×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



固めろ固めろ地を固めろ。
重ねよ重ねよ煉瓦(れんが)を重ねよ。

それは象徴。権力財力。支配し、蹂躙。貪り、吸い尽くす。

しかし忘れてはならない。
栄枯は必衰。滅び行く事、積年が瞭然(りょうぜん)。

そして・・・。いつの世も「瓦礫(がれき)」のみが物語るのです。

黄昏た栄光を・・・。静かに。寂しげに。


・・・・・


・コマンタレヴシティ ー 首席公邸


タッ!タッ!タッ!タッ!

 タッツ! タッ!タッ!タッ!


「メルド!メェェェェルド!! (クソ!クソォォォオオオ!!!)」


こんなハズじゃあない!こんなハズじゃあないのだ!!


 ー レゼルヴェ国が首席・ルイ=ポナパルト=ヌーヴォー1世(通称・ルイヌーヴォー)
   男性・59歳 白髪碧眼。小太りな老人。


「吾輩の辞書に不可能と言う文字は無く!」

「吾輩の辞書に敗北と言う文字は、在ってはあってはならない!!」


 ー ルイヌーヴォーは敗走していた。

 ー 押し寄せるは黒き人々(大波)。
 ー レゼルヴェ国最大兵器『アロンズィS06』敗れし軍事力など、烏合の囀(さえず)りに等しい。

  ー サイボーグが『耐撃の百文字』、
  ー そして全長50m体重550tを誇る『ギガント28号』に扇動された『未曾有のクーデーター』を防げるハズも無く・・・。


  「首席ッ! 首都・コマンタレヴシティは壊滅寸前ですッッ!!」

  「早くッ!早くお逃げをッッ!! 此方ですぅぅぅぅうううううううううううう!!!」



こんなハズじゃあない!


護衛(ボディガード)の先導され、地下道。
緊急(スクランブル)ジェットヘリへと急ぐルイヌーヴォー。


こんなハズじゃあない!

「栄光ある植民地帝国の時代を忘れ、支配階級たる誇りを失った祖国より離れ『幾年月ッ!』」

こんなハズじゃあない!

「吾輩はついに手に入れたのだッ!この国を!『あるべき支配階級をォーッッ!!』」

こんなハズじゃあない!

「ああ・・美しき!美しき『白きレゼルヴェ国!!』」

こんなハズじゃあない!

「おお・・リトルおフランス!旨とするは支配!『支配のルネサンス(再生)よ!!』」

こんなハズじゃあない!

「白き人が支配し、黒き人(豚)が従う『 あるべき 世 界 の姿よぉぉぉおおおおおおおお!!! 』 」




 こんなハズじゃあないッ !こんなハズじゃあないのだぁぁぁああああああーーーーーッッ!!






   ド ッ ッ ッ  ゴォ オオオ オオ オ オ



             オオオ オオ オ オ  オ オ オ ン ン ン ! ! ! ! !







「ヒィィギャァァァァァアアアアアアアーーーーーーーッッッ!!?」



「あ・ああ・・・!!」

「あぁっぁぁぁぁぁぁあああああああ!!!?」

「あああ あ あ あ あ あ あ あ あ あア ア あ あアアアァーーーーーーーーーッッッ!!!!?」




 ー ルイヌーヴォーは『絶望』する。


 ー 逃げていたハズの地下道。
 ー 先導していたハズの護衛(ボディガード)。

  ー 轟音!巨大物と土埃と共に行き止まりと化しッ!

  ー 護衛は皆、『潰れて圧死・・・・ッッ!!』





ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ




「舞踏会にでもお出かけかね?」

 響き渡る低い声。


「生憎だが・・。カボチャの馬車へは『辿り着けない』。」

 それは、黒づくめの男であった。


「お誂(あつら)えむきに(土埃で)灰だらけの姿をしているのに残念だったな。」

 スーツだって黒いし・・・。靴も黒い。帽子も黒い。手袋も黒い。


「もっとも。 ワシはお前に幸せの好機(チャンス)を与えに来た魔法使いではない。」

 色素の薄い肌が、その黒を際立たせ。


「ガラス靴を片手に現れた王子(プリンス)でもない。」

 黒づくめのその姿が、岩を人型にくり抜いたようなその巨体と顔に映える。


「申し遅れたな。」

 鷹(たか)や鷲(わし)を連想させる猛禽類のような目を持ち。



「『 ワ シ は ・ ・ ・ ッ ! ! 』 」

『油臭(ガソリンしゅう)』と『機械音』がするその男は・・・ッ!!




「 『 耐  撃  の  百  文  字  ・・・・・ ッッッッ ! ! ! !  』  」




 ー そしてッ!




グ ギャ オォオオオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オオオオオ オ オ オ オ オ オ ! ! ! !





「 『 ギ  ガ  ン  ト  2  8  号  で あ る ッ ッ ッ ッ  ! ! ! ! 』  」



ー高らか唱える耐撃の百文字。


ー轟き叫ぶはギガント28号。




 ・・ジョボ・・・ゥ。


ルイヌーヴォーは小便を漏らした。

股間から発生したそれは、右に8左に2の割合で流れて滴る。


生暖かい液体であった。だが・・。
人肌の液体を持ってしても、彼の寒気(失意)は癒せなかった。

ルイヌーヴォーは奪われたのだ。
誇りも。名誉も。育んだ矜持(狂気)も。


ガ クン・・。
ルイヌーヴォーは腰くだけ

「こ・殺さないで・・・・。」
力なく呟き、命を乞うた。


・・・・・



ルイヌーヴォーは涙を流した。

ルイヌーヴォーは汗を掻いた。

ルイヌーヴォーは鼻水を垂らした。

ルイヌーヴォーは涎(よだれ)を垂らした。


 ー恐怖ッ!
 ー恐怖ッ!
 ー恐怖ッ!
 ー恐怖ッ!

 ー死にたくないッ!
 ー死にたくないッ!
 ー死にたくないッ!
 ー死にたくないッ!


喉元に刃(やいば)突き付けられるような『圧迫感』。

裸で真冬の空の下投げ捨てられたのような『絶望感』。

ルイヌーヴォーは死にたくなかった。

本能が死にたくなかった。
本能が理性を凌駕した。

細胞全てが『死を恐れた。』

ルイヌーヴォーは命を乞うしかできなかったのだ。



 ・・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・・ ・ 。


静寂。

苦しくて痛い。空気を感じる。

重い(ルゥ) 重い(ルゥ) 重い(ルゥ) 重い(ルゥ)・・・。




「白き人よ。」

「ウイィィィィイイイイイイイ(はいぃぃぃいいいいいい!!!!)」


百文字の問いかけに絶叫で答えるルイヌーヴォー。




「この出会いを大切にしたい。」

「ウイィィィィイイイイイイイ(はいぃぃぃいいいいいい!!!!)」


ただウィ(はい)のみを叫ぶ。




「頭を下げるか首だけになるか・・・。」

「ヒィィィィィイイイイイイイ(死にたくないぃぃいいい!!!!)」


悲鳴を挙げる。




「選ぶと良い。」

 ゴヅッ! ゴヅッ! ゴヅッ! ゴヅッ! ゴヅッ! ゴヅッ!


土下座し、何度も額を打ちつけた。



「よし。」

 ピタァーッ!!


土下座の格好で、静止。




「これより支配者はワシだ。」

 ・・・・・ ・ ・ ・ ・  ・  。


血でにじんだ額して、次の言葉を待つルイヌーヴォー。




「返事をせよ。」

「ウイィィィィイイイイイイイ(はいぃぃぃいいいいいい!!!!)」


絶叫にて返事すルイヌーヴォー。



「これからはワシが『掟』だ。」

「ゥィィィィィィィィぃぃぃぃ(はいぃぃぃいいいいいい!!!!)」


喉が枯れた。


「黙して聞け。」

 〜 〜 〜 〜 〜〜〜 ー ー ー ーーー ー っっっ っ ッ ッ  ッ  ッ  ! ! !


ルイヌーヴォーは引き付き黙す。







ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ








『地鳴り』が起こった。



「騒々しいモノだ。」

「ッ!ッ!ッ!ッ!!」

挙げたい絶叫を、右手で持って塞ぐルイヌーヴォー。




「『レディ』。を状況を知らせよ。」

ドク ドク ドク ドックンッッ!!

過活動をする心臓(胸)を、左手で持って抑えるルイヌーヴォー。



「白き人よ。」

 ォッ! ォォ・・・ッッ!!

思わず声が漏れた、ルイヌーヴォー。



「黙して聞け。」

 〜 〜 〜〜〜 ー ー ー ーー っっ  ッ  ! !

言葉を待つルイヌーヴォー。





ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


依然『地鳴り』は止まらない。






   ガ ・・・ ・ ・  ッ ッ  シィ・・・・ーー ー ー  ー ッ ッ ! ! !



   ー 耐撃の百文字は、ルイヌーヴォーの顔面を鷲掴みする。





    「 んんンンンォォォ・・・・・ッッッッッッッッッッッ!!!!」

    声ならぬ呻き上げるルイヌーヴォー 尻 目 に 。







 『 百文字(ハンドレッド) は 、  こ  う   言   い   放  っ  た ッ ッ ! ! ! 』









「 『  不 倶 戴 天 ( ふ ぐ た い て ん ) の  敵 、 来  た  り   』  」



「 『  命 惜 し く ば 我 等 に 従 え 。 』 」






「 『  許 す ま じ は  ド ク ト ル ・ ベ イ ベ ー   』  」







「 『  大  戦  、  火  蓋  よ  ・ ・ ・ ・  ・  ・  ・   』 」







コマンタレヴ・ラプソディ

第 4 話  「  切 り て 落 と さ れ る ッッッ ! ! ! !  」




・・・・・





  バルルルルルルルルル ル ル ル ル ル ル ル ゥルルル ゥゥ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウーーーーーーー!!!




ヘリが飛んでいる。
操者は一人。黒髪の女性だ。

艶やかな髪の持ち主であった。憂いた瞳を持つ女性であった。
ローブに身を包んでいる。露出の控えた服装をしているが、豊満なチチ(胸)と豊満なケツ(尻)を隠す事ができない豊満なバディ(肢体)。

だが、その女性は『奇妙』な事に・・・。

全身を『ミイラの如く包帯で覆い隠していた』。



 ーその名は『 レ デ ィ ・ ミ ィ ラ  』



バルバ ル バ ル バ  ルバ バル バ ル ーーーー ー ー ー ッッ ッ ! !



「聞こえる?『百文字(ハンドレッド)?』」
レディは問いかける。

「報告が遅いな。『レディ(・ミィラ)』」
通信にて答える百文字。

「扇動と諜報を兼ねるのは、とても骨が折れるの。骨盤に悪いわ。」
悪びれないレディ。

「戯言を聞く耳は持っておらぬ。敵戦力を伝えよ。」
率直に告げる百文字。


「全6機よ、百文字(ハンドレッド)。詳細を伝えるわ。」

レディは敵戦力を伝え始めた。



「50m級の巨大機動兵器1体。

『ドクトル・ベイベー』が開発した肉食恐竜タイプと見て間違いないわ。」


  ー ドクトル・ベイベー

    QX団が誇るマッドサイエンティスト。
    資金を顧みない『巨大過ぎる兵器』の開発案ばかりを出し、世の中から爪弾きにされた男。

    『バブゥ』『ハァイ』『でちゅう』を織り交ぜる独特な口調から『ドクトル・ベイベー』と呼ばれている。




「あと。正体不明の機動兵器が5体。

『アムステラ神聖帝国』の機動兵器と推測されるわ。」



  ー アムステラ神聖帝国


    地球には存在しない国の名だが・・・?





「フッフフ。」

百文字は鼻で笑う。

「『補給元』を得る前に叩こうと言う腹か『ドクトル・ベイベー』。」


「レディ。ルイヌーヴォーは既に捕獲している。」

「今からそちらに向かおう。時間を省くぞ。そのままヘリで受け取るのだ。」



「ヒィィイイッッ!!?」

ルイヌーヴォーの悲鳴が通信された。



「彼は人間よ?命の保証はしないわ。」
淡々と答えるレディ。


「その時は『力で国を支配するまでだ。』」
シンプルが故に太い言葉を吐く百文字。


「突っ込みたくもないけれど、今だって十分力づくじゃあなくて?」
その抑揚、不機嫌露わなレディ。


「それに百文字(ハンドレッド)。
 向おうだなんて悠長極まりないんじゃあなくて?」

レディのマシンガンばりの嫌味トークが始まった。



「ゴメン遊ばせってヤツよ、百文字(ハンドレッド)。

 解るって理解ではなくて、百文字(ハンドレッド)?
 既に状況は伝えたわね、百文字(ハンドレッド)?
 解ったら行動されたらどうかしら、百文字(ハンドレッド)?
 理解したら明日って今じゃあなくて、百文字(ハンドレッド)?

 早急に向かって頂戴、百文字(ハンドレッド)。

 無駄口叩いてる暇(ヒマ)無いんじゃあなくて、百文字(ハンドレッド)?」


計184文字の嫌味トークを繰り広げている内に。



 ー ド ズ ン !

 ー ド ズ ン ! ド ズ ン ! !


 ー ド ズ ン ! ド ズ ン ! ! ド ズ ン !



 ー ド ズ ン ! ド ズ ン ! ! ド ズ ン !  ド ズ ン ! !



 ギガント28号は到着した。



「アァラ・・っ。
 とても速いのね、百文字(ハンドレッド)。」

 言い捨てるレディ。


「百文字(ハンドレッド)。」
 それはそれで不愉快なので。


「速いのは結構だけれど、レディは支度に時間がかかるモノなの、百文字(ハンドレッド)。
 もう少しゆっくり来ても、良かったんじゃあなくて、百文字(ハンドレッド)?」


 ー フゥー。

  レディは溜息交じりに言い捨てた。



「。」

百文字は意に介さない。




「 ヒ ィ ィ ィ ィ イイイイギギャアアアアアアアアア ア ア ア アア ア ア ア ア アアアアアーーーーーーッッ ッ ! ! ! ? 」



ルイヌーヴォーの絶叫のみが響き渡っていた。


・・・・・


・ コマンタレヴシティ ー 郊外



「さあ、百文字(ハンドレッド)。敵は目の前。ご理解は可能?」

機嫌依然斜めなレディ。


「言われるまでもない。」

依然意に介さない百文字。


「ンゴゴんッグがほががががぐほぉおおおお!!!」

ヘリに移され縛られた上、脱ぎたての『パンティ(ショーツ)で 猿 轡(さるぐつわ)』をされているルイヌーヴォー。


 ・・・どうでも良いと知りつつも、

    念の為説明をするが『ルイヌーヴォーのパンティ(ショーツ)』だ。(イッツ ア セルフサービス ! ! )


 人には言えない趣味があり、人にはそっとしておいて欲しい事があるのです。

 しかし。脱ぎたてと言う事は、脱いだって事でOKなのだろうか?その時どんな気持ちだったのだろう?
 自らの手。そう自らの意思で脱ぐと言う事は『自分の意思で、ソレを履いているって事を見せなくてはならない』のだ。それはどんな気分なのだろう?

 しかも彼(女、と付けたい)は、あんなに豊満(肥満、と書かないといけないのか)なバディをしているのにも関わらず、『 粗 相 』までしているのだ!!

 ディ・モールト(非常に)興味深い事柄ではあるが、此処は『そっとしておく』と言う事で結んでおく。




ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ



そう。戯言をしている暇も・・・。



「気をつけて百文字(ハンドレッド)・・・・。」


時期に無くなる・・・。




「復讐心は大いに結構。」


世界中に非常警報が鳴り響いてる。




「動機の無い行動なんかに、生きてる意味は投影できない。」


アムステラ神聖帝国来たり、その目的『侵略』と宣言す。




「復讐が貴方の全てとするのなら、身を任すのも良いでしょう。」


アムステラ神聖帝国と名乗りし、敵 軍 は。




「けれど、忘れないで。」


外 銀 河 全 域 を 支配する超巨大国家と 宣 言 を す 。




「貴方と私はたった二人生き残った、QX団が意思、継ぎし者。」

データに無い機動兵器。圧倒的な軍事力。その宣言、疑い無きモノと判断を下した。




「その意味。そして、その重み・・・。」

すでに世界各国の軍事拠点を集中的に制圧。もしくは制圧進行中である。





「しかとその胸に刻み込みなさいッ!百文字(ハンドレッド)ッッ!!」

もはや開戦は避けられないッ!





「この決戦『 勝 利 の み が 相 応 し い ッ ッ ッ ! ! ! !  』  」


各 国 健 闘 を 祈 る ッ ッ! !







「 『  バァァァァアア ア ア ア ブ バ ブ バ ブ ハァァアア ア ア ア ア ア ア イ ーーーーーーーーー ッッッッ ! ! ! 』 」






 キンキンとノイズする 金切り声が響き渡った。


 そう。それは、6体の機影と共に・・・・。



・・・・・




 ブィゥウウウ・・ ・ ・ ・ ・  ・ ン

 ー 巨大な。


 ザ・・ ザザザ・・ ・ ・ ザ ザ ッ

 ー 巨大な映像であった。


 ビ ン ッ !

 ー そ れ は 立 体 映 像 。



   ー 立体映像 は 、語りを か け る ッ !


   ー 山と見紛うその圧倒的 ジ ャ ン ボ サ イ ズ の その姿 にて ッッ ! ! !





「 『  遠からん者を耳に聞(ち)けぇぇえええーーーーッ! 近くば寄って目に物 見 よ バブゥウウウウウウーーーーーッッ!!!! 』 」


 無機質な・・・無機質な姿をした「赤ん坊」であった。




「 『  愛らちきその姿、無垢の具現。 この世で最も 純 潔 ちゃるは 生まれた まんま の その姿  ・・・ ・ ・ ・ ッ ! ! 』 」  


 キューピットのような無垢な表情で『 固 定 』された鉄面皮と。




「 『  懺 悔 するのでちゅ 。 日進月歩に己の欲を積み重ねる 迷 い の 子 よ ・・・・ 。  』 」  


 メタリックシルバーに彩られたその身体有色(ボディ)。




「 『  思 い 返 す のでちゅ 。 誰もが皆、 裸 。 無垢な存在して 産み落とされた 事 を ・・・・ 。  』 」  


 西洋彫刻を連想させる控え目なペニス(お○んちん)と。




「 『 懺悔するのでちゅ! そして思い返すのでちゅ!! その時、チミ達は アムステラのご加護 を知る事ができまちょうぞ・・・・ ッッッ!!! 』 」


 ポッコリした寸胴腹を持つ『脳移植型改造式鋼鉄赤ん坊(スーパー・メタリック・ベイベー・カスタム・バディ)』。





  ー ボク ら は皆、 生まれてくる 惑 星 を間違えた 迷いの子等 。


   ・それで居て、暖かで。



  ー ボク ら は皆、 知らずに生きて来て、知らずに苦しんできた 運命の奴隷 。


   ・それで居て、毛布のような。



   ー ボクは チミ達 よりも 『 ほんの少し 早く アムステラ  と 出会う事ができまちた。 』


    ・何もかもを包み込む「 妖しさ 」に満ちて居て。



ー だから。 ボクちん は チミ達に 『 福 音 を 知らせる 義 務 があるのでちゅ・・・・ッッッッ!!!! 』


 ・何者にも怯まない「 強 化 な 意 思 」を併せ持つ。





      そ う  。



      その鋼鉄のベイベーの名こそ・・・・。






「 『 ボクは  ド ク ト ル ・ ベ イ ベ ー  。   』  」




 ドクトル・ベイベーその人であった。


・・・・・





ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ



 ー ドクトル・ベイベーは続ける。

 ー その妖しさを持って。その強固な意志に従いて。





「そう。ボクちんは、ドクトル・ベイベー・・・・・。 」

 ドクトル・ベイベーは、もう一度名前を告げる。



「優れたアムステラ軍事技術が・・・・。

 この遅れた星、遅れた製鉄技術でも、生産体制を整える事ができるよう見出された『 地球産まれの 科学者 』でございまちゅ。」


 自己の簡易な紹介と・・。




「其処にお見受けするは『百文字(ハンドレッド)』と認識ちたりでちゅ。 ハァーイイ。」


 旧知の認識。挨拶を。




「『 降 伏 を 勧 告 い た ち ま ち ゅ ・・・・・・ ッッッ 。 』 」


 率直に要件を。





「世界征服などと言う『ちっぽけな誇大妄想』を捨てッ!」

 前説を添えた・・。





「惑星レヴェルの安息行為ッ! 『 アムステラが支配 』を 享 受 するのでちゅ ッッッッ ! ! ! ! 」


 強者の理論を押し付けた。










「 『  バァァァァアア ア ア ア ブ バ ブ バ ブ バブバブバ ブ バ ブ ゥ ゥ ウ ウ ーーーーーーーーー ッッッッ ! ! ! 』 」






 再びキンキンとノイズする 金切り声が響き渡った。



・・・・・






 ィィイイ。


 ィ。


 ィイィィ。


 イイ・・・・。



ルイヌーヴォーは『すすり泣く』。


ルイヌーヴォーは『後悔』をしていたのだ。



何の後悔を?


 その驕り昂ったその狂気(矜持)への?

 その人には言えない趣味(下着女モノ)への?



そのどちらでも無かった。





 ー 生 ま れ て く る ん じ ゃ あ な か っ た 。

  ・これがルイヌーヴォーの『後悔』。




 ー 先からなんだ・・・。

 ー 先からなんなのだ・・・・。


  ー もう良いだろう。


  ー 人生『死んでいい』と思う事があっても実際に『死んでいい瞬間』なんてそうはない。


  ー 死ぬと言う事は一つの『決意』だ。


  ー 『決意』。行い・・・それと成し遂げる事の何と『難し事か。』




も う 勘 弁 し て く れ 、 何 も 選 び た く は な い っ っ っ ! ! !




 イイ・・・・。ィ。



 ィィィィイイイイイ・・・・・。




 ヒィィィィ・・・・・〜〜〜〜 〜 〜 〜 ン ン 。





ルイヌーヴォーはただただすすり泣く。





 パ シィ ッッッ ! ! !





「ィ〜〜〜〜〜ッッ!!!」


ルイヌーヴォーは『平手うち』を喰らったっ。





「精神イったかと思ったじゃない。」

レディ・ミィラの平手うちであった。


「でも良かったわ。代わりを準備するのはメンドイの。」

淡々と告げるレディ。


「が・代ぅわりィ・・・??」

ルイヌーヴォーはオドオド問う。



「お黙り。」

 〜〜ーっっ!!

ルイヌーヴォーは黙した。



 レディは淡々と告げ始める。



 ー 目を見開きなさい『白き虚栄者』。


 ー そしてあなたは『見据える』のです。


  ー そびえる雄々しき『その姿』。


  ー QX団が『最終兵器』。



 ー『ギガント28号』のその姿をッ。






 ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド



   ー そして、レディは 言 い 放 つ ッ ! ! !







『 貴方は 思 い 知 る の で す っっっ !!! 』



『 この国を支配するに相応しいのは誰かッ! 』


『 命乞うべきは誰なのかッ! 』


『 後悔思い返す事より、 強 く ・・・ っ 。 』




『 生 の 決 断 を、 しなければならない 選 択 を迫るのは  誰  な  の  か  ッッッ !!!! 』






   ー その身、その眼で思い知りなさい。




    ー まごう事無きその 真 実 を ・・ ・ ッ ッ ! ! !





・・。


・・・。

・・・・ッ。



〜〜〜ーーーーッッ!!



ルイヌーヴォーの震えが止まった。




そして、ルイヌーヴォーは直感をする。




全細胞が生きていたい事を望んだ彼等(百文字とレディ)と。


生きていてごめんなさいと感じた彼(ドクトル・ベイベー)。




 この先、どんな恐怖があるのか解らない。

 この先、どんな恐ろしい目に遭うのか解らない。


  だが、彼は心の底からそれを『 直 感 』し た の だ 。






   ただ・・・。 生 き て い た い そ の 事  一  つ  を  。







「 『  バァァァァアア ア ア ア ブ バ ブ バ ブ バブバブバ ブ バ ブ ゥ ゥ ウ ウ ーーーーーーーーー ッッッッ ! ! ! 』 」



 依然。キンキンとノイズする ドクトル・ベイベーの 金切り声が響き渡る。

 怖い。怖くて仕方がない。

 勝てるのか?百文字と言う男は?

 勝てるのか?ギガント28号は!!!?







「『レスラーへの賛歌その3・・・・。』」







  それは・・・。誰にも解らない。



ーーーーーー


 ・・・続く。