×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



二度目だな。

オッペンハイムは自身を振り返る。

あれは駆け出しの頃だった。敗色濃い戦争に雇われた時の話だ。俺は・・俺達は捨て駒にされた。
自らの知略を品として商売をしてきた少し変わったフリーの傭兵。「ゲン=ドルベル」の知略によるモノだ。

次々と倒れて行く仲間達。1人。また1人と。捨て駒にされた事を無念に恨みつつ死して行く。
残ったのは、俺とレンヤ(アスパラ太郎)。そして俺達は一つの選択を迫られた。

それはどちらかを犠牲にして。どちらかが生き残る事だ。

執拗な追っ手だったが、今なら闇に紛れ、逃げ延びる事が出来るかも知れない。
だから俺は迷う事無く、犠牲になる事を選んだ。銃弾は潰えまともに戦う事が出来なかったからだ。

しかし「自爆」する事は出来た。
俺が追っ手をギリギリまで引き寄せ。追っ手もろとも自爆をする事。

そうすれば全て事が足りたンだったよなあ。


だが俺は自爆する事は無かった。


追っ手にギリギリまで追い詰められたその時。

操兵を走らせハァハァ息を切らしながら、現れた男が居たからだ。


それが『レンヤ(アスパラ太郎)』だった。


レンヤ(アスパラ太郎)がこう言う。

「ふざけんじゃねぇぞ、オッペンハイム(ニッポンハム)!」

「何がどっちも生きる術(すべ)だ。ドカンと爆発してハイ終わりって話じゃねぇだろ!!」

「俺達2人が生き残って初めて意味があるんだよ!!」


そして、レンヤ(アスパラ太郎)がこう言い放つ。

「おーし『あれ』やるぞ、オッペンハイム(ニッポンハム)!!」


「 『  “ 一 死 合 ”ッ ! ! ! 』 」


俺はこう応える。

「 『  “ 完 全 燃 焼 ” ッ ! ! ! 』 」


そうして俺とレンヤ(アスパラ太郎)は生き残った。




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





・・・・




○クロガネの賛歌 毘沙門外伝 ー 黒衣の粛清者 D ー



 最 終 話 「 傭 兵 達 の 挽 歌 」





・・・・





そして今回・・止める者無く、俺は「自爆」を決行した。

          ッ

          ッ

          !


      〜”〜 〜 〜  〜”〜” ツ”ッツ ッツ ッ ツ




                ッ”ツ”ッ” ツッ ツ ッ”  〜” 〜” 〜 〜 〜 〜” ツ” ッ” ツ ッ ツ





        ッ”ツ”ツ”〜〜〜〜”ツ”ツ”ッツッツ ッ ッ ッ ツ ツ 〜〜 〜 〜 ツ ッッッッ”ツ”ツ”ツ”ツ”ツ”





                 ツ”ッ”ッ”ッ”ッ〜〜〜ッッッッ”〜”〜”〜〜〜〜 ツ ツ ツ ツ ツ” ツ” 〜” 〜”〜〜〜 〜 ッ ッ ! ! !

                   ッ

                   ッ

                   !

              ニセ妖爪鬼は自壊を開始する。

              爆ぜる。爆ぜる。爆ぜる。

              損傷がかさみ、ダルマとなった、ニセ妖爪鬼のあちこちが爆発する・・!!

              自壊は確実に順調。

              しかし、その『確実に順調な“自壊”』にオッペンハイムは舌を巻いた。

             「チッ!大きな爆発がこねぇ!!」

             「これじゃ、ただ自壊するだけだぜ!!」

              それは!余りにもダメージが大き過ぎたと言う事!!

              真っ当に機能をしていないニセ妖爪鬼は、自爆と言う大爆発を起こせず!

              緩慢(かんまん)な自壊を繰り返すだけであったのだ!!

              このままでは、ニセ妖爪鬼のみ爆発し、ニセ妖爪鬼のみが朽ち果てて行くであろう!!

                  ッ

                  ッ

              嗚 呼 ! 何 と 言 う 悲 劇 ! !

              戦 い ! 戦 い ! !

              戦 い 抜 い た 男 の 結 末 が ! !

              こ ん な モ ノ で 良 い と 言 う の か ! ! ?

                  ッ

                  ッ

              オッペンハイムはこう吐き捨てるッ!

             「良いもクソもなる様にしかならねぇ!!」

              そうだ!一切の手は無い!!

              残念無念!最早、死を待つのみである!!

              おお、さらばよ、オッペンハイム!

              死に様こそ下手こいたが、お前もまた強敵(とも)であった!!

                  だ

                  が

                  !

             「・・ッ!!・・・〜〜〜〜ッ!!」

              オッペンハイムは耳にする!!

             「オッペンハイム殿・・・!」

             「・・オッペンハイム様。」

             「オッペンハイム様。」

             「オッペンハイムさん・・。」

              それは!仲間達のその声!!

             「逃げろ、オッペンハイム・・・!!」

             「逃げて、オッペンハイム様・・・!!」

            「「今ならまだ、間に合うハズだ・・・ッ!!」」

              あの日あの時!!

              レンヤ(アスパラ太郎)が現れた時のような・・!!

              確かなその声が聞こえて来る!!

                  ッ

                  ッ

             「 『  “ 傭 兵 魂 ” ッ ! ! ! 』 」


              そうだ!傭兵魂だ!はした金の為に、恨みもねえ奴を殺して!殺されて!!

              そういうどうしようもねえ生業よ!だがな!!

              それだけに一瞬が濃く!生きるって事に殊更(ことさら)『しぶとい』ンだよ!!


              カチカチッカチィ(オッペンハイムは脱出装置を起動させる!!)


              ・・・・ッッ!!(しかし!脱出装置は起動しない!!)


              ならば!!このまま自壊を続けるのみかァー!!?

                  否

                  ァ

                  !

              P@ッ P@ッ (オッペンハイムはコックピットのロックを外す。)


              ガ チ ャ ! (そしてコクピットのドアを開く。)


             「中に居れば確実に死ぬな。」

             「飛び降りても五体満足じゃいられねぇ。動けないトコロを爆発に巻き込まれてお陀仏だろうよ。」

                  だ

                  が

                  !

             「うおおおお!死なばもろともぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!」


              ガァン!ガァン!(オッペンハイムは銃でドアの繋ぎ目を破壊する!!)

              ガシ!ギギギ!!(そして、ドアを抱えこう言う。)


             「 今 年 一 番 の 波 が 来 る ぜ ぇ ー っ ! ! 」


              ドゥン!ドゥン!(仰向けに倒れ自壊を続ける、ダルマのニセ妖爪鬼を前に!!)

              ゴゴゴゴゴゴゴ!(オッペンハイムはドアをサーフィンボード代わりにし!!)

              ドォオオオオン!(来るべき“爆発”を『大波』に見立て『滑空』して脱出する道を選んだのだ!!)


              そ し て、 来 る べ く “ 爆 発 ”が 今、 巻 き 起 こ る ! !


             「 ぬ お お お お お お お お お お お ! ! ! ! 」

                 ッ

                 ッ

                 !


      ズ”ォ オ ン  ズ”オ” ズ”オズ オズ オ オ




                オ”オ”ッ” ツッ ツ ッ”  〜” 〜” 〜 〜 〜 〜” ド” ッ” ド ッ ド





        ザ”ッ”ザ”〜〜〜〜”ド”ド”ドドドド ザ ザ ザ ザ ザ 〜〜 〜 〜 ド ッッッッ”ツ”ツ”ツ”ツ”ツ”





                 ザ”ッ”ッ”ッ”ッ〜〜〜ッッッッ”〜”〜”〜〜〜〜 ザ ザ ザ ザ ザ” ザ” 〜” 〜”〜〜〜 〜 ッ ッ ! ! !




               ・
               ・
               ・
               ・

               ・

               ・


               ・


             そ し て ・ ・ ・ 。





・・・・




Pi・・・。

Pi・・・。

Pi・・・。

Pi・・・。


電子音が鳴り響くこの部屋。

あれから・・・。

どれ位の時が流れただろうか。

俺は医務室と思わしきベッドに横たわっていた。

体のあちこちが痛ぇ。そりゃそうだ。傘でも広げて高層ビルから飛び降りたよう事したからな。

だが、幸運な事に四肢の欠損は無いみてぇだ。

かすかな記憶だが、あの黒づくめのデッカイのが俺を助けた気がする。

抱き抱えて。衝撃を和らげて・・・。

・・・。なんでかな・・・?

考えたトコロで解る訳ねぇか。


ガチャ。


誰か入って来た。


「「オッペンハイム様!!」」

アセトとヘラ。

「心配をしたぞ、オッペンハイム殿。」

オーデッドと。

「ひっく・・・いっぐ・・・。」

泣きべそかいてるロビーだ。


「様付けは・・・イテテ・・・。」


あご痛ぇや、ちくしょう。

喋る事すらままならねぇ。

オマケにわいのわいのと色々聞いてきてウルセェ!!?

「まず落ち付け。喋ろうたって口が追いつかねぇーよ。」

「それよか聞かせろ。あのデッカイのはどうしたンだ?」

俺は一番気になっていたその事を聞いた。

そして話を聞くにこうだ。

半壊及び全壊をした機体群の中。

アイツを太くこう言い放ったんだとさ。


「敵ながらあっぱれな男よ。」

「次会う時はこうは行かぬぞ。」


その二言だ。

その二言だけを残して去って行ったんだとよ。

解るよーな解らねぇような。

・・・だが。

納得は出来た。理屈じゃあねぇんだよなあ。

そして俺は「仲間達」にこう言う。

「成程、よく解った。ってか体のあちこちが痛くて堪らねぇ。」

「来たトコ悪いが、もうしばらく寝させてくれや。」

俺はそう言い、再び寝入った。







ーーーーーー




     ー 『 完 』 ー