持たぬ死んだ犬ッコロなんかの為に 戦 お う と し て る ん じ ゃ あ な い 。 』 」






「制裁です。」

速やかに告げる。


「貴方がた愚民は、戦闘の末『敵巨大兵器』に、 惨 め に も 敗 れ 去 り ま し た 。 」


「そう報告しますけど、構いませんね?」






   イ イ 訳 あ る か ぁ あ ああ あ あ あ あ あ あ ああ あ あ ! ! ! ! !




   ー 侮辱され憤怒ッ!



   ー ギガントの周りを時計回りしていた『羅甲』が戦斧で持って、『暴顛贅(アバレテンゼイ)』に切りかかるッッ!!





     ー 詰め寄る ッ !


     ー 詰め寄る ッ !




      ー 接  近  ッ ! !







           パ ッッ ァァア ア ン ン  ン  ッッ!!!




           破 裂 音 が し た 。






      ー その瞬間『拉(ひしゃ)げ飛ぶ 羅 甲 』 。



     ー 無残にも拉げ飛んだ羅甲は・・・。


     ー 動かぬまま『 落 下 。 』



    ー スドォ!


    ー 音を立て。


   ー 歪んだ機体さらして『もう動く事は無かった。』




「とても『惨めに敗れ去りましたね。』」


ボーイは、冷た過ぎるほど『静か』に言い放った。



・・・・



 ー ギロォ・・・ゥ!


  「さて。」


 ボーイは、残った新兵(ルーキー)を見つめて。



「貴方。戦闘中に『母さん』って叫びましたね。」


 そして、詰め寄る。



「制裁です。」


 ーズドゥ!


「国より大切な母など居るか。」


 ーズドゥ!



「戦死した貴方は『裏切り者』であった。」


 ーズドゥ!



「内通疑わしきは『その母も同じく』とします。」


 ーズドゥ!



「死ぬより辛い『辛苦』を味わって頂きましょう。」


 ーズドゥ!



「そう後処理しますけど、構いませんね?」


 ーピタッ!



 先に羅甲が拉げ飛んだ『間合い』にて止まる『 暴顛贅(アバレテンゼイ) 』





      ふ ざ け る な ぁあああ あ あ あ あ ああああ あ ! ! ! !


      ー 震えるは怒り!

       ー 激怒を持って立ち向かわんとす、新兵(ルーキー)、




           ー そ れ を 、遮 ( さ え ぎ ) る  は っっっっ !!!!!






   ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ






   ・無骨な鉄の塊と表するに相応しき『鋼鉄の巨人ッ!』





   「 『 異星の無粋者(おろかモノ)よ。 』 」


    ・「ギガント28号ッ!」



   「 『 貴様は、ワシの強奪(せんとう)を 侮 辱 した 。 』 」


    ・そして、その操者・・・ッッ!!!





「 『  万  死  こ  そ  が  、  相  応  し  い  ・・・・・・ っっっ っ ! ! ! !  』  」




  ー「 耐 撃 の 百 文 字 」で あ る っっっ !!!!



ーーーーーー


 ・・・続く。