×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



悔しくて悔しくて仕方の無い事。憎たらしくて憎たらしくて仕方の無い事。
忘れてしまえ。忘れてしまえば良い。忘れると言う事は才能だ。
何かに捉われて続けているなんて、牢獄に居るに等しい。

だが・・・『牢獄から出られなくなってしまった人は、どうすれば良いンだろう?』


何かに囚われてしまったからこそ、『逃げ出せないんじゃあないのだろうか?』


囚われたら『逃げ出せない罰則』を、秩序とするのが世界だ。肉体と精神は別にしろと言うのか?
程度を弁えろと言うなら、夢だとか憧れを旨とする事をする時『常識から外れた行動』になるのは何故だ?


所詮、この世は詭弁だ。所詮、この世はまやかしに過ぎない。


真実は・・・。『己の内にこそ、存在をする。』
真実は・・・。『己の力で、掴み取るしかないのだ。』



コマンタレヴ・ラプソティ 

第2話「だが、それで良かった。」




・・・・・



誰もが・・・。
踏み込めないで居た。

黒づくめの男こと・・・。『耐撃の百文字』が歩んだ道を。

百文字は、街の外れからこのスラム街に入り。
町の中心の『ベイビーおフランス(カジノ)』へと足を踏み入れた。


異様な男であった。


彼が歩く事。
それはモーゼの十戒に似て、人波が彼を避ける。

奇声が静まる。怒号が醒める。
その男だけが、この街の秩序であるかのように街は静寂を取り戻す。


 シィン・・・。

 
誰もが彼を避けた。
誰もが・・彼が歩んだその道を『踏み込めないでいた。』


『 だが、それで良かった。 』



・・・・・



ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

地鳴りがする。街の外れから。
地面の奥深くから響くように。


ドヨ・・!? ドヨドヨドヨドヨ・・!!?

人々は皆、どよめいた。
誰もが其処に佇んだ。異様なるその地鳴りに恐れを覚えながら。


『 だが、それで良かった。 』



・・・・・



 ードゴゥ!

 地響きである。


 ードゴゥ!

 マグネチュードは幾つだ?


 ードゴゥ!

 震度は?


 ードゴゥ!

 立っていられない。


 ードゴゥ!

 誰もが皆・・・。


 ードゴゥ!

 座り込んだ。


『 だが、それで良かった。 』



・・・・・



 ああ!

 皆、空を見上げる。


 それで良かったのだ!

 皆、そう思った。
 

 これで良かったのだ!

 皆、そう感じた。


 まるでオバケだ!

 皆、そう恐れた。


 まるで化け物だ!

 だが、怖くは無かった。



  ー なんておっきくて。


   ー なんて強そうなのだろう。


 皆がその『巨人』に憧れた。



『 そう、それで良かったっっ!!! 』


・・・・・


 ド ズ ン ! 
 ー それは地より這い出た巨人。

 ド ズ ン ! 
 ー 大地に大穴を開け、這い出た巨人。

 ド ズ ン ! 
 ー それは呼び掛けに応じた巨人。

 ド ズ ン ! 
 ー 耐撃の百文字に応じた巨人。

 ド ズ ン ! 
 ー どこまでも鋼鉄で。

 ド ズ ン ! 
 ー どこまでも無骨なその巨身。

 ド ズ ン ! 
 ー 全長50m

 ド ズ ン ! 
 − 体重550t

 ド ズ ン ! 
 − 耐撃の百文字のみが真実であり。

 ド ズ ン ! 
 − 耐撃の百文字のみを盟友とする。

 ド ズ ン ! 
 − QX団が 最 終 兵 器 ッ ! !



「そう。そしてその名よ轟けッッ!!」



「 『  ギ ガ ン ト 2 8 号 ゥ ゥ ウウウウーーーーッ ッ ! ! 』 」







 ー グ ギャ オォオオオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オオオオオ オ オ オ オ オ オ ! ! ! !  ー




ギガント28号は、雄叫びを挙げ現れたッッ!!




 ド ズ ン ! 

 ド ズ ン ! ド ズ ン ! !


 ド ズ ン ! ド ズ ン ! ! ド ズ ン !


 ド ズ ン ! ド ズ ン ! ! ド ズ ン !  ド ズ ン ! !


 ド ズ ン ! ド ズ ン ! ! ド ズ ン !  ド ズ ン ! ! ド ズ ン !


 ド ズ ン ! ド ズ ン ! ! ド ズ ン !  ド ズ ン ! ! ド ズ ン !  ド ズ ン ! !




地が鳴り響く。

歩を進めるは『ギガント28号』。


街中をその巨体で持って歩いた訳だが・・・。


人的被害は一切出なかった。


28号が・・・。

百文字が歩んだ道を忠実になぞったのだから。




そう・・・・。


『だからこそ、これで良かった。』


・・・・・



黒き人々は皆、『唱和』をしていた。

自由(フリー)!
自由(フリー)! 解放(フリー!)
自由(フリー)! 解放(フリー!) 混沌(フリー!)
自由(フリー)! 解放(フリー!) 混沌(フリー!) 暴力(フリー!)

響き渡るその地鳴り。
ギガント28号の歩む音と共に。


ド ズ ン !

ド ズ ン ! ド ズ ン ! !

ド ズ ン ! ド ズ ン ! ! ド ズ ン !

ド ズ ン ! ド ズ ン ! ! ド ズ ン !  ド ズ ン ! !


・・・・・。・・・・・。


地鳴りが止まると同時に。


 それで居て・・・ッッ!!

 黒 人 ( ブ ラ ッ ク ! )だぁぁぁあああ ああ あ あ あ ー ー ー ー っっ っ ! ! !


黒き人々は皆、『大喝声』を挙げた。



『 そう、これで良かった。 』



・・・・・



「黒き人々よ!」

『大喝声』と同時に百文字が叫ぶッ!


「今こそ、白き虚栄が剥ぎ落されッ!」

「黒き大波が、世界を統べるのだッッ!!」



 ー うぎょぐぉぉおおおごぉおおおおおおおおおお お お お あ あ あ あ ああ っっ ! ! ! !


悲鳴にも似た歓声を上げ続ける『黒き人々』。
その場にて、絶叫を上げ続ける『黒き人々』。



『 そう、これで良かった。 』



・・・・・




「 『 ちぇりぃぃいいいぁぁぁあああ あ あ あ あ ああああ ーーーー ー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! 』 」

蛮声と共に飛び出す百文字ッ!


「行くぞォー! ギガント28号ゥゥウウウーッッッ!!!」

そして、超人的な跳躍力によりてー・・・!


「トォォォォオオ オ オ ー ウゥゥウウウーーーー ー ッ ッ ! ! 」

全長50mを誇るギガント28号の『左肩』まで飛び上がるッ!!


 ーガシィッ!


百文字は、28号の首の左側ッ!

金属蛇腹の凹凸を片手で掴んだッッ!!


「28号よ。」

「良い子だ。言いつけ通りにワシが歩んだ道を辿ってくれたようだな。」


 ニィ・・!


百文字は微笑んだ。

感動の無い男。百文字にして微笑みを浮かべる。



『 そう、それは、これで 良 かっ た からだっっ ! ! ! 』


・・・・



「 『 レスラーへの賛歌その1! 今は亡きUWFへと『 こ の 技 』 捧げてくれよう ! ! 』 」


「 『 ギ ガ ン ト ォォォォオオオ オ オ オ オ オ オオオオオオ ー ー ーー ー ー ! ! ! ! 』 」



  ー ア” キ” ラ”

 28号は異音にて答えるッ!


「 『 当 た り 前 田 の ォ ー ッ ! ! 』 」



  ー ク ” ラ ” ッ ” カ ” ァ アアアアア ア ア ア ア ア ア ア ー ー ー ーーーー ッッ ッ ! ! !


 28号が 雄 叫 ん だ ッ ッ ! !



 ー 助走ッ!

 ー 跳躍、加るるに、

  ー 横転にて、捻りを加えるッ!


その踵。
敵者の顔面や胸元に当てる事にて、『大車輪キック』と相成るが・・・ッ!



 「 『 こ の度 は 特 別 だ ッ ! 』 」



 ー ギガントよ!

 ー 見えるなこのビルがッ!
 ー 全長324mを誇る、このビルがッ!



 「 この国の縮図であるかのように、黒き人々は低き階層にて!

 「 白き人々は高き階層にてと、分け隔てられている『 こ の ビ ル 』がぁぁあああー ー ー ッ ッ ! ! ! 」



 ー 今こそ、我らが『分け隔てくれようッ!』



「 『 ギガントォーッ! 』 」

「 『 324 / 2 = 1 6 2 m 付近を 狙 い て ッ ! ! 』 」




 ー 「 『  前 田 独 特 の 軌 道 を 描 く ニ ー ル キ ッ ク ゥ ー ッ ! !  』 」 ー




 大ィィイイ イ イ イ イ イ イ イ 車 輪 ンン キ ッ ク を ブチかませぇええええ え え え え え え えええええいいいいッッ!!!






  ー ダ ン ッ !

  助走ッ!

  ー グ ゥ ・・ ・ ン ッ !

  跳躍ッ! 加るるにッ!!


  ー ズ バ ァ ァアアアーー ン ン ッ ッ ! !

  横転にて、捻りを加えるッ!



その踵。
高層ビルが『ベイビーおフランス』の162m付近を当てる事にて・・・ッッ!!!







   ゴ ッ ッ ッ  バァ アアア アア ア ア



             アアア アア ア ア  ア ア ア ン ン ン ! ! ! ! !




「『大車輪キックと相成るモノなり・・・・ッッッ!!!』」


 ー 轟音ッ!

 ー 全長50m誇るギガント28号の、驚愕の大車輪の一撃にてッ!!
 ー 高層ビルの上部は ぶ っ 飛 ん だ 。




ゴォオ ッ ッ オオオオ オ ォ ォ ォ オ オ オ オ オ 〜 〜 〜 〜 〜 〜 ッ ッ ッ ! ! !


ぶっ飛ばされた上部、空を孤を描きて飛び・・・。
 
程無くして・・。




 ズッッ ッ ガ ァァ ァ ァ ァアアアアア ア ア ア ア アア ア ア ア アアア ア ア ンン ン ン ! ! ! !  ! !



大地との『衝突』。

そして『破壊音』。


気持ち良い程に飛んで行った、高層ビルの上部は、スラム街の街外れ。


28号は、地に大穴を開けて派い出た場所へと落下をした。


 ー誰もが踏み入れなかった道を上通し。

 ー誰もが凝視した大穴へと至る。

 ー故に・・・。

 ー黒き人々の被害は『 ゼ ロ 』 。



そう・・・。


『 それで良かったのだ。 』


 百文字は呟いた。




 ー いいや!

 ー それでは良くありませんなァーーー!!!



「むぅ!」



バババ バ バ バ バ  ババ ババ バ ッッッ!!


プロペラ音ッ!

そして、上空より甲高い声が『 響 き 渡 っ た ッ ッ ! ! 』



ーーーーーー



・・・続く。