×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




○『 ー Keep you burning ー 』



時は5年前ッ!敵星マーカオカにてのお話よッッ!!

アムステラ貴族オーデッド=カユゥーレ(当時21歳)は死の危険に晒されていたッ!!


 ー 戦争最早、大勢喫した中ッ!

 ー 挑まれるは、ロボット同士にての・・・『 決 闘 』ッッ!!



血気盛んなオーデッドは、独断にてこれを受け入れる。
幾度ともなく相対した、宿敵(ライバル)。

女将軍『モンコゥ=モンコォ』の望みであるならば、受けねばなるまい。
だが。それは卑劣な罠であった・・・ッ!!


「卑怯者めぃーッ!!」

「貴様ッ!1軍の将としてのッッ!!」

「そして射撃手としての矜持(ほこり)は無いのかァーッッ!!」



     ー それは『チェーンデスマッチ』であったッ!ー


     ー 両者(この場合はロボット同士)の腕と腕とを『鎖(チェーン)』で持って繋ぎ止め、殺し合いを行う、この『決闘方法』・・・。


       鎖(チェーン)で両者を繋ぎとめる性質上、接近戦が重要な要素(ファクター)となる。


       オーデッドが操る操兵は『銃威(じゅい)』。


       二丁拳銃による射撃を得意とする銃威にとって、著しく不利な決闘方法と言えるだろうッッ!!




女将軍『モンコゥ=モンコォ』はこう答える。


「アハァン。」


「だぁーれが、銃で決闘するって言ったのぉん・・・?」


「女を始めて20年ッ!


 モンコゥ=モンコォ42歳は、勝利の為なら『チェーンデスマッチ』だって、やってのけるのさ、キャハハァ〜〜〜ン♪♪」



オーデッドはいきりも立って。


「20年だとッ!!」


「生まれてからの『22年』は何をしていたァーッッ!!」


モンコゥはせせら笑いながら。


「バカねぇ〜〜〜ん。」


「過去をほじくりもんじゃあないでしょーん?」


「ま・・・。」



「こ”う”い”う”事”で”す”が”ね”ッッ!!」



野太い声ッ!!


オーデッドは察するッッ!!



「モンコゥ将軍ッ!」


「『貴様、22年目に何があったァーッッ!!』」



モンコゥは笑いも笑って。


「キャッハッハッハッハッハッハッハ!!!」


「馬鹿ね馬鹿ね馬鹿ねぇ〜〜〜〜ん!」


「聞いたら答えてくれると思ってるのン?」


「それとも、咄嗟に出た言葉がソレだったァ〜ン??」


モンコゥは夢心地で語り出す。


「アタシね。」


「アンタのそーゆうトコロが『大好き』なのン・・・。」


「純真にして盲目。そして不器用・・とでも言うのかしら・・・。」


「真正直過ぎて、愚直で、懸命で、ただただ信ずる者の為に戦うその姿・・・ッ。」



モンコゥは涎(よだれ)を垂らしながら『こう言う』。



「だからこそ・・・。」


「だからこそ、アンタとの戦いは、この身が『ゾクゾク』して『ズキンズキン』として仕方が無かったわ・・・。」


「正面から戦(ヤ)り合ってるのに、おケツに『ツララをブチ込まれているような気分』になると言うのかしらァ・・・。」


「この『アムステラとの負け戦』の中で・・・。


 このアタシ、モンコゥ・モンコォが唯一『エクスタシィ』を感じる『 現実ってファンタジー 』だったわ・・・ァンッッ♪♪」



「 『 ジュ ル ルゥ ン ッッ!!! 』 」



モンコゥは涎(よだれ)をジュルルと吸い飲み込みこんだ。


オーデッドはこう言う。


「モンコゥ将軍・・・ッ。」


「貴様が如何なる思いで戦い。」


「何を望みて今この時を対峙するのかと察する今・・・。」


「このオーデッド。」


「残念に思えてならぬ。」



モンコゥは恍惚した表情で。


「ごめんねェ〜ん。アタシのオーデッドぉ〜ン〜〜〜♪」


「ああ・・アタシったら、純真なアナタを傷付けちゃったかしらァ・・・ん?」


「ああ、でも。」


「ああ、でも、それがとっても『 エ ク ス タ  シ ィ・ ・ ・ ? 』 」



「キ ャ ハ ハ ハハ ァ ア ー ーン ! ! !


 アタシって、ズルイ女で『 シャ ラン Q 』ゥってカンジィィィイイイ イ イイ ン ッ ♪ ♪ ♪  」



オーデッドはこう言う!


「モンコゥ将軍!」


「貴様が誇り高き女将軍では無くッ!!」


「不埒(ふらち)極まりない『 なんちゃって女将軍 』と解った以上ッッ!!」


「このオーデッドッ!


 貴様のその邪(よこしま)極まりない、アンダーピンクなデンジャラスハートと共に、この『銃威』で討ち滅ぼしてくれようぞッッ!!!」



モンコゥ!!


「馬鹿ね馬鹿ね馬鹿ねぇ〜〜〜〜ん!」


「お得意の二丁拳銃が、役立たずのおっ勃たずのこの状況でどう『蛮勇』振るおうってのさァーン!!」


「アンタはこれから、アタシのとっておきの『42歳の想い出(フォーティン・トゥー・メモリー)』になるのよぉぉおおおーーんんんッッ!!!」



「女を始めて20年ッ!


 このモンコゥ=モンコォ42歳のォォォオオオオオオ!!!!


 厄年、厄払い、ヤクキメ一発、チュバチュバチュバチュババーンのスババババーンのお相手になってもらうわよ、キャハッハッハッハァァァァ〜〜〜ン♪♪」



オーデッド!!


「アムステラ貴族の名に置いて、このオーデッドッ!!」


「貴様のような『くされド蛮族』などに屈しはせぬぞッッ!!」



キュィィイイイイイ イ イ イ イイイイイ イ ンンン!! ! ! (銃威の腹部ッ!『マテリアルオーブ』が 発 光 す る ッ ッ ! ! )


「生きて辱めを受けずッ!」


「見やれッ!外界のエネルギーを吸収し 機体のエネルギーとして変換する天然のリアクター装置『マテリアルオーブ』と連動をさせた


『 主 動 力( メ イ ン エ ン ジ ン )』の オ ー バ ー ヒ ー ト ッ ッ ! ! 」



インインインインイ ン イ ン イィィイ イ ン ン !! ! ! (強く!強く!強くも『マテリアルオーブ』が 発 光 し 続 け る ッ ッ ! ! )



「いともたやすく行われる『簡単な理屈』だッ!


 銃威に取り付けられているこのマテリアルオーブは、銃威の消費できるエネルギーと比べて過ぎた代物であるのだッ!!


 主動力(メインエンジン)だけでも、問題無く稼働出来るレヴェルなのでなッ!


 故に普段は、変換エネルギー量をセーブして運用をしているッ!!」


ギンッ!! (オーデッドは、モンコゥを睨みにつけこう言い放つッ!!


「だがこうしてェェーーーーッッ!!」


「許容以上にエネルギーを吸収すればァァァアアアアーーーーッッッ!!!」



「行き着くその先『 自 主 的  爆  死  』よ ォォ オ オ オオ オ オ ーー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! ! ! 」



ヴァァーーンン!!( そしてオーデッドは、雄 叫 び 叫 ん だ ッ ッ ! ! )



「『 GO! Let GO  銃 威 ィィイイイーー ー ーッ ッ ッ ! ! ! 』 」


「『 往くぞ、モンコゥ将軍ンン ー ー ッ ッ ! !


   貴 様 を ォ ォ オ オ オ ーー ー ー ッ ッ ! ! !


   道 連 れ て く れ る ぞ 、 死 ね ぇぇえ え え ええ え え ー ー ー ー ー ッ ッ ! ! ! 』 」




モンコゥが目を見開いたァーッ!!


「何ィーンッッ!!?」


モンコゥの瞳がァーッ!


「これはァーンッ!!!」


モンコゥの目線がァーッ!


「こ・ここここれはァーンッ!!!」


「これはこれはこれはァァァアアアアアアアーーーーーンン!!!」




ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ



そうッ!


モンコゥの目線は・・!


オーデッドに非ずでッ!


銃威(じゅうい)にも非ずッ!!


オーデッドもまた!!


「ムゥー!!」


モンコゥの目線の先の。


「これは・・・。」


「これは・・・!!」



小高い丘の上を見やるッ!


其処で『見た者』は!!!



「これはぁぁぁあああああ あ あ あ ー ーー ーッ ッ ッ ッ ! ! ! ! 」



   ・
   ・
   ・

   ・

   ・

   ・



 ド ォ ン !


 ド ォ ン ! !


 ド ォ ン ! ! !


 ド ド ォ ォ ン ン ! ! ! ! ! !




「 こ れ は 、『 ロ イ ヤ ル ナ イ ツ 専 用 羅 甲 ゥゥ ウ ウ ウウ ー ー ー ッ ッ ッ ! ! !  』  」




驚きも驚愕する、オーデッドにモンコゥッッ!!


間髪入れずゥゥウウウウーーーーッッ!!!


Vim・・! (オーデッドとモンコゥのモニターに『通信がON!!』)


ッッ!!(そして両者は共に、声を上げて驚いたッ!!)



ああ、その姿ッッ!!


モニターに映し出された『 そ の 姿 』はァァァアアアアアアアアアアアアアーーーーーーッッ!!!











 




「 「 い 」 」



「 「 犬ゥゥゥウウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウウー ー ー ー ッ ッ! ! ! ?  」  」



そうッ!


『 犬(い) 』ィ ィ ィ イイ イ イ『 ヌ 』 だ ァァ ァア アアア ア ア ア アアアア ア ア ア ! ! !


垂れた耳ッ!


垂れた目ッ!!


紫の眼帯に、紫のマントのその姿ッッ!!



そうッ!


それは『犬』だッッ!!


誰が何と言おうと『犬』なのだッッ!!!


そして『犬』はオーデッドに『 こ う 言 い 放 つ ッ ! ! 』





「 『 ワ オ ー ン ッ ! ! 』 」



「 『 お 前 ば か り に 、 い い カ ッ コ は さ せ ね ぇ ぜ ー ッ ! ! 』 」





両者が『また驚くッ!』





「 「 し・しゃべったぁぁあああ あ ああ あ あ あー ーーー ー ー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! ! !  」 」






そんな事一切に気にせずにッ!


犬はッ!


ロイヤルナイツ専用羅甲の両の手を『紫色の光』で覆わせッ!!


そしてッ!!


飛びて掛かりてェーッ!


こうも『 吠えるのだぁぁぁぁああああ あ あ ー ー ーーッッ!!! 』





「 『 ワォォオオオオオオオオオオ オ オ オオオ オ ン ン ン ! ! !   滅 ッッッ  殺 ッッッッ ! ! ! ! !    』 」





                     ・


                       ・
                   ・


                      ・



                    ・



                     ・


                     ・

                     ・


                     ・



                     ッ



                     ッ


                     !




            ー この時点ッ!


            ー この時点でェーッ!


            ー この時点でェェ、勝利は既に『決まっていたァーッッ!!』



            ー 予期せぬ『助っ人ォーッ!』


            ー パイロットが『犬ゥーッ!』


            ー 機体の両の手が『光ってェーッ!』


            ー おまけにチェーンデスマッチなんて『やってたモン』だからァァアアーーーッッ!!




     『 モンコゥ将軍は 動 き が、 不  自  由  と 来 た モ ン だ ァァァアア ア ア ア  ッ ッ ! ! 』




       故(ゆ)ッッ得(え)にィィィイイイ イ イ ー ーーー ッ ! !





             ドッ ッ ッ !!!


             カカカッ! カカカカカッッ!!



             カッカァァァアア ア ア アアア ア ア ア アア ア ア ーーー ー ー ン ン ン ッ ッ ッ ! ! ! !




      結果はァーッ!! 『 必ッッ 然 ーーー ー ー ー ン ン 』 ! ! ! ! ! !



      犬はこう言い、攻撃を仕掛けたのだッ!!





   「 『  犬 斗 皇 拳   破  の  理  ん  ! ! !  』 」っとッッ!!





      紫の光から『紫の輪』が形創られるッ!


      そしてのその『紫の輪』は、モンコゥが駆る怪ロボットを斬りて裂くッッ!!


      捨て身と言うべき、攻撃一辺倒の無茶な攻撃であったがッ!!


      これもまた、『 功 を 奏 す ッ ! ! 』


      捨て身が故に『 威 力 は 絶 大 ッ ッ ! ! 』



      そうしてェーッッ!!


      そうして、怪ロボットは 爆 発 を し た ァ ー ッ ッ ! !



      そうッ! 突如にも見参したその『犬』はッ!!


      こうして、オーデッドのその命ッ!



      『 救 う 事 』に 相 成 っ た の で あ る ッ ッ ! ! !




               ・
               ・
               ・
               ・

               ・

               ・


               ・





      ー 女将軍『モンコゥ=モンコォ』 年齢42

        愛機 マーカオカ製の怪ロボット



             ・・・ ・ ・ ・ ・ 『  生 死 不 明  ッ ! ! 』







・・・・






戦いは終わった。


戦い終えて。


犬は。



「クーン…」



と鳴いた。


戦いは何時だって虚しい。


犬もまたその虚しさに・・・・。



「そうでもない。」



そ・そうでもないらしい。



「ロイヤルナイツの御仁ッ!!」


「このオーデッドッ!この御恩、生涯忘れませぬッッ!!」



オーデッドは感ずるも激に。


駆けて寄ろうとするもしたが。



クル。(犬は踵を返し。)


そうして、去ろうと歩み出す。



オーデッドはこう言うッ!


「行くと言うのなら、お止めは致しませぬッ!!」


「然れどもせめてッ!


「せめて、その『 お 名 前 を ッ ッ ! ! 』 」



犬は足を止める。


そして振り向き。


オーデッドに『こう言い放つ。』



「『ソ理ア』。」


「『紫光のソ理ア』。」





   ・
   ・
   ・

   ・

   ・

   ・





ーーーーーー



後にオーデッドは『銃威(じゅうい)』の更なる改造を命じたと言う。

それは教訓と言うよりも・・・。

敬意を払うその為に。


両の手が『光る事』。即ちは『高エネルギーの発生』。


その人差し指から『高エネルギーの弾丸を発するロボット』。


その名『銃指威(じゅうしい)』。






 Keep you burning・・・。




    ・・・ 完 ッ 。